TOP > エンタメ・雑学 > 2018年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
サトノアーサーがエプソムC、アンドリエッテがマーメイドSを制した今週の競馬界。
宝塚記念人気投票最終結果発表、レインボーライン引退など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

サトノアーサーうれしい重賞初V!【エプソムC】

inyofu 6月10日、東京競馬場で開催された第11R・エプソムC(GIII、芝1800m)は、2番人気サトノアーサー(牡4、栗東・池江)が、道中は6番手を進み、直線では馬場の真ん中から鋭く伸びると後続の追撃を封じ優勝。重賞初勝利を飾っている。勝ちタイムは1分47秒4(重)で、鞍上は戸崎騎手。半馬身差の2着は、道中後方を進み、直線で外から猛追した4番人気ハクサンルドルフ、2着に3/4馬身差の3着は、道中優勝馬の直後に付け、直線でも脚を伸ばした5番人気グリュイエールが入線。なお、1番人気ダイワキャグニーは道中中団に付けるも、直線で伸びが見られず14着に敗れている。

▽配当
単勝16 560円
馬連6-16 2240円
馬単16-6 3830円
3連複5-6-16 6380円
3連単16-6-5 2万8020円
(16.サトノアーサー、6.ハクサンルドルフ、5.グリュイエール)
動画を見る
エプソムCを制したのは2番人気だったサトノアーサー。この勝利が記念すべき自身初の重賞勝利となった。2着は4番人気ハクサンルドルフ、3着は5番人気グリュイエールであった。

アンドリエッテが重賞初勝利!【マーメイドS】

inyofu 6月10日、阪神競馬場で開催された第11R・マーメイドS(GIII、芝2000m)は、中団を進み直線内めの狭いスペースから抜け出た10番人気アンドリエッテ(牝6、栗東・牧田)が、馬場の中ほどより伸びた9番人気ワンブレスアウェイをクビ差退け1着でゴールイン。9度目の重賞挑戦で待望の初タイトル奪取を遂げた。勝ちタイムは1分59秒1(良)で、鞍上は国分恭騎手。なお、2着に遅れること2馬身差の3着には中団から差し込んだ4番人気ミエノサクシードが入線、1番人気レイホーロマンスは後方から追い込むも6着までとなっている。

▽配当
単勝3 1710円
馬連1-3 1万840円
馬単3-1 2万2350円
3連複1-3-12 3万5680円
3連単3-1-12 26万3970円
(3.アンドリエッテ、1.ワンブレスアウェイ、12.ミエノサクシード)
動画を見る
マーメイドSを制したのは10番人気の低評価を跳ねのけたアンドリエッテであった。これが重賞初勝利。2着は9番人気ワンブレスアウェイ、3着は4番人気ミエノサクシードであった。

レインボーライン引退へ

inyofu 4月29日の天皇賞・春(GI、芝3200m)を制した直後下馬し、後日の検査で、右前肢球節後面の腱靱帯損傷が疑われていたレインボーライン(牡5、栗東・浅見)につき、現役復帰はせずこのまま引退する意向であることが明らかとなった。これは、6日管理する浅見調教師が報道陣の前で語ったもの。
天皇賞・春の大勝利の直後の故障で復帰を望まれていたレインボーラインだったが、無念の引退発表。今後は種牡馬としての活躍を楽しみに待ちたい。

宝塚記念人気最終結果発表

inyofu 【宝塚記念 ファン投票最終結果】 1位 サトノダイヤモンド(牡5、栗東・池江)  6万3599票
2位 スワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野)  6万523票
3位 シュヴァルグラン(牡6、栗東・友道)   5万6768票
4位 レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和)     5万1444票
5位 サトノクラウン(牡6、美浦・堀)     5万879票
6位 レインボーライン(牡5、栗東・浅見)   4万5103票
7位 キセキ(牡4、栗東・角居)        4万539票
8位 アルアイン(牡4、栗東・池江)      3万8664票
9位 アーモンドアイ(牝3、美浦・国枝)    3万7450票
10位 モズカッチャン(牝4、栗東・鮫島)    3万3467票


11位 マカヒキ(牡5、栗東・友道)       2万8597票
12位 ペルシアンナイト(牡4、栗東・池江)   2万7029票
13位 リアルスティール(牡6、栗東・矢作)   2万5355票
14位 ダノンプレミアム(牡3、栗東・中内田)  2万4072票
15位 ヴィブロス(牝5、栗東・友道)      2万2673票
16位 クリンチャー(牡4、栗東・宮本)     2万108票
17位 ダンビュライト(牡4、栗東・音無)    1万9202票
18位 ラッキーライラック(牝3、栗東・松永幹) 1万8089票
19位 ソウルスターリング(牝4、美浦・藤沢和) 1万8002票
20位 ヤマカツエース(牡6、栗東・池添兼)   1万7464票
宝塚記念人気投票最終結果は第2回発表から一気に差を広げてサトノダイヤモンドが1位となった。本番の宝塚記念はもう間もなく。今年はどんなドラマが生まれるだろうか。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週9勝)【75.56.39.21.26.91】(↑)※先週2位
2位 C.ルメール騎手(今週3勝)【74.47.41.36.21.96】(↓)※先週1位
3位 川田将雅騎手 (今週3勝)【53.48.41.32.21.115】(→)
4位 戸崎圭太騎手 (今週4勝)【51.59.48.37.37.172】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週1勝)【44.31.33.28.23.137】(→)
6位 田辺裕信騎手 (今週3勝)【43.29.43.45.33.196】(↑)※先週7位
7位 内田博幸騎手 (今週1勝)【41.40.36.36.48.231】(↓)※先週6位
8位 松山弘平騎手 (今週0勝)【37.50.36.25.38.230】(→)
9位 北村友一騎手 (今週0勝)【37.38.25.32.26.183】(→)
10位 藤岡佑介騎手 (今週1勝)【36.23.23.24.29.131】(→)

M.デムーロ騎手とC.ルメール騎手の熾烈な首位争いが今週も勃発。今週はC.ルメール騎手が3勝の加算に成功しましたが、土曜3勝、日曜6勝と今週一気に9勝を上乗せし、C.ルメール騎手を逆転したのがM.デムーロ騎手。ジャパンC優勝馬エピファネイアの半弟サートゥルナーリアなどを勝利に導いています。関東では戸崎騎手がエプソムCを優勝したサトノアーサーでの勝利を含む4勝を加算。田辺騎手との差を8に広げています。
先週までデムーロ騎手から首位を奪った勢いのままぐんぐん差を広げていたルメール騎手であったが、今週はデムーロ騎手が9勝を挙げる大逆襲を見せて一気に首位を奪取。この二人の苛烈な争いはここからヒートアップしていきそうである。

2018年6月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングはデムーロ騎手が大逆転!エプソムCはサトノアーサーが、マーメイドSをアンドリエッテが制して大きく盛り上がった今週。一方で天皇賞・春を制したレインボーラインの引退という残念過ぎるニュースも話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line