TOP > 競走馬 > 「コズミックフォース」綺麗な走り!トライアル勝利の勢いを生かす!【日本ダービー】
競走馬

「コズミックフォース」綺麗な走り!トライアル勝利の勢いを生かす!【日本ダービー】

トライアルのプリンシパルSを制したコズミックフォースが日本ダービーに駒を進める。父はキングカメハメハ、母は阪神JF3着馬ミクロコスコスという良血馬は、デビュー2戦目で初勝利を挙げると、京成杯では外からしぶとく伸びて2着に入り、クラシック戦線に名乗りを挙げた。続くすみれSでは末脚が不発に終わり5着に敗れたが、ダービートライアルである前走のプリンシパルSでは、早め先頭から後続の追い上げを振り切りダービーへのチケットを手に入れた。大舞台でも胸を張って自分の走りを見せる。そんなコズミックフォースについてまとめてみた。
コズミックフォース

【京成杯】大外からしぶとく伸びて2着!

5番枠からまずまずのスタートを切ったが、先行争いには加われず、道中は中団よりやや後ろからレースを進める。4コーナーで大外を回って追い出しを開始すると、最後の直線ではメンバー最速の末脚でしぶとく伸びたが、ジェネラーレウーノと半馬身差の2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 コズミックフォース(戸崎騎手) 「ゲートも出て、もっと先団に行きたかったのですが、あの位置になってしまいました。それでもリズム良く追走出来て、追い出すと反応良く伸びてくれました。ペースが速かったのでいけると思ったのですが、残念です」

【すみれS】末脚不発で5着

2番枠からまずまずのスタートを切ると、この日も中団よりやや後ろからレースを進める。4コーナーからルメール騎手の手が動き出したが、後方にいたキタノコマンドールにあっさりと突き放され、最後の直線でも末脚は不発に終わり5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 コズミックフォース(C・ルメール騎手) 「もう少し距離があった方が良いですね。反応に時間がかかるので、広いコースの方がいいと思います。府中の2400mが合うと思います」

【プリンシパルS】しぶとく伸びてダービー行き切符をゲット!

6番枠からまずまずのスタートを切ると、中団6番手で脚を溜める。4コーナーから外目を通って徐々に加速していき、ジリジリと脚を伸ばして残り200m手前で先頭に立つと、ブレステイキングやイェッツトの追い上げをなんとか封じて、ダービーの優先出走権を手に入れた。。
動画を見る
inyofu 1着 コズミックフォース(C.ルメール騎手) 「ギリギリでしたが、ゴールまで馬が頑張ってくれました。直線では早く抜け出してしまい150mくらい1頭だけになりましたが、大外から他の馬が来た時に伸びてくれました。大人になってきたので、もっといいレースができると思います」
inyofu (国枝栄調教師) 「今回は前目で競馬をすることができたので、それを見て『これならいける』とレース中に思いました。この馬には長い距離が良いと思います。ダービーへはオウケンムーンとこの馬の2頭出しになるので、まずは無事に送り出せるようにしたいです」

【東京優駿】直前情報!オウケンムーンとの併せ馬で好感触!

inyofu オウケンムーンとコズミックフォースはWコースで併せ馬。直線追い出したムーンに対し、コズミックは手綱を控えたまま併入した。
inyofu 「素直で綺麗な走り。良い感じに仕上がった」とコズミックの石橋脩騎手は好感触。

日本ダービーの傾向!中長距離重賞での実績に注目!

inyofu 過去10年の出走馬について、芝2000メートル以上の重賞での最高着順別に成績をまとめると、優勝馬10頭中8頭は芝2000メートル以上の重賞で「1着」となった実績を有していた。「1着」組は3着内率で40%を超える高い数値をマークしている。また、連対馬では20頭中17頭が最高着順「1~4着」の馬だった。芝2000メートル以上の重賞に出走経験がなかった馬の中で3着以内に入ったのは、2008年の優勝馬ディープスカイだけ。芝2000メートル以上の重賞で上位に入った実績のある馬は、高く評価すべきだろう。

重賞ウィナーが揃うダービーでは胸を借りる立場で迎えることになるが、コースが広く加速しやすい東京は、ベストパフォーマンスを引き出せる絶好の舞台。前走のプリンシパルSでも適性の高さを十分に見せており、軽視は禁物だ。G1で掲示板2回の活躍を残した母を超える活躍を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line