TOP > エンタメ・雑学 > 2014年8月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年8月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年8月1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】中央競馬も地方競馬もホットな話題が満載!今週も競馬界で起こった様々なニュースを特集!
馬キュレ 

いよいよ熱い!JRAサマーシリーズ!

サマースプリントシリーズでは【セイコーライコウ】が単独首位!
inyofu サマースプリントシリーズ
1位 セイコーライコウ 13pt(函館SS/4着、アイビスSD/1着)
2位 ガルボ 10pt(函館SS/1着)
2位 トーホウアマポーラ 10pt(CBC賞/1着)
4位 アースソニック 5pt(函館SS/6着、アイビスSD/3着)
4位 エピセアローム 5pt(CBC賞/2着)
4位 フクノドリーム 5pt(アイビスSD/2着)
4位 ローブティサージュ 5pt(函館SS/2着)
サマージョッキーシリーズでは【柴田善臣騎手】が単独首位!
inyofu サマージョッキーシリーズ
1位 柴田善臣 15pt(函館SS/4着、七夕賞/7着、函館記念/7着、アイビスSD/1着)
2位 田中勝春 12pt(七夕賞/5着、中京記念/1着)
3位 古川吉洋 11pt(函館SS7着、函館記念/1着)
4位 田辺裕信 10pt(七夕賞/1着)
4位 津村明秀 10pt(函館SS/1着)
4位 福永祐一 10pt(CBC賞/1着)
【センコーライコウ&柴田善臣騎手】勝利!アイビスSD

GIIIアイビスSDで、1番人気【セイコーライコウ】が、中団追走から徐々に上がっていき先行勢を見事にかわし勝利した。サマースプリントシリーズは残り3戦、北九州記念、キーンランドC、セントウルSを残すのみとなり、【センコーライコウ】がこのまま優勝する可能性も出てきた。
サマージョッキーシリーズでは、柴田善臣騎手が1位に躍り出たが、こちらはまだまだ先の読めない展開になっている。

今年の夏は地方競馬も熱い!

地方競馬史上最高配当!4045万円馬券が出た!

inyofu 7月28日、インターネット投票システムSPAT4で購入できる「SPAT4LOTOトリプル馬単」で地方競馬史上最高となる4045万3880円の払い戻し額が出た。当該のレースは当日の大井競馬第8、第9、第10レース。
inyofu 今年の6月1日の大井競馬開催から発売がスタートしていた「トリプル馬単(=三重勝馬番号二連勝単式)」は、指定された3個レースすべての1着馬、2着馬を着順どおり的中させる投票方式で、1口を10円として10円単位の購入が可能(ただし最低5口からの購入)。この日は7月11日、および7月27日の大井開催でのキャリーオーバー分も含め約5500万円の売り上げがあり、的中口数は5口だった。1口あたりの払戻金は809万776円となるが、最低購入口数が5口であることから的中者は1名。この1名に4045万3880円が払い戻されている。
inyofu なお、これまでの地方競馬における最高額配当は2010年4月6日、大井競馬第7Rでの3連単2488万720円だった。

船橋競馬がナイター競馬を導入!

inyofu 29日、千葉県競馬組合(船橋競馬)はナイター競馬を導入することを発表した。2015年4月より実施予定で、必要な照明施設等の工事期間は2014年7月から2015年3月。導入後の開催期間は4月から12月を予定しており、期間中は昼間開催を行うこともある。整備に要する経費は約9億円。現存する地方競馬場でのナイター競馬の開催は、大井、川崎、帯広、門別、高知、園田に次いで7場目となる。
2014年8月1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】中央競馬も地方競馬もホットな話題が満載!今週も競馬界で起こった様々なニュースを特集!
馬キュレ 

いよいよ熱い!JRAサマーシリーズ!

サマースプリントシリーズでは【セイコーライコウ】が単独首位!
inyofu サマースプリントシリーズ
1位 セイコーライコウ 13pt(函館SS/4着、アイビスSD/1着)
2位 ガルボ 10pt(函館SS/1着)
2位 トーホウアマポーラ 10pt(CBC賞/1着)
4位 アースソニック 5pt(函館SS/6着、アイビスSD/3着)
4位 エピセアローム 5pt(CBC賞/2着)
4位 フクノドリーム 5pt(アイビスSD/2着)
4位 ローブティサージュ 5pt(函館SS/2着)
サマージョッキーシリーズでは【柴田善臣騎手】が単独首位!
inyofu サマージョッキーシリーズ
1位 柴田善臣 15pt(函館SS/4着、七夕賞/7着、函館記念/7着、アイビスSD/1着)
2位 田中勝春 12pt(七夕賞/5着、中京記念/1着)
3位 古川吉洋 11pt(函館SS7着、函館記念/1着)
4位 田辺裕信 10pt(七夕賞/1着)
4位 津村明秀 10pt(函館SS/1着)
4位 福永祐一 10pt(CBC賞/1着)
【センコーライコウ&柴田善臣騎手】勝利!アイビスSD

