TOP > 予想/馬券 > 前走アンタレスS組が有力か!?【第25回平安ステークス】予想まとめ
予想/馬券

前走アンタレスS組が有力か!?【第25回平安ステークス】予想まとめ

2018年5月19日(土)京都競馬場で行われるGIII【第25回平安ステークス】はJRAでは年間で唯一ダート1900mで行われている重賞だ。今回も過去のデータや記事から好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(2010~2012年の東海Sも含む)

inyofu ・平安S/人気データ
1番人気 (3-1-0-4)
2番人気 (1-0-0-7)
3番人気 (1-3-0-4)
4番人気 (2-0-2-4)
5番人気 (0-0-3-5)
6番人気 (0-2-0-6)
7~9人 (0-2-0-22)
10人以下(1-0-3-47)

・平安S/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2010年/ 750円・13220円(3-1-10)
2011年/ 3280円・10650円(2-6-5)
2012年/ 2410円・35710円(4-3-11)
2013年/ 1930円・ 4510円(1-8-5)
2014年/50430円・155660円(12-7-4)
2015年/ 1810円・ 5380円(4-3-5)
2016年/ 840円・ 1770円(1-3-4)
2017年/ 2480円・96220円(1-6-15)

・平安S/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-0-0-0)
2.0~2.9倍 (2-0-0-2)
3.0~3.9倍 (1-1-0-3)
4.0~4.9台 (1-0-0-5)
5.0~6.9倍 (2-2-0-3)
7.0~9.9倍 (0-1-4-4)
10.0~14.9倍(0-0-1-10)
15.0~19.9倍(0-2-0-8)
20.0~29.9倍(0-1-0-7)
30.0~49.9倍(0-1-2-15)
50.0~99.9倍(1-0-0-15)
100倍以上  (0-0-1-27)

・平安S/馬齢データ
4歳 (3-2-0-28) 9.1% 15.2% 15.2%
5歳 (4-3-4-28)10.3% 17.9% 28.2%
6歳 (1-2-1-22) 3.8% 11.5% 15.4%
7歳上(0-1-3-21) 0.0% 4.0% 16.0%

・平安S/性別データ
牝馬  (0-0-1-4)
牡・セン(8-8-7-95)

・平安S/所属データ
美浦(0-1-1-21) 0.0% 4.3% 8.7%
栗東(8-7-7-77) 8.1% 15.2% 22.2%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・平安S/枠データ
1枠(3-0-3-8)
2枠(0-1-0-15)
3枠(1-2-1-12)
4枠(1-1-1-12)
5枠(2-0-0-14)
6枠(0-3-1-11)
7枠(0-0-0-16)
8枠(1-1-2-11)

・平安S/馬番データ
1番 (2-0-2-4)
2番 (1-0-1-6)
3番 (0-0-0-8)
4番 (1-1-0-6)
5番 (0-0-0-8)
6番 (0-2-2-4)
7番 (0-1-0-6)
8番 (1-0-0-7)
9番 (1-0-0-7)
10番(1-1-0-6)
11番(0-2-0-5)
12番(0-0-1-7)
13番(0-0-0-8)
14番(1-0-0-7)
15番(0-1-0-7)
16番(0-0-2-3)

・平安S/脚質データ
逃げ(2-2-0-5)
先行(4-3-4-16)
差し(2-2-4-44)
追込(0-1-0-33)
マクリ(0-0-0-1)
inyofu ・平安S/前走データ
アンタレスS (5-5-2-37)
フェブラリーS(1-0-1-0)
マーチS   (0-1-1-4)
マリーンC  (0-0-1-2)
かしわ記念  (0-0-0-2)
ダイオライト記念(0-1-0-6)
OP特別    (2-1-2-21)
1600万下   (0-0-1-15)

・平安S/前走着順別データ
前走重賞
1着  (0-2-2-8)
2着  (4-0-0-11)
3着  (0-0-0-4)
4着  (0-0-1-4)
5着  (1-3-0-6)
6~9着(0-1-2-22)
10以下(1-1-0-7)

前走OP特別
1着  (2-1-0-2)
2着  (0-0-0-1)
3着  (0-0-0-3)
4着  (0-0-1-3)
5着  (0-0-1-2)
6~9着(0-0-0-4)
10以下(0-0-0-6)

前走条件戦
1着  (0-0-1-15)
2着  (0-0-0-0)
3着  (0-0-0-0)
4着  (0-0-0-0)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-0-0)
10以下(0-0-0-0)

・平安S/前走人気別データ
前走重賞
1番人気 (1-2-1-7)
2番人気 (1-1-0-7)
3番人気 (2-0-1-4)
4番人気 (0-1-1-5)
5番人気 (1-1-0-5)
6~9人 (1-2-2-15)
10人以下(0-0-0-18)

前走OP特別
1番人気 (1-0-0-5)
2番人気 (0-1-0-1)
3番人気 (0-0-1-1)
4番人気 (0-0-0-1)
5番人気 (1-0-0-3)
6~9人 (0-0-0-5)
10人以下(0-0-1-5)

前走条件戦
1番人気 (0-0-0-3)
2番人気 (0-0-0-3)
3番人気 (0-0-1-5)
4番人気 (0-0-0-0)
5番人気 (0-0-0-2)
6~9人 (0-0-0-2)
10人以下(0-0-0-0)

・平安S/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(1-0-2-21)
3週(0-0-0-5)
4週(2-1-0-13)
5週~9週(3-7-4-45)
10週~25週(2-0-2-12)
半年以上(0-0-0-3)
inyofu GI・JpnIで大敗していた馬に要注目

