TOP > 予想/馬券 > 全てのホースマンが夢見る6955頭の頂点へ!!【第85回東京優駿(日本ダービー)】予想まとめ
予想/馬券

全てのホースマンが夢見る6955頭の頂点へ!!【第85回東京優駿(日本ダービー)】予想まとめ

2018年5月27日(日)東京競馬場で行われるGI【第85回東京優駿(日本ダービー)】は3歳クラシック第2戦で最高の栄誉を懸けた一戦だ。今回も過去のデータや記事から好走馬を探ってみた。
Child with guitar and two horses

過去10年の傾向

inyofu ・日本ダービー/人気データ
1番人気 (4-1-3-2)
2番人気 (2-1-0-7)
3番人気 (3-2-1-4)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (0-4-0-6)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (1-0-4-25)
10人以下(0-2-1-85)

・日本ダービー/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/13270円・ 37690円(1-12-6)
2009年/ 3760円・ 40320円(2-5-8)
2010年/16720円・ 10630円(7-5-1)
2011年/ 3380円・ 22950円(1-10-8)
2012年/ 5680円・ 14160円(3-5-7)
2013年/ 970円・ 17130円(1-3-8)
2014年/ 850円・ 27470円(3-1-12)
2015年/ 1980円・ 3950円(1-5-3)
2016年/ 700円・  850円(3-2-1)
2017年/ 1620円・ 2220円(2-3-1)

・日本ダービー/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-1-1-3)
3.0~3.9倍 (2-1-2-4)
4.0~4.9台 (1-0-0-0)
5.0~6.9倍 (2-2-1-4)
7.0~9.9倍 (2-1-0-11)
10.0~14.9倍(0-1-1-10)
15.0~19.9倍(0-2-2-8)
20.0~29.9倍(0-1-1-15)
30.0~49.9倍(1-1-0-13)
50.0~99.9倍(0-0-1-29)
100倍以上  (0-0-1-51)
inyofu ・日本ダービー/所属データ
【調教師】
美浦(3-3-4-45) 5.5% 10.9% 18.2%
栗東(7-7-6-103) 5.7% 11.4% 16.3%

【騎手】
美浦(3-3-4-59) 4.3% 8.7% 14.5%
栗東(7-7-5-80) 7.1% 14.1% 19.2%
外国(0-0-1-9) 0.0% 0.0% 10.0%
inyofu ・日本ダービー/枠データ
1枠(5-2-1-12)
2枠(1-1-3-15)
3枠(1-0-0-19)
4枠(0-3-2-14)
5枠(1-1-1-17)
6枠(1-2-1-16)
7枠(1-1-1-27)
8枠(0-0-1-28)

・日本ダービー/馬番データ
1番 (4-2-1-3)
2番 (1-0-0-9)
3番 (1-0-3-6)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-0-0-9)
6番 (0-0-0-10)
7番 (0-1-2-6)
8番 (0-2-0-8)
9番 (0-1-0-9)
10番(1-0-1-8)
11番(0-1-1-8)
12番(1-1-0-8)
13番(0-1-0-9)
14番(1-0-1-8)
15番(0-0-0-10)
16番(0-0-0-10)
17番(0-0-0-10)
18番(0-0-1-8)

・日本ダービー/脚質データ
逃げ(0-0-1-9)
先行(2-3-1-27)
差し(5-6-6-69)
追込(2-1-2-43)
マクリ(1-0-0-0)
inyofu ・日本ダービー/前走データ
重賞(10-10-9-136)
├皐月賞(8-7-4-63)
├NHKマイルC(1-0-1-28)
├京都新聞杯(1-1-1-18)
├青葉賞(0-2-3-22)
└桜花賞(0-0-0-1)

OP特別(0-0-1-12)
└プリンシパルS(0-0-1-10)

・日本ダービー/前走着順別データ
前走皐月賞
1着  (2-1-2-4)
2着  (1-1-0-8)
3着  (2-1-0-5)
4着  (1-1-0-6)
5着  (1-0-0-5)
6~9着(0-2-1-11)
10以下(1-1-1-24)

前走NHKマイルC
1着  (1-0-0-2)
2着  (0-0-1-3)
3着  (0-0-0-5)
4着  (0-0-0-0)
5着  (0-0-0-1)
6~9着(0-0-0-8)
10以下(0-0-0-9)

