TOP > 競走馬 > 「アンフィトリテ」間隔を空けて好仕上がり!父の得意距離で天下を取る!【葵S】
競走馬

「アンフィトリテ」間隔を空けて好仕上がり!父の得意距離で天下を取る!【葵S】

短距離戦で3戦3勝のアンフィトリテが新設重賞・葵Sに出走する。近親にリアルインパクトやネオリアリズムがいるロードカナロア産駒は、抜群の瞬発力を生かした差し切りで新馬戦とさざんか賞を連勝。そして前走のマーガレットSでは好スタートから先行し、直線でもしぶとく押し切りデビュー3連勝を飾った。無傷の4連勝でスプリント界の新星に名を挙げる。そんなアンフィトリテについてまとめてみた。
アンフィトリテ

【新馬】抜群の瞬発力で快勝!

2番枠から五分のスタートを切ると、中団からレースを進める。直線で外に進路を切り替えると、抜群の瞬発力を見せて一気に差し切り、2馬身差の快勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アンフィトリテ(C.ルメール騎手) 「最初は物見をしましたが、とてもいい反応でいい瞬発力を使いました。とても走りそうです」
inyofu (宗像義忠調教師) 「とりあえず勝てて良かったですし、ホッとしています。今後も短い距離のレースを考えながら使っていくと思います」

【さざんか賞】馬群をさばいて差し切りV!

6番枠から五分のスタートを切り、この日も中団からレースを進める。直線では馬群の狭いスペースを捌くと、ゴール前で一瞬の末脚を使ってクビ差抜け出して連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アンフィトリテ(C.ルメール騎手) 「馬群の間から来てくれたので、今日はすごく良い経験になりました。物見をしていましたが、ラスト100mでは良い瞬発力で、手前が替わってから加速しました。距離は長くても1400mぐらいでしょうか。まだ若いです」

【マーガレットS】好位から押し切り無傷の3連勝!

5番枠から好スタートを決めると、行き脚も付いて2番手の好位からレースを進める。道中は折り合いがつき、残り200mで逃げるハゼルをかわして先頭に立つと、オジョーノキセキの急追をクビ差振り切り、デビューから無傷の3連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アンフィトリテ(C.ルメール騎手) 「休み明けで元気一杯でした。良いスタートを切って、行く馬がいなかったのですぐに良いポジションを取れました。リラックスしていましたし、直線でも良い反応をしてくれました。最後は危なかったですが、休み明けなのでさらに良くなるでしょう。1200mはピッタリだと思います。スピードがあるので、速いペースのほうが良いと思います」

【葵S】直前情報!間隔を空けて好仕上がり!

最終追い切り後の宗像義忠調教師のコメントは以下の通り。
inyofu 前走後は放牧に出して、疲労もあったので間隔を開けました。いつものように牧場でも調整して貰って、帰ってきてからも順調です。先週はウッドコース、今週は坂路で追い切りましたが状態も上がってきました。今朝は(坂路で)ラスト12秒7、しっかり走っていたと思います。
inyofu 京都は初めてですが、関西圏の競馬は経験していますし、輸送に関しては問題ないでしょう。今後スプリント路線に乗って行く上でも何とか頑張って欲しいですね。直線平坦の京都ですし、うまく流れに乗って運べればいいなと思っています

葵Sの傾向!直近の短距離戦で好走した馬に注目!

inyofu 過去8年の葵Sの出走馬について、直近で5着以内に入っていたレースの距離別に成績を調べると、「芝1400メートル」・「芝1500メートル以上」組の連対率・3着内率が高い数値となっており、「芝1200メートル以下」・「ダートのレース」組の数値を大きく上回っている。重賞に格上げされた今年はどのような結果になるのか、直近で5着以内に入っていたレースの距離に注目してみたい。

父は世界の短距離王・ロードカナロア。先週のオークスを制したアーモンドアイやスプリングSを制したステルヴィオなど初年度から活躍馬を多数輩出している。ここ最近は中長距離での活躍が目立っているロードカナロア産駒だが、父が活躍した短距離戦でも世代の頂点を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line