過去5年の平安Sでは、「前年秋以降のダートGⅠ・JpnⅠで10着以下に敗れていた」という馬が毎年1頭ずつ連対している。大舞台で敗れた経験がその後の活躍につながるケースがあるのかも。今年もそういった馬が出走しているかどうか、チェックしてみることをお勧めしたい。

京都ダート1900m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 福永祐一(13-2-3-23)31.7% 36.6% 43.9%
川田将雅(8-8-8-28) 15.4% 30.8% 46.2%
松山弘平(8-6-8-40) 12.9% 22.6% 35.5%
和田竜二(7-3-7-59) 9.2% 13.2% 22.4%
ルメール(7-1-3-17) 25.0% 28.6% 39.3%

幸英明 (5-7-5-66) 6.0% 14.5% 20.5%
武豊  (4-10-2-20)11.1% 38.9% 44.4%
M.デム(4-2-1-17) 16.7% 25.0% 29.2%
岩田康誠(3-4-6-46) 5.1% 11.9% 22.0%
四位洋文(3-2-4-22) 9.7% 16.1% 29.0%

太宰啓介(2-2-3-43) 4.0% 8.0% 14.0%
丹内祐次(1-0-0-3) 25.0% 25.0% 25.0%
岩崎翼 (0-1-1-11) 0.0% 7.7% 15.4%
古川吉洋(0-0-1-18) 0.0% 0.0% 5.3%
武士沢友(0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%

田中勝春(0-0-0-0)  0.0% 0.0% 0.0%
inyofu キングカメハメハ (13-12-6-91)10.7% 20.5% 25.4%
ゴールドアリュール(8-14-7-45) 10.8% 29.7% 39.2%
マンハッタンカフェ(3-9-8-36)  5.4% 21.4% 35.7%
クロフネ     (3-4-4-36)  6.4% 14.9% 23.4%
アグネスデジタル (3-2-2-20) 11.1% 18.5% 25.9%

エンパイアメーカー(3-1-1-17) 13.6% 18.2% 22.7%
カネヒキリ    (2-3-0-9)  14.3% 35.7% 35.7%
ロージズインメイ (2-1-4-25)  6.3% 9.4% 21.9%
シンボリクリスエス(1-4-3-54)  1.6% 8.1% 12.9%
アドマイヤボス  (1-2-2-4)  11.1% 33.3% 55.6%

プリサイスエンド (0-1-0-4)  0.0% 20.0% 20.0%
パイロ      (0-0-3-2)  0.0% 0.0% 60.0%
スパイキュール  (0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%

4馬身差の圧勝を飾った舞台 グレイトパール

inyofu ダートに転向してから5連勝で重賞初挑戦だった昨年のこのレースを制覇。その後、骨折で11カ月の休養を余儀なくされたが、復帰戦のアンタレスSも危なげなく快勝した。先行、差しと脚質は自在で、レースぶりに隙がない。4走前の初夢Sでテイエムジンソクを差し切り、昨年は4馬身差の圧勝を飾った舞台。ひと叩きした上積みもある今回、連覇を飾る可能性は十分ある。

コースとしてはベスト テイエムジンソク

inyofu 2番人気だったフェブラリーSで12着と大敗。1700メートル以上のレースしか経験がなかっただけに、初のマイル戦で、しかもハイペースでは厳しかった。だが、1800メートルなら見直せる。チャンピオンズCこそゴールドドリームの決め手に屈して2着に敗れたが、みやこS、東海Sと中距離では重賞2勝の実力馬。5勝を挙げている京都も、コースとしてはベストだろう。

脚質に自在性が出てきた ミツバ

inyofu 後方からの末脚勝負に徹していた以前と比べると、年齢を重ねて脚質に自在性が出てきた。ただ、主戦を務める松山弘平騎手が常々、「乗り難しい面があります」と語っているように、好走には条件がつくタイプ。砂を被らない位置でレースを運びたいところだ。

巻き返す可能性は十分 サンライズソア

inyofu 陣営も認めるように気難しいタイプなので、前走のオープン特別・ブリリアントS(東京・ダート2100メートル、14着)のような大敗を喫することもある。ただ、過去に2桁着順の次のレースで連対したケースも2度あるだけに、ここで巻き返す可能性は十分だ。

少しでもペースが流れれば クインズサターン

inyofu 過去18戦のうち15戦で、メンバー中3位以内の推定上がり3ハロンタイムをマーク。また、9戦が同最速だった。末脚の安定感では、今回のメンバー中でも屈指と言える馬だ。実績では見劣りするものの、少しでもペースが流れれば、チャンスも広がるだろう。

まとめて差し切るシーンもありそう ナムラアラシ

inyofu 半兄のナムラビクター(父ゼンノロブロイ)を筆頭に、同じ牝系にはパワータイプの馬が並ぶ。本馬も500キログラムを優に超える大型馬。腹回りはボテッと見せるものの、これは体型的なもので心配ない。末脚を生かせる展開になれば、前の馬をまとめて差し切るシーンもありそうだ。

うまキュレ班の予想

過去の傾向からアンタレスS組から軸馬を選択
グレイトパールにしました。

ダートでは6戦6勝といまだ底を見せない本馬が中心でしょう。
前走は長期休養明けで完調には一息という状態でしたが、GIIIレベルでは問題になりませんでした。
道悪に不安もないですし、叩いた上積みもあってここは当然主役候補
ただ馬券に絡めると配当が見込めないですよね。。。。

印は

◎グレイトパール
○ミツバ
▲テイエムジンソク
☆ナムラアラシ
△クインズサターン
△サンライズソア
△クリノスターオー
△クイーンマンボ

馬券は◎→○▲☆→○▲☆△△△△の3連複フォーメーション15点です

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line