GIIIアイビスSDで、1番人気【セイコーライコウ】が、中団追走から徐々に上がっていき先行勢を見事にかわし勝利した。サマースプリントシリーズは残り3戦、北九州記念、キーンランドC、セントウルSを残すのみとなり、【センコーライコウ】がこのまま優勝する可能性も出てきた。
サマージョッキーシリーズでは、柴田善臣騎手が1位に躍り出たが、こちらはまだまだ先の読めない展開になっている。

今年の夏は地方競馬も熱い!

地方競馬史上最高配当!4045万円馬券が出た!

inyofu 7月28日、インターネット投票システムSPAT4で購入できる「SPAT4LOTOトリプル馬単」で地方競馬史上最高となる4045万3880円の払い戻し額が出た。当該のレースは当日の大井競馬第8、第9、第10レース。
inyofu 今年の6月1日の大井競馬開催から発売がスタートしていた「トリプル馬単(=三重勝馬番号二連勝単式)」は、指定された3個レースすべての1着馬、2着馬を着順どおり的中させる投票方式で、1口を10円として10円単位の購入が可能(ただし最低5口からの購入)。この日は7月11日、および7月27日の大井開催でのキャリーオーバー分も含め約5500万円の売り上げがあり、的中口数は5口だった。1口あたりの払戻金は809万776円となるが、最低購入口数が5口であることから的中者は1名。この1名に4045万3880円が払い戻されている。
inyofu なお、これまでの地方競馬における最高額配当は2010年4月6日、大井競馬第7Rでの3連単2488万720円だった。

船橋競馬がナイター競馬を導入!

inyofu 29日、千葉県競馬組合(船橋競馬)はナイター競馬を導入することを発表した。2015年4月より実施予定で、必要な照明施設等の工事期間は2014年7月から2015年3月。導入後の開催期間は4月から12月を予定しており、期間中は昼間開催を行うこともある。整備に要する経費は約9億円。現存する地方競馬場でのナイター競馬の開催は、大井、川崎、帯広、門別、高知、園田に次いで7場目となる。
2014年6月1日から発売がスタートした【トリプル馬単】で超万馬券が出た!10円単位の購入が可能という面白いシステムであり、地方競馬でのみで購入が可能だ。また、船橋競馬場でもナイター競馬を導入したりと、地方競馬も独自の盛り上がりを見せている。

訃報【ヴェルデグリーン】が予後不良

inyofu 2014年のAJCCなどを制したしたヴェルデグリーン(牡6、美浦・相沢)が、放牧先にて腸閉塞の疾病を発症、予後不良となったことがJRAより発表された。
inyofu 同馬は父ジャングルポケット、祖母がオークス馬ウメノファイバーという血統で2010年12月にデビューした。3~4歳時は目立った成績を挙げることはなかったが、2013年、5歳を迎えて急速に力をつけ同年9月のオールカマーで重賞を初勝利し、以降芝の中長距離重賞戦線で活躍。今年1月にはAJCCで重賞2勝目を挙げていた。今年6月の宝塚記念出走後に放牧で英気を養っていたが、無念にも生涯を閉じることとなった。通算成績は23戦7勝。
inyofu 【ヴェルデグリーン】
父ジャングルポケット
母レディーダービー
母父スペシャルウィーク
通算23戦7勝 重賞2勝
【ヴェルデグリーン】のラストラン

2014年の宝塚記念ファン投票で53位となった遅咲きの苦労馬【ヴェルデグリーン】が、放牧先にて腸閉塞の疾病を発症し、予後不良となった。享年6歳。これからもまだまだ活躍出来たであろうだけに残念である。せめて冥福を祈りたい。
2014年8月1週の週刊競馬ニュースまとめ。
今回は中央競馬のサマーシリーズと地方競馬の熱い話題を中心に取り上げた。サマーシリーズも中盤から後半に差し掛かり、群雄割拠の様相を呈してきた。最終的にポイントを多く獲得した総合優勝馬に5000万円が贈呈されるだけに、関係者も力が入るだろう。中央競馬に負けず、地方競馬も色々なイベントを開催し、盛り上がりを見せている。しかし、どんな世界でも明るいニュースがあれば暗いニュースもある。【ヴェルデグリーン】の予後不良は大変残念なニュースだが、その勇姿は競馬ファンの眼に焼きついてることだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line