TOP > 競走馬 > 「バイラ」レース経験は豊富!どんな展開でも対応できる!【ユニコーンS】
競走馬

「バイラ」レース経験は豊富!どんな展開でも対応できる!【ユニコーンS】

前走の端午Sで通算3勝目を挙げたバイラがユニコーンSに出走する。初勝利まで6戦を要したが、500万下は昇級3戦目で勝利。その勢いで挑んだ昇竜Sでは見せ場なく6着に終わってしまったが、前走の端午Sでは後方からの競馬で鮮やかな差し切りでオープンレースを勝利した。この勢いのまま連勝と共に重賞制覇も成し遂げられるのか。そんなバイラについてまとめてみた。
馬キュレ

【500万下】接戦をモノにする!

スタートを決めて2番手と好位置につけていく。終始2番手をキープし絶好の手応えで最終コーナーを回ると、残り200m地点で逃げ馬を競り負かして先頭に立ち、後続の追い上げも振り切って勝利を手にした。
動画を見る
inyofu 1着 バイラ(松山弘平騎手) 「スタート良く、好位につけられました。道中は集中していないところがありましたが、それでも最後までしっかりと踏ん張っていました。能力は高いです。集中してくれればもっと良くなると思います」

【昇竜S】前がなかなか止まらず...

まずまずのスタートから道中は中団で追走に精一杯の様子。3,4コーナーあたりでようやくスピードに乗って、外を回して直線に向かったが、前が止まらない展開で差を詰められず6着という結果に終わった。
動画を見る

【端午S】後方から豪快に差し切る!

スタートは五分だったが、行き脚がつかず後方からの競馬となる。しかし前半3ハロン34秒4のハイペースになり、慌てることなく3,4コーナーを回って直線に向かうと、和田竜二騎手の激しいアクションに応えるように残り100mで外から豪快に差し切り3勝目を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 バイラ(和田騎手) 「ポテンシャル、能力が高いです。どこからでも行ける馬です。これからも楽しみです」

【ユニコーンS】追い切り 使いつつ上昇!

inyofu バイラは坂路単走。終始手綱を持ったままだったが、ラスト1ハロン12・5秒(4ハロン54・4秒)と鋭伸。使いつつデキはさらに上昇している。
inyofu 江口助手「前回(端午S=1着)も良かったけど、今回はそれ以上。切れよりしぶとさというタイプで東京も合う」

ユニコーンSの傾向!前走好走馬に注目

inyofu 前走の条件が“JRAの500万下”ではなかった馬について、そのレースでの着順別に成績を調べると、「4着以内」だった馬が3着内率49.0%と非常に優秀な成績を収めている。

前走で差しの競馬も経験できたことで、脚質の幅が広がった。1600mは初挑戦ではあるが、持ち前のしぶとさでカバーできるかがカギとなってくる。メンバーは揃うが、実績面では上位なので自信を持ってレースに挑めば良い結果に繋がるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line