TOP > 競走馬 > 「ミリッサ」偉大な姉を追う!潜在能力はナンバーワン!【マーメイドS】
競走馬

「ミリッサ」偉大な姉を追う!潜在能力はナンバーワン!【マーメイドS】

2016年のオークスの勝ち馬シンハライトを半姉に持つミリッサがマーメイドSに出走する。新馬戦を好内容で制するも、クラシックトライアルで結果を残せずに春は自己条件へ進む。条件戦を連勝した後にローズSで4着、秋華賞にも出走したが、思うような結果は残せなかった。それでも今年2月の初音Sで鮮やかに差し切ってオープン入りを果たし、これからの活躍が大いに期待されている。そんなミリッサについてまとめてみた。
ミリッサ

【秋華賞】重たい馬場に脚を取られたか…

7番人気で挑んだ秋華賞。スタートを切って道中は中団馬群の間を進んでいく。レースが動いた3コーナーから鞍上の手が動いて直線コースに向かうと、外から良い脚を使っていたが、8着まで追い上げるのが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 8着 ミリッサ(福永騎手) 「向正面で手前を替えた途端、これでもかというくらいノメりました。それまでは、いいスタートからいい位置でレースが出来たのですが...」

【初音S】鮮やかに差し切りオープン入り!

スタートを決めて道中は中団馬群の内目を進んでいく。3、4コーナーも内ラチ沿いを回って直線コースに向かうと、前がなかなか空かなかったが、残り200mでスペースを見つけると一気に加速し、ゴール前で先頭に立ってそのままゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 1着 ミリッサ(横山典騎手) 「返し馬から口が敏感な印象だったので、リズムを重視して運びました。直線も追い出してからすぐに反応したという感じではなかったのですが、終いはよく伸びてくれました」

【阪神牝馬S】久しぶりの重賞は壁が厚かった…

スタートを切って前半は中団の外目で少し行きたがる面を見せる。その後は折り合いもついて先行集団を前に見て直線に入ると、前が止まらない展開でこの馬も差を詰めていたが、7着が精一杯であった。
動画を見る
inyofu 7着 ミリッサ(岩田康誠騎手) 「結果的にもう少し前で競馬が出来ていれば良かったです。馬は落ち着いていましたし、ジリジリと伸びていました」

【マーメイドS】追い切り 軽々と先着!

inyofu サンスポ杯阪神牝馬S7着から挑むミリッサは、坂路で併せ馬。一杯に追われると4ハロン53秒2(ラスト1ハロン12秒6)を計時し、僚馬アドラメレク(500万下)に軽々と2馬身先着した。
inyofu 「先週も速い時計を出しているし、53秒くらいの時計で予定通り。今回もしっかり動けていましたね」と井上助手も笑顔。

マーメイドSの傾向!過去4走での重賞成績をチェック

inyofu 2010年以降の過去8年の優勝馬について、過去4走での重賞成績をチェックすると、重賞勝ちの実績があったのは2頭で、残る6頭のうち5頭は勝ち馬と0秒6以内のタイム差でゴールした経験があった。近走で重賞を勝利しているか、勝利経験がなくても勝ち馬に大きく離されることなくゴールした経験がある馬に注目したい。

前走は超のつくスローペースでこの敗戦は参考外としていい。4歳ということでこの6月で降級となり、オープンクラスに入るには条件戦を勝つか、このレースで2着以内に入ることが必須となる。偉大な姉の姿を追うためにもここは結果を残して、秋の大舞台へ向けて飛躍の第一歩としたいところである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line