前走青葉賞
1着  (0-2-1-7)
2着  (0-0-1-9)
3着  (0-0-0-2)
4着  (0-0-0-1)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-1-2)
10以下(0-0-0-1)

前走京都新聞杯
1着  (1-1-1-5)
2着  (0-0-0-7)
3着  (0-0-0-1)
4着  (0-0-0-1)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-0-3)
10以下(0-0-0-1)

前走プリンシパルS
1着  (0-0-0-9)
2着  (0-0-1-1)
3着  (0-0-0-0)
4着  (0-0-0-0)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-0-0)
10以下(0-0-0-0)

・日本ダービー/前走人気別データ
前走皐月賞
1番人気 (1-1-2-5)
2番人気 (0-5-0-4)
3番人気 (3-0-1-6)
4番人気 (2-1-0-5)
5番人気 (1-0-0-2)
6~9人 (0-0-1-13)
10人以下(1-0-0-28)

前走NHKマイルC
1番人気 (1-0-0-1)
2番人気 (0-0-0-4)
3番人気 (0-0-1-4)
4番人気 (0-0-0-3)
5番人気 (0-0-0-1)
6~9人 (0-0-0-7)
10人以下(0-0-0-8)

前走青葉賞
1番人気 (0-1-1-5)
2番人気 (0-0-0-3)
3番人気 (0-0-1-0)
4番人気 (0-0-0-4)
5番人気 (0-0-0-2)
6~9人 (0-1-1-6)
10人以下(0-0-0-2)

前走京都新聞杯
1番人気 (1-0-0-3)
2番人気 (0-1-0-4)
3番人気 (0-0-0-3)
4番人気 (0-0-0-0)
5番人気 (0-0-1-1)
6~9人 (0-0-0-6)
10人以下(0-0-0-1)

前走プリンシパルS
1番人気 (0-0-1-5)
2番人気 (0-0-0-0)
3番人気 (0-0-0-0)
4番人気 (0-0-0-0)
5番人気 (0-0-0-0)
6~9人 (0-0-0-3)
10人以下(0-0-0-2)
inyofu △関東所属騎手騎乗で当日8番人気以下
(0-0-3-43)
×前走皐月賞で6番人気以下且つ4着以下
(0-0-0-36)
×前走NHKマイルCで4番人気以下
(0-0-0-19)
×前走NHKマイルCで3着以下
(0-0-0-23)
×前走京都新聞杯で2着以下
(0-0-0-13)
inyofu 芝2000メートル以上の重賞での好走実績が重要

過去10年の出走馬について、芝2000メートル以上の重賞での最高着順別に成績をまとめると、優勝馬10頭中8頭は芝2000メートル以上の重賞で「1着」となった実績を有していた。「1着」組は3着内率で40%を超える高い数値をマークしている。また、連対馬では20頭中17頭が最高着順「1~4着」の馬だった。芝2000メートル以上の重賞に出走経験がなかった馬の中で3着以内に入ったのは、2008年の優勝馬ディープスカイだけ。芝2000メートル以上の重賞で上位に入った実績のある馬は、高く評価すべきだろう。
inyofu 前々走の単勝人気と着順をチェック

2009年以降の優勝馬9頭は、いずれも前々走の単勝人気が4番人気以内で、着順が2着以内だった。ちなみに着順だけであれば、2003年のネオユニヴァース以降、15年連続で前々走で2着以内に入っていた馬が優勝している。

東京2400m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 戸崎圭太(19-16-11-65)17.1% 31.5% 41.4%
蛯名正義(14-8-4-58) 16.7% 26.2% 31.0%
ルメール(12-5-6-22) 26.7% 37.8% 51.1%
内田博幸(9-8-10-71)  9.2% 17.3% 27.6%
北村宏司(8-6-6-67)  9.2% 16.1% 23.0%

田辺裕信(7-10-5-60)  8.5% 20.7% 26.8%
M.デム(7-3-7-16)  21.2% 30.3% 51.5%
岩田康誠(6-2-1-30)  15.4% 20.5% 23.1%
横山典弘(5-2-3-51)  8.2% 11.5% 16.4%
川田将雅(4-5-1-14)  16.7% 37.5% 41.7%

