TOP > 競走馬 > 「パフォーマプロミス」過去5勝のステイゴールド産駒!一叩きして上昇!【宝塚記念】
競走馬

「パフォーマプロミス」過去5勝のステイゴールド産駒!一叩きして上昇!【宝塚記念】

今年の日経新春杯を制したパフォーマプロミスが目黒記念に出走する。近親にシルクプリマドンナがいるステイゴールド産駒で、デビューは3歳秋とかなり遅れたが、デビュー初戦を白星で飾ると、オーストラリアTまで無傷の3連勝。4戦目で土がつき、その後は間隔を空けながらレースを使って実力をつけていき、昨年暮れのグレイトフルSで好位からしぶとく伸びオープン入り。そして前走の日経新春杯ではロードヴァンドール、ガンコとの追い比べを制して重賞初制覇を飾った。前走の目黒記念では3着に敗れたものの、勝ち馬と0秒1差とあまり差の無い競馬だった。まだまだ底を見せない素質馬が、古馬路線の主役を狙う。そんなパフォーマプロミスについてまとめてみた。
パフォーマプロミス

【グレイトフルS】好位からしぶとく伸び勝利!

最内枠から好スタートを決めると、4番手の好位からレースを進める。道中はスローペースになり、インコースでじっくり脚を溜めると、2周目4コーナーで外に出して追い出しを開始。直線では馬場の3分どころからしぶとく伸びて追い比べを制し、オープン入りを果たした。
動画を見る
inyofu 1着 パフォーマプロミス(戸崎圭太騎手) 「枠が良かったですし、追ってからもしぶとく走ってくれました。今日は理想の競馬ができました」

【日経新春杯】追い比べを制し重賞初制覇!

7番枠からまずまずのスタートを切ると、この日も3番手の好位からレースを進める。道中はインコースでじっくり脚を溜め、最後の直線では逃げるロードヴァンドール、2番手追走のガンコとの激しい追い比べに持ち込み、最後までしぶとく伸びたパフォーマプロミスがクビ差抜け出し、重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 パフォーマプロミス(M.デムーロ騎手) 「強かったですね。いいスタートを切って、一番いい位置で競馬が出来ました。とても馬の状態が良かったですし、直線外へ出した時には負けないな、と思いました。内の馬(ロードヴァンドール)も粘っていましたが、さすがでしたね。(今日1日6勝について)今まで1日5勝したことはあるのですが、6勝は初めてなのでとても嬉しいです。今年もたくさん勝てるように頑張ります」

【目黒記念】じりじりと脚を伸ばし僅差の3着

日経新春杯以来4か月半ぶりの実戦とながら1番人気に支持される。8番枠からまずまずのスタートを切り、5番手の好位につける。しかし道中はペースがなかなか上がらず、直線でじりじりと脚を伸ばしたが、先行馬を捕らえ切れず、ウインテンダネスと0秒1差の3着に敗れた。
動画を見る
inyofu Mデムーロ騎手(パフォーマプロミス=3着)
「頑張っていたけど、少しペースが遅かったね」

【宝塚記念】直前情報!軽快な動きで仕上がり良し!

inyofu パフォーマプロミスは叩き2走目で上昇ムードだ。CWコースで6ハロン86秒3、3ハロン39秒0-12秒3を馬なりでマーク。素軽い動きを披露した。
inyofu 藤原英調教師は「悪くない。仕上がっているよ。リラックスさせて大きな動きをさせようという追い切り」と納得の表情。「体質が強くなって計算通りにこられるようになった。今の状態ならいいパフォーマンスをしてくれると思う」とうなずいた。

宝塚記念の傾向!同年1、2月の成績に注目!!

inyofu 過去10年の宝塚記念では、「同年1、2月に重賞で連対していた」という馬が2011年と2014年を除いて連対している。昨年の優勝馬サトノクラウンもこれに該当していた。今年も1、2月の成績をチェックして、該当している馬がいるかどうか、チェックしておくことをお勧めしたい。

三冠馬オルフェーヴルと同じくステイゴールドを父に持つパフォーマプロミス。ステイゴールド産駒は過去に宝塚記念を5勝しており、血統的にも非常に有利なデータである。馬自身も成長著しく、勢いそのままにGⅠ獲りを目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line