TOP > 競走馬 > 「トーセンブレス」落ち着きある!ベテラン柴田善臣騎手と共にクラシック制覇へ!【オークス】
競走馬

「トーセンブレス」落ち着きある!ベテラン柴田善臣騎手と共にクラシック制覇へ!【オークス】

切れのある末脚でGⅠでも善戦を見せるトーセンブレスがオークスに出走する。中山で行われた新馬戦で道中最後方から豪快な差し切り勝ちを収めると、3戦目の阪神JFでも大外からメンバー最速の末脚を使い4着に食い込んだ。そして今年初戦のフラワーCで2着に入り賞金加算に成功すると、桜花賞ではGⅠ2度目の4着に入った。三度目の正直で上位を狙う。そんなトーセンブレスについてまとめてみた。
トーセンブレス

【阪神JF】外から脚を伸ばすも4着

8番枠からまずまずのスタートを切り、今回も例によって後方で末脚を溜める。直線ではメンバー最速の上がり3ハロン33秒7の末脚を使って外から追い込んだが、前との差はなかなか縮まらず、ラッキーライラックと0秒6差の4着でゴールした。
動画を見る
inyofu 4着 トーセンブレス(柴田善臣騎手) 「馬込みも我慢して、ギアチェンジもしっかりできました。脚も使っています。できればもう少しレースが(速いペースで)流れてくれれば良かったですね」

【フラワーC】末脚伸ばし2着!

この日も後方から競馬を進め、じっくりと脚を溜める。3~4コーナーで柴田善臣騎手が盛んに手を動かして外からポジションを上げると、直線では先に先頭に立ったカンタービレを猛追してクビ差の2着に入り、クラシックに向けて賞金加算に成功した。
動画を見る
inyofu 2着 トーセンブレス(加藤征弘調教師) 「4コ-ナーでもたついてしまったのはレース間隔が開いていたからだと思います。それでもまずまず伸びています。今後は桜花賞に登録しますが、出られないと思うのでNHKマイルCを目標にしようと思います」

【桜花賞】GⅠで2度目の4着

まずまずのスタートを切り、この日も後方で末脚を溜める競馬に徹する。直線では外からじりじりと脚を伸ばしたが、さらに後方にいたアーモンドアイにあっさりと追い抜かれ、上位争いとは離れた4着でゴールした。
動画を見る
inyofu 4着 トーセンブレス(柴田善騎手) 「すごくいい走りでした。まだ体は完成していませんが、今日は完璧と言っていいくらいコントロール出来ました。教えたことが身についていて、このあと体がついてくればもっと良くなる馬です」

【オークス】直前情報!精神的に落ち着きある!

inyofu 桜花賞4着のトーセンブレスはテンションを上げない馬なり調整。終始馬任せのリズムで6ハロン83秒8、3ハロン38秒2-13秒1でまとめた。
inyofu 見届けた加藤征調教師は「いいストライドで走れていた。前走後は回復が早く、馬体重も460キロを切らないくらいで出せそう。落ち着いた精神状態で臨めるよ」と仕上がりに納得の表情。

オークスの傾向!過去4走に注目!

inyofu 過去8年の優勝馬9頭中、2010年のサンテミリオン(1着同着)を除く8頭には、「4走前までに単勝2番人気で1着、もしくは3番人気で2着」という成績があった。該当レースはいずれも、500万下特別またはオープンクラスのレースだった。今年もこのような成績を持つ馬がいるかどうか、確認しておきたい。
inyofu 過去10年の出走馬の通算出走数別の成績を調べると、キャリア4~6戦の馬が好成績。ただし、過去10年でキャリア6戦の馬は3勝しているものの、2着が0回で3着が1回だけと、連対率・3着内率ではいまひとつになっている。

トーセンブレスとコンビを組む柴田善臣騎手はデビュー24年目、JRAのGⅠで9勝を挙げている大ベテランだ。しかしながら、意外なことにクラシック競走では勝利に手が届いていない。それでもトーセンブレスは好勝負が期待されたNHKマイルCを回避し、オークスに向けて万全の状態に仕上がっており、好勝負を期待してもいいだろう。今回も強力なライバルが立ちはだかるが、自分の競馬に徹して大逆転を狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line