TOP > 競走馬 > 「ワンスインナムーン」調教の動きもデキも良し!卓越したスピードで押し切る!【函館SS】
競走馬

「ワンスインナムーン」調教の動きもデキも良し!卓越したスピードで押し切る!【函館SS】

2017年のスプリンターズSで3着と健闘したワンスインナムーンが函館スプリントSに出走する。スピードを生かした先行押し切りを武器に昨年の京都牝馬Sで2着に好走すると、降級後はテレビユー福島Sと朱鷺Sを連勝。強豪が揃ったスプリンターズSでもマイペースで逃げて3着に健闘し、香港遠征も経験した。前走の京都牝馬Sでは5着に敗れたが、馬場の外側が良く伸びる馬場の影響を受けたものであり、マイペースで逃げる自分の競馬はできていた。一息入れて夏のスプリント女王を目指す。そんなワンスインナムーンについてまとめてみた。
ワンスインナムーン

【朱鷺S】1400mも問題なく逃げ切り!

降級初戦のテレビユー福島Sを制し、1ハロン延長となる朱鷺Sに出走した。5番枠から好スタートを切り、行き脚も付いてすんなりと先手を奪う。道中はノットフォーマルにぴったりと並走される厳しい展開となったが、4コーナーで振り切って単独先頭になると、直線でも懸命に粘ってタガノブルグやトウショウドラフタの追撃を封じて連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手) 「厳しい競馬ですが、強かったです。初速が違うので抑えることもないと思って行きました。自信は持っていましたが、よく最後まで耐えてくれました。1400mもこなせます」

【スプリンターズS】ミドルペースで逃げて3着!

16着に惨敗した高松宮記念以来のG1出走で、7番人気に支持された。6番枠からまずまずのスタートを切ると、気合をつけてレースの主導権を握る。単騎逃げながら前半3ハロン33秒9とミドルペースを刻むと、直線でも一時は2馬身のリードを取って逃げ切りを図ったが、ゴール前でインを突いたレッツゴードンキと大外から脚を伸ばしたレッドファルクスに差し切られて3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手) 「行こうと思っていましたし、自分が思い描いていたレースは出来ました。馬は本当に強くなっていますし、馬に感謝です」
inyofu (斎藤誠調教師) 「これまでは初速の速さを抑えていましたが、GIということもあって出して行きました。3~4コーナーで後ろを離すのは騎手の計算にあったようです。いい逃げだったと思います。1200mでこういうレースが出来るのはいいことです。力をつけています。もう少しでした。放牧に出して一息入れます。暮れの阪神カップをメドに、京阪杯も視野に入れたいと思いますが、放牧してから考えます」

【京都牝馬S】スロー逃げも外からの強襲に敗れる・・・

香港スプリントでは見せ場なく12着。2カ月の間隔を空けて京都牝馬Sに3番人気の支持を受けて出走した。2番枠から好スタートを切り、気合をつけてレースの主導権を握る。前半4ハロン48秒3のスローペースを刻み、直線ではリードを広げて逃げ切りを図ったが、外を通った差し馬の脚色が良く、あっさりと差し切られて5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手) 「内枠でしたし、自分の競馬をしました。直線にすごくいい形で向けましたが、最後は内と外の差が出た感じがします」

【函館スプリントS】直前情報!絶好の動きで好仕上がり!

inyofu 4カ月ぶりのワンスインナムーンは、函館芝コースで熱のこもった併せ馬。ラスト1ハロン11秒5と力強い伸びで、外アグレアーブル(500万下)に1馬身先着した。
inyofu 「(またがった)柴山騎手は『すごくいい動き』と言ってくれた。以前はかわいがりながらの調整だったけど、今はしっかり負荷をかけられる。状態がいいのか、カイ食いも水を飲む量もすごい」と鈴木助手はデキに太鼓判だ。

函館SSの傾向!先行馬が好成績!

inyofu 対象とした10回の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、勝率・連対率で「5~9番手」組がトップ、3着内率では「2~4番手」組がトップとなっている。優勝のない「先頭」組を含め、前走の4コーナーを「9番手以内」で通過した馬の好走率が上位となっている。それに対して、「10番手以下」組の連対率は6%を下回っており苦戦気味だ。

4カ月の休み明けながら調教では絶好の動きを見せており、カイ食いも良いようで充実ぶりが伺える。得意の6ハロン戦で実力を発揮し、秋の大一番へ弾みをつける。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line