池添謙一(4-1-1-9)  26.7% 33.3% 40.0%
福永祐一(2-2-7-29)  5.0% 10.0% 27.5%
武豊  (2-0-2-20)  8.3% 8.3% 16.7%
石橋脩 (1-8-7-35)  2.0% 17.6% 31.4%
浜中俊 (1-1-1-11)  7.1% 14.3% 21.4%

藤岡康太(1-1-0-3)  20.0% 40.0% 40.0%
ボウマン(1-0-1-3)  20.0% 20.0% 40.0%
丸山元気(0-0-0-9)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(30-18-21-138)14.5% 23.2% 33.3%
ステイゴールド  (22-18-17-154)10.4% 19.0% 27.0%
キングカメハメハ (13-10-7-84) 11.4% 20.2% 26.3%
ハーツクライ   (13-9-10-100) 9.8% 16.7% 24.2%
ハービンジャー  (8-4-5-50)  11.9% 17.9% 25.4%

ルーラーシップ  (3-3-2-17)  12.0% 24.0% 32.0%
スクリーンヒーロー(1-1-0-13)   6.7% 13.3% 13.3%
ロードカナロア  (1-0-0-1)   50.0% 50.0% 50.0%
オルフェーヴル  (0-0-2-3)   0.0% 0.0% 40.0%
カネヒキリ    (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

オウケンブルースリ(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
Kittens Joy   (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

世代最強を証明したい ダノンプレミアム

inyofu 昨年の朝日杯フューチュリティSを優勝して同年度のJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞すると、前走の弥生賞で無傷の4連勝を達成した。皐月賞は挫跖のため出走を見送り、今回は約3か月ぶりの実戦。400メートルの距離延長も鍵になるが、日本ダービーで世代最強を証明したい。

距離延長がポイントになりそう エポカドーロ

inyofu クラシック三冠一冠目の皐月賞を優勝。母は芝1200メートルと芝1400メートルで重賞2勝を挙げたスプリンターで、本馬の胴が詰まった体型は、いかにもスピードタイプに見える。今回は、400メートルの距離延長がポイントになりそうだ。

能力の底を見せておらず ブラストワンピース

inyofu 前走の毎日杯では、初めての右回りコース、関西圏への長距離輸送、600メートルの距離短縮などの課題を難なくクリアし、無傷の3連勝で重賞タイトルを獲得した。まだ能力の底を見せておらず、GⅠのメンバーに入っても、有力候補の1頭に挙げられる。

当日の気配は鍵 ワグネリアン

inyofu 無傷の3連勝で昨年の東京スポーツ杯2歳Sを制し、前走の皐月賞(7着)では1番人気に支持された素質馬。テンションが上がりやすく、当日の気配は鍵だが、父譲りの瞬発力を最大限に生かせる東京・芝コースで、捲土重来を期す。

ポテンシャルの高さは相当 キタノコマンドール

inyofu デビュー3戦目となった前走の皐月賞で5着に入ったように、ポテンシャルの高さは相当。今回は初めての左回りコースになるが、全3戦でメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(いずれも推定)をマークしていることから、直線の長い東京・芝コースは歓迎材料だろう。

トップクラスの実力 ステルヴィオ

inyofu 昨年12月の朝日杯フューチュリティSで2着に入り、前々走のスプリングSでは、エポカドーロ(2着)を破って優勝。父は2012、2013年のJRA賞最優秀短距離馬で、芝2400メートルへの距離延長は歓迎材料と言えないが、世代トップクラスの実力は軽視できない。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

上記データから芝2000メートル以上の重賞で「1着」
1枠(5-2-1-12)から軸はすんなりダノンプレミアムに決定!

前走皐月賞は残念ながら回避となりましたが、
今回の追い切り内容を見てそんな不安も消し飛ぶ抜群の気配でした。
またここ10年で7度も1番が絡んでいるのは、偶然とは呼べない指数です。

印は

◎ダノンプレミアム
○エポカドーロ
▲ゴーフォザサミット
☆ブラストワンピース
△キタノコマンドール
△ステルヴィオ
△ワグネリアン
△グレイル
△ジェネラーレウーノ

馬券は◎→○▲☆→○▲☆△△△△△3連複フォーメーション18点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line