TOP > 予想/馬券 > キャリア5~8戦の馬が中心!?【第23回ユニコーンステークス】予想まとめ
予想/馬券

キャリア5~8戦の馬が中心!?【第23回ユニコーンステークス】予想まとめ

2018年6月17日(日)東京競馬場で行われるダートGIII【第23回ユニコーンステークス】は3歳限定で後にGIを制している出世レースだ。今回も過去のデータや記事から好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・ユニコーンS/人気データ
1番人気 (4-3-0-3)
2番人気 (3-3-1-3)
3番人気 (3-1-4-2)
4番人気 (0-1-0-9)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (0-1-3-26)
10人以下(0-0-1-68)

・ユニコーンS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/ 700円・4680円(1-3-6)
2009年/ 860円・1540円(1-2-3)
2010年/ 410円・1880円(1-2-6)
2011年/ 950円・1500円(3-1-2)
2012年/ 830円・6280円(1-2-8)
2013年/ 950円・2860/11710円(3-1-8/11)
2014年/8130円・33730円(3-4-7)
2015年/9180円・14100円(2-9-3)
2016年/ 340円・ 470円(2-1-3)
2017年/2860円・4110円(2-5-3)

・ユニコーンS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-0-0-2)
2.0~2.9倍 (2-3-0-1)
3.0~3.9倍 (2-0-0-1)
4.0~4.9台 (2-2-0-1)
5.0~6.9倍 (1-2-4-4)
7.0~9.9倍 (1-0-1-6)
10.0~14.9倍(1-1-0-8)
15.0~19.9倍(0-1-0-11)
20.0~29.9倍(0-0-4-12)
30.0~49.9倍(0-0-1-22)
50.0~99.9倍(0-1-1-22)
100倍以上  (0-0-0-38)
inyofu ・ユニコーンS/性別データ
牝馬  (1-2-0-21)
牡・セン(9-8-11-107)

・ユニコーンS/所属データ
美浦(3-4-5-63) 4.0% 9.3% 16.0%
栗東(7-6-6-64) 8.4% 15.7% 22.9%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・ユニコーンS/枠データ
1枠(0-2-1-16)
2枠(1-0-2-17)
3枠(1-0-2-17)
4枠(2-2-0-16)
5枠(1-2-0-17)
6枠(4-0-0-16)
7枠(1-2-3-14)
8枠(0-2-3-15)

・ユニコーンS/馬番データ
1番 (0-1-1-8)
2番 (0-1-0-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-0-2-7)
5番 (0-0-0-10)
6番 (2-0-1-7)
7番 (0-1-0-9)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-2-0-8)
10番(1-0-0-9)
11番(2-0-0-8)
12番(2-1-0-7)
13番(1-1-1-7)
14番(0-0-3-7)
15番(0-1-2-7)
16番(0-1-0-8)

・ユニコーンS/脚質データ
逃げ(0-1-0-9)
先行(5-4-3-34)
差し(4-2-5-40)
追込(1-3-3-44)
inyofu ・ユニコーンS/前走データ
兵庫ChS(3-1-1-5)
端午S(1-3-0-12)
昇竜S(2-0-1-9)
青竜S(1-2-3-10)
鳳雛S(1-0-1-6)
伏竜S(0-1-0-3)
NHKマイルC(0-0-1-10)
1000万下(1-0-0-2)
500万下(1-1-1-45)

・ユニコーンS/前走着順別データ
前走重賞・OP特別
1着  (5-5-3-4)
2着  (2-2-3-10)
3着  (0-0-1-6)
4着  (1-1-1-6)
5着  (0-0-0-6)
6~9着(0-1-0-21)
10以下(0-0-2-28)

前走条件戦
1着  (1-1-1-45)
2着  (0-0-0-0)
3着  (0-0-0-0)
4着  (1-0-0-0)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-0-1)
10以下(0-0-0-1)

・ユニコーンS/前走着差データ
負け2.0秒以上(0-0-0-17)

・ユニコーンS/前走人気別データ
前走重賞・OP特別
1番人気 (4-4-1-6)
2番人気 (1-0-2-5)
3番人気 (2-1-3-6)
4番人気 (0-2-0-6)
5番人気 (1-0-0-7)
6~9人 (0-2-2-17)
10人以下(0-0-1-32)

前走条件戦
1番人気 (0-0-1-11)
2番人気 (1-1-0-10)
3番人気 (0-0-0-10)
4番人気 (0-0-0-4)
5番人気 (1-0-0-3)
6~9人 (0-0-0-8)
10人以下(0-0-0-1)
inyofu ・ユニコーンS/前走馬場データ
前走芝(0-1-1-29)
前走ダート(10-9-10-99)

・ユニコーンS/間隔データ
連闘(0-0-0-2)
2週(3-0-1-12)
3週(0-0-0-13)
4週(1-1-2-26)
5週~9週(6-7-6-62)
10週~25週(0-2-2-12)
半年以上(0-0-0-1)
inyofu ×単勝オッズ100倍以上
(0-0-0-38)
×牝馬で当日5番人気以下
(0-0-0-18)
×関東馬で当日10番人気以下
(0-0-0-34)
×前走ダートで5着以下
(0-0-0-28)※海外除く
△前走10番人気以下
(0-0-1-32)
△前走条件戦だった馬で当日4番人気以下
(0-0-1-46)
×前走着差2.0秒以上負け
(0-0-0-17)
△前走芝
(0-1-1-29)
inyofu キャリア5~8戦の馬が中心

