TOP > エンタメ・雑学 > 2018年6月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年6月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年6月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
モズアスコットが安田記念を制した今週の競馬界。
宝塚記念人気投票第二回発表など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

連闘でG1制覇!モズアスコット【安田記念】

inyofu 6月3日、東京競馬場で開催された第11R・安田記念(GI、芝1600m)は、中団待機より直線馬場の三分どころを鋭伸した9番人気モズアスコット(牡4、栗東・矢作)が、ゴール前の激しい追い比べを制し1着でゴールイン。果敢の連闘策で初重賞および初GI制覇を成し遂げ、古馬マイル王の座に就いた。

勝ちタイムはコースレコードタイとなる1分31秒3(良)で、鞍上はC.ルメール騎手。クビ差の2着には好位内めよりあわや押し切るかの走りを見せた5番人気アエロリット、2着に3/4馬身差の3着は馬場の中ほどから懸命に脚を伸ばした1番人気スワーヴリチャードが入っている。なお、直線外めから追い込んだ7番人気サトノアレスが4着、先団追走の3番人気サングレーザーが5着、秋春マイル連覇を狙った2番人気ペルシアンナイトは差し届かず6着という結果となった。

▽配当
単勝10 1570円
馬連4-10 7370円
馬単10-4 1万5290円
3連複1-4-10 6560円
3連単10-4-1 6万3280円
(10.モズアスコット、4.アエロリット、1.スワーヴリチャード)
動画を見る
9番人気と低評価を覆して安田記念を制したのはモズアスコットであった。歴代レコードタイ記録での初重賞、GI初勝利を成し遂げた。2着は5番人気アエロリット、3着には1番人気スワーヴリチャードスワーヴリチャードが入賞した。

グレイル故障で3か月休養へ

inyofu 2017年のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)に優勝したグレイル(牡3歳、栗東・野中賢二厩舎)は、右第1指骨剥離骨折していたことが判明した。
日本ダービーで14着に敗れたグレイルが骨折していたことが判明した。ゆっくりけがを治して元気な姿を見せてほしいものである。

宝塚記念人気投票第二回中間発表

inyofu 【【宝塚記念 第2回ファン投票中間結果】
1位 サトノダイヤモンド(牡5、栗東・池江)  3万7695票
2位 スワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野)  3万7685票
3位 シュヴァルグラン(牡6、栗東・友道)   3万5262票
4位 レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和)     3万1834票
5位 サトノクラウン(牡6、美浦・堀)     3万1116票
6位 レインボーライン(牡5、栗東・浅見)   2万8400票
7位 アルアイン(牡4、栗東・池江)      2万5565票
8位 キセキ(牡4、栗東・角居)        2万4407票
9位 モズカッチャン(牝4、栗東・鮫島)    2万812票
10位 アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝)    2万768票


11位 ペルシアンナイト(牡4、栗東・池江)   1万7007票
12位 マカヒキ(牡5、栗東・友道)       1万6826票
13位 リアルスティール(牡6、栗東・矢作)   1万5713票
14位 ダノンプレミアム(牡3、栗東・中内田)  1万4971票
15位 ヴィブロス(牝5、栗東・友道)      1万3669票
16位 クリンチャー(牡4、栗東・宮本)     1万2210票
17位 ダンビュライト(牡4、栗東・音無)    1万1723票
18位 ラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹) 1万809票
19位 ソウルスターリング(牝4、美浦・藤沢和) 1万770票
20位 ヤマカツエース(牡6、栗東・池添兼)   1万271票
第2回中間発表がされた宝塚記念人気投票。わずか10票という僅差で1位になったのは前回発表で3位だったサトノダイヤモンドであった。上位がほとんど差がないといってもいい票差であり、どの馬が1位になるか楽しみである。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 C.ルメール騎手(今週5勝)【71.46.39.34.21.90】 (→)
2位 M.デムーロ騎手(今週3勝)【66.54.37.20.26.90】 (→)
3位 川田将雅騎手 (今週1勝)【50.45.41.31.20.109】(→)
4位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【47.58.48.35.34.165】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週2勝)【43.30.32.25.22.134】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週0勝)【40.36.35.36.45.223】(→)
7位 田辺裕信騎手 (今週0勝)【40.26.39.45.33.189】(→)
8位 松山弘平騎手 (今週3勝)【37.48.36.22.35.223】(↑)※先週9位
9位 北村友一騎手 (今週0勝)【37.36.25.31.24.175】(↓)※先週8位
10位 藤岡佑介騎手 (今週2勝)【35.23.23.22.28.124】(↑)※先週11位以下

リーディング首位をひた走るC.ルメール騎手。今週より始まった2歳新馬戦全5鞍うち2勝を挙げたほか、安田記念で9番人気モズアスコットをVに導くなど、計5勝を量産し70勝いちばん乗りを果たしました。一方、次位で追うM.デムーロ騎手は手堅く3勝をマークするも、確勝かと思われた安田記念のスワーヴリチャードでよもやの3着敗退。大きな星を落とし僅かながらにも差が広がる結果となっています。
デムーロ騎手から1位の座を奪ってから順調に勝ち星を重ねて差を広げていくルメール騎手。5勝差まで広がった差をデムーロ騎手が詰めることが出来るか注目である。また3位川田騎手は3番乗りで50勝到達。上位2人に食らいついていってもらいたい。

2018年5月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングはルメール騎手が1位キープ。日本ダービーを制したワグネリアンの差し切り勝利に沸いた今週、オジュウチョウサンの平地レースへの話題も大きく注目が集まった一方でオブセッションの訃報も話題をさらっていた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line