TOP > 競走馬 > 「タツゴウゲキ」久々も態勢整う!昨夏に見せた走りを再び!【鳴尾記念】
競走馬

「タツゴウゲキ」久々も態勢整う!昨夏に見せた走りを再び!【鳴尾記念】

2017年のサマー2000シリーズチャンピオンのタツゴウゲキが鳴尾記念で復帰する。3歳の6月にデビューし、未勝利を勝ち上がれず500万下で初勝利を挙げるという異色の経歴を持つが、徐々に力をつけて昨春に準オープンに昇級すると、格上挑戦で挑んだ七夕賞では一度は5番手から最後方まで下がったものの挽回して6着。そして小倉記念では好位からロスの無い競馬で追い比べを制し重賞初制覇を飾った。さらに新潟記念でも早め先頭から押し切りサマー2000シリーズのチャンピオンに輝いた。その後は態勢が整わず休養していたが、充実の夏を前に始動する。そんなタツゴウゲキについてまとめてみた。
馬キュレ

【七夕賞】3コーナーで進路が無くなり・・・

7番枠からまずまずのスタートを切ると、インコースの5番手からレースを進める。道中は折り合いも付いてリズムよく先行できたが、3コーナーで逃げ馬が失速したことで進路が無くなり、4コーナーで最後方までポジションを下げる。最後の直線で挽回を試みたが、ゼーヴィントと0秒4差の6着に敗れた。
動画を見る
inyofu ▼6着タツゴウゲキ(北村宏)前の馬が下がってきたところで控えざるを得なかった。もったいなかった。

【小倉記念】ロスの無い競馬で重賞初制覇!

2番枠からまずまずのスタートを切り3番手の好位につける。3~4コーナーで各馬が追い出しを開始する中、秋山騎手は手綱を抑えてじっと我慢し、直線で内を突いて脚を伸ばすと、先に抜け出したサンマルティンとの追い比べをハナ差制し、重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 タツゴウゲキ(秋山真一郎騎手) 「前回の七夕賞で他の馬に乗っていて、どんな馬かと印象はありました。鮫島先生から具合もいいと聞いて、レースに臨みました。勝負どころで手応えも良かったのですが、サンマルティンが先に抜け出して、最後はどちらが勝ったのかわかりませんでした。とにかく勝つことができてホッとしました」

【新潟記念】連勝でサマー2000チャンプに輝く!

最内枠から好スタートを切り行き脚をつけると、外のウインガナドルにハナを譲り2番手からレースを進める。残り600mでウインガナドルを外から交わして先頭に立つと、徐々に馬場の外側へ進路を切り替えて粘り込み、アストラエンブレムなどの追い上げを振り切って連勝を飾り、サマー2000シリーズのチャンピオンに輝いた。
動画を見る
inyofu 1着 タツゴウゲキ(秋山騎手) 「逃げてもいいかなとも思っていましたが、1頭になると物見をするところがあって、1頭行かせて2番手からにしました。返し馬で直線の内がそれほど良くないなと感じたので、いいところを狙っていきました。手応えはずっと良かったですし、最後も外から来られましたが、よく頑張ってくれました。いいタイミングで乗せて頂いて良かったです。自分自身、20年ジョッキーをやってきて初めて新潟で重賞を勝てて、本当に嬉しいです」
inyofu (鮫島一歩調教師) 「よく粘ってくれました。1頭行ってくれる馬がいて、2番手につける形になったらリラックスして走ってくれましたね。メンバーも強くなっていてどうかなと思っていましたが、勝って楽しみが増えました。このまま成長して行ってくれれば、GIへの挑戦も考えようと思います。続けて頑張って走ってくれましたし、まずは次にどことは決めずにひと休みさせてあげようと思います」

【鳴尾記念】直前情報!久々も態勢整う!

inyofu この中間は「脚元のことも考えながら、坂路でコンスタントに数をこなせた」と鮫島師。最終追いも坂路で単走、4F55秒0〜1F12秒4をマークした。「久々でも態勢は整っています。競馬場とか馬場を選ぶタイプじゃないし、この条件でも大丈夫じゃないかな」。

鳴尾記念の傾向!2・3走前に注目!

inyofu 過去6年の出走馬について2、3走前の最高着順別に成績を調べてみると、優勝馬6頭に共通していることが、2走前か3走前のいずれかのレースで「1着」になっていたことだ。また、2着馬を見ると、6頭中4頭は2走前か3走前に「2着」に入っていた。3着内率では「1着」「2着」「4着」組が40%を超える数値をマークしている。2、3走前の着順はチェックしておきたい。

脚元に不安があり秋の天皇賞には出走できなかったが、このメンバーでは間違いなく地力上位。好位から自分のペースで競馬が出来ればしぶとい粘りを見せられるだけに、開幕週の馬場を味方につける走りをしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line