TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年5/14(月)~2018年5/20(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年5/14(月)~2018年5/20(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2018年5/14(月)~2018年5/20(日)版。
先週はこちらの8ヵ所で開催されました。

帯広(月~土日)、門別(水木)、盛岡(月、土日)、川崎(月〜金)、金沢(火、日)、名古屋(火~金)、園田(水~金)、佐賀(火、土日)
馬キュレ

2018年5/14(月)~5/20(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は5月15日(火)金沢競馬場の8R「内川たけのこまつり特別3歳A1」での961,440円であった。

木村健調教師が研修開始

inyofu  園田・姫路競馬の元トップジョッキーで、4月1日付で地方競馬の調教師に転身した木村健調教師が、5月15日から栗東・笹田和秀厩舎で研修を開始した。

 16日朝、オークスや日本ダービーの追い切りがひと段落した頃、スタンドで挨拶回りをする木村師の姿があった。騎手時代は地方通算3560勝(JRA6勝)、地方重賞70勝を挙げた新人調教師は「木村です。騎手時代はお世話になりました」と先輩調教師たちに自身の転身を改めて報告した。
姫路競馬の元トップジョッキーだった木村健調教師が、5月15日に研修を開始した。初めての体験に学ぶことが多いようで、今後の活躍にも期待が高まってくる。

堂山芳則調教師が史上初の記録達成

inyofu 16日、門別9Rで松井伸也騎手騎乗のツルノシン(牡3、北海道)が1着となり、管理する堂山芳則調教師がホッカイドウ競馬史上初となる通算1500勝目(JRAの成績も含む)をあげた。11254戦目での達成。
ホッカイドウ競馬の堂山芳則調教師が1500勝を達成。これはホッカイドウ競馬史上初の記録であった。これから更なる記録をどんどん更新してもらいたい。

10番人気伏兵勝利!【のじぎく賞】

inyofu  17日、園田競馬場で行われた第56回のじぎく賞(3歳・ダ1700m・1着賞金400万円)は、スタート後に先手を取るも一旦2番手に控えた吉村智洋騎手騎乗の10番人気トゥリパ(牝3、兵庫・平松徳彦厩舎)が、ハナを奪った6番人気アクアレジーナ(牝3、大井・福永敏厩舎)と直線で叩き合い、これを1/2馬身差下して優勝した。勝ちタイムは1分54秒8(良)。
園田競馬場で行われたのじぎく賞で10番人気の低評価で臨んだトゥリパが人気馬を抑えて見事な勝利を挙げた。

開催週ごとに追っている3連単最高払戻は金沢競馬場での961,440円あった。
今週は園田の木村健元騎手の調教師研修デビューや、堂山芳則調教師がホッカイドウ競馬史上初の記録達成など調教師の話題が多かった。またグランダム・ジャパン2018の対象レースである、のじぎく賞では10番人気のトゥリパの勝利に大いに沸いた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line