過去10年の出走馬の通算出走回数別成績を調べると、「5~8戦」の馬が3着内率26.0%と比較的優秀な成績を収めている。一方、「4戦以下」の馬は3着内率16.0%、「9戦以上」の馬は3着内率5.3%と、やや苦戦している。ちなみに、2011年以降の過去7年に限ると、出走回数が「4戦以下」の馬は〔1・0・0・15〕(3着内率6.3%)、「5~8戦」の馬は〔6・7・7・50〕(3着内率28.6%)、「9戦以上」の馬は〔0・0・1・24〕(3着内率4.0%)と、3着内率の差がさらに開いている。出走馬のキャリアを比較する際は、「5~8戦」の馬を中心視したい。

東京ダート1600m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 戸崎圭太(63-42-39-228)16.9% 28.2% 38.7%
ルメール(38-21-13-69) 27.0% 41.8% 51.1%
内田博幸(36-47-44-285) 8.7% 20.1% 30.8%
横山典弘(30-24-20-174)12.1% 21.8% 29.8%
田中勝春(28-16-20-211)10.2% 16.0% 23.3%

大野拓弥(26-35-24-254) 7.7% 18.0% 25.1%
M.デム(10-6-7-40)  15.9% 25.4% 36.5%
柴田大知(9-13-20-304) 2.6% 6.4% 12.1%
津村明秀(6-7-14-84)  5.4% 11.7% 24.3%
吉田隼人(6-7-2-96)   5.4% 11.7% 13.5%

川田将雅(6-4-3-20)  18.2% 30.3% 39.4%
江田照男(4-12-13-258) 1.4% 5.6% 10.1%
武士沢友(4-9-19-214)  1.6% 5.3% 13.0%
和田竜二(1-0-1-25)   2.7% 2.7% 5.4%
藤田菜七(1-0-1-39)   2.4% 2.4% 4.9%

太宰啓介(0-0-1-8)   0.0% 0.0% 11.1%
inyofu ゴールドアリュール(49-32-18-305)12.1% 20.0% 24.5%
ゼンノロブロイ  (27-25-24-188)10.2% 19.7% 28.8%
キングカメハメハ (24-30-35-246) 7.2% 16.1% 26.6%
シンボリクリスエス(24-15-16-218) 8.8% 14.3% 20.1%
エンパイアメーカー(12-17-13-157) 6.0% 14.6% 21.1%

マンハッタンカフェ(10-18-13-112) 6.5% 18.3% 26.8%
ハードスパン   (3-1-1-17)  13.6% 18.2% 22.7%
モンテロッソ   (2-0-1-12)  13.3% 13.3% 20.0%
ヘニーヒューズ  (1-1-1-20)   4.3% 8.7% 13.0%
スマートボーイ  (1-1-0-6)   12.5% 25.0% 25.0%

ベーカバド    (1-0-0-18)   5.3% 5.3% 5.3%
ヨハネスブルグ  (0-3-4-26)   0.0% 9.1% 21.2%
トランセンド   (0-1-2-10)   0.0% 7.7% 23.1%
Justin Phillip  (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
Point of Entry  (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

トップクラスのダート巧者 ルヴァンスレーヴ

inyofu デビューから無傷の3連勝で昨年の全日本2歳優駿(JpnⅠ、川崎・ダート1600メートル)を制覇。今年初戦のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)は2着だったが、世代トップクラスのダート巧者で、主役の座は譲れない。

前走以上のパフォーマンス グリム

inyofu 約2か月半の休み明けだった前走のオープン特別・青竜S(東京・ダート1600メートル)では、スマハマ(2着)との追い比べを制して3勝目をマーク。この中間の調整も順調で、レースを1度使われた上積みは大きく、前走以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

距離短縮に対応できるか ハーベストムーン

inyofu デビューから3着以内を外さない堅実な成績を誇り、500万下(阪神・ダート1800メートル)、オープン特別・鳳雛S(京都・ダート1800メートル)と目下2連勝中。今回は関東圏への初遠征に加え、200メートルの距離短縮に対応できるかが鍵だろう。

血統からも適性は高そう リョーノテソーロ

inyofu オープン特別・クロッカスS(東京・芝1400メートル)で勝利を挙げているものの、ダートでも2勝をマーク。ダートの短距離で活躍した父の血統からも、適性は高そうだ。これまでの3勝はいずれも1400メートル以下だが、1600メートルまでは十分にこなせるだろう。

ダート適性の高さは折り紙つき グレートタイム

inyofu 母ミラクルレジェンドがダート重賞8勝を挙げた活躍馬で、叔父のローマンレジェンドは2012年の東京大賞典を制したGⅠウイナー。本馬もダート適性の高さは折り紙つきで、重賞のメンバーに入っても潜在能力は引けを取らない。

うまキュレ班の予想

上記キャリア5~8戦の馬から軸を選択、 本命はグリムにしました。

同コースの前走、青竜Sの勝ち馬。前走青竜S組は過去(1-2-3-10)
青竜Sで連対していた馬に限れば(1-1-3-0)とすべて馬券圏内に好走しています。
安定した先行力に加え、3連勝でヒヤシンスSの勝ち馬スマハマに前へ出ることを許さない勝負根性を披露して1着、 ルヴァンスレーヴはもちろん強いですが、逆転の可能性まであると思います。

印は

◎グリム
○ルヴァンスレーヴ
▲グレートタイム
☆ハーベストムーン
△リョーノテソーロ
△トキノパイレーツ
△プロスパラデイズ
△エングローサー

馬券は◎→○の馬連1点

◎→○▲☆→○▲☆△△△△3連複フォーメーション15点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line