TOP > 競走馬 > 「プリンシアコメータ」素軽い走り!デキ万全で中央でも結果を残す!【平安S】
競走馬

「プリンシアコメータ」素軽い走り!デキ万全で中央でも結果を残す!【平安S】

しぶとい二枚腰が武器の牝馬プリンシアコメータが平安Sに出走する。時間をかけてコツコツと実力をつけていったスパイキュール産駒は、重賞初挑戦となった昨年のJBCレディスクラシックで軽快な逃げから懸命な粘りを見せて2着と健闘すると、1番人気に支持された船橋のクイーン賞で逃げ切り重賞初制覇を飾った。ダート女王を狙う今年は勝ち星には届いていないが、中央の舞台でも存在感を発揮したい。そんなプリンシアコメータについてまとめてみた。
プリンシアコメータ

【JBCレディスC】格上挑戦も僅差の2着!

準オープンへの再昇級2戦目で、鞍上に武豊騎手を迎えてJBCレディスクラシックに出走した。3番枠からまずまずのスタートを切ると、行き脚をつけてレースの主導権を握る。道中はマイペースの逃げに持ち込むと、直線では大井所属のララベルと激しい追い比べになる。最後まで必死に食らいついたが内に寄られる不利も響き、アタマ差の2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 プリンシアコメータ(武豊騎手) 「惜しかったです。スタートが良ければ先手を取ることも考えていて、前半からいいペースで行くことができました。着差が着差だけに不利が痛かったです。それでもこのメンバーでよくやっています」

【クイーン賞】軽快な逃げで重賞初制覇!

2番枠からまずまずのスタートを切ると、岩田騎手が気合をつけてハナを奪う。1~2コーナーでペースを緩めて、向正面半ばから再び加速する逃げで2番手にいたアンデスクイーンを早々に振り切ると、直線でも脚色衰えず、アンジュデジールの追い上げを楽々と退け、3馬身差をつけて重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手) 「強い内容でした。返し馬も落ち着いてできて、レースも自分のペースで運べました。最後も余裕がありましたし、ゴールに入った後も元気でしたね。以前乗った時よりもパワーアップしていて、馬体もどっしりしていました。これからもっと良くなるでしょうし、大きい舞台で活躍出来る馬だと思います」
inyofu (矢野英一調教師) 「前走は悔しい思いをしましたが、デキも良かったので、自信を持って臨みました。今日は全て上手くいきましたし、課題もありません。地方の小回りコースもこの馬には合っています。賞金的に出られるかどうかですが、次は川崎記念を考えています」

【エンプレス杯】追い比べに敗れ2着

7番枠からまずまずのスタートを切り、行き脚をつけて2番手の好位につける。道中はマイペースでレースを進めたが、3~4コーナーで逃げるサルサディオーネに差をつけられ、最後の直線ではアンジュデジールと併せ馬の状態で差し切りを図ったものの、ゴール前で脚色が鈍り2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 プリンシアコメータ(岩田康誠騎手) 「自分のレースは出来ました。よく走ってくれています。3コーナーで置かれた分の差でしょうか。展開次第です」

【平安S】直前情報!素軽い走りで仕上がり良好!

inyofu プリンシアコメータ(写真手前)は南ウッドで楽な手応えでアポロマーキュリー(古馬500万下)と併入。放牧明けだが、活気は十分で仕上がりは良好(4ハロン51・5―37・4―12・5秒)。
inyofu 矢野調教師「ひと追いごとに素軽さが出てきた。デキは万全です。舞台設定もいい。あとは久々の中央がどうかだね」

平安Sの傾向!前走連対馬が好成績!

inyofu 対象とした10レースにおける前走の着順別成績をまとめてみると、優勝馬10頭のうち9頭は、前走で2着以内だった(残る1頭は2014年に単勝12番人気で優勝したクリノスターオー、前走16着)。それに対し、2着馬は10頭中5頭が前走で4着以下、さらに3着馬は10頭中8頭が前走で3着以下に敗れていた馬となっている。

約半年ぶりとなる牡馬との戦いとなる今回は、これまでより厳しい戦いになることは必至だが、直線が平坦な京都であれば持ち前の二枚腰を発揮することは十分に可能だ。彼女の手の内をよく知る岩田康誠騎手を背にしぶとく粘る走りを見せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line