TOP > エンタメ・雑学 > 2018年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
サセイウンコウセイが函館スプリントS、ルヴァンスレーヴがユニコーンSを制した今週の競馬界。
松山弘平騎手500勝、ロードカナロアが選出など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

セイウンコウセイが逃げ切りV【函館スプリントS】

inyofu 6月17日、函館競馬場で開催された第11R・函館スプリントS(GIII、芝1200m)は、3番人気セイウンコウセイ(牡5、美浦・上原)が、最内枠から二の脚の速さを活かしハナを切ると、直線でも脚色は衰えず逃げ切り勝ちを収めている。勝ちタイムは1分7秒6(良)で、鞍上は池添騎手。ハナ差の2着は、勝負どころ前に早めに進出し、直線でも脚を伸ばした10番人気ヒルノデイバロー、2着にクビ差の3着は、道中3番手を進み、直線での粘り込みを図った1番人気ナックビーナスが入線。

▽配当
単勝1 590円
馬連1-9 1万410円
馬単1-9 1万6560円
3連複1-7-9 1万1690円
3連単1-9-7 8万1900円
(1.セイウンコウセイ、9.ヒルノデイバロー、7.ナックビーナス)
動画を見る
函館スプリントSを制したのは3番人気セイウンコウセイであった。ハナ差の2着に10番人気ヒルノデイバロー、3着に1番人気ナックビーナスが入った。

ルヴァンスレーヴが中央重賞初勝利【ユニコーンS】

inyofu 6月17日、東京競馬場で開催された第11R・ユニコーンS(GIII、ダ1600m)は、1番人気ルヴァンスレーヴ(牡3、美浦・萩原)が、早めの進出を試み、残り300m地点から抜け出すとそのまま後続を突き放し優勝。勝ちタイムは1分35秒0(重)で、鞍上はM.デムーロ騎手。3馬身半差の2着は、道中中団を進み、直線では馬群を捌きつつ追い上げてきた3番人気グレートタイム、2着に頭差の3着は、内からスルスルと伸びてきた7番人気エングローサーが入線。なお、2番人気のグリムは直線で伸び切れず9着に敗れている。

▽配当
単勝14 230円
馬連5-14 740円
馬単14-5 1040円
3連複5-12-14 7550円
3連単14-5-12 2万2430円
(14.ルヴァンスレーヴ、5.グレートタイム、12.エングローサー)
動画を見る
ユニコーンSを制したのはルヴァンスレーヴであった。見事1番人気の期待に応えて重賞2勝目、中央では重賞初制覇となった。

ロードカナロアが平成30年度の顕彰馬に

inyofu 本日6月12日、平成30年度の顕彰馬に、スプリンターズS連覇、香港スプリント連覇などGI6勝を挙げたロードカナロア(牡10)が選出されたことがJRAより発表された。

顕彰馬は、中央競馬発展に特に貢献のあった馬の功績をたたえ後世に伝えるためのもので、過去の受賞馬には、トキノミノルやシンザン、オグリキャップにディープインパクトなどそうそうたる面々が名を連ねている。

選定は、現在記者190名の投票(記者1人あたり最大4頭まで投票可)によって行われており、うち4分の3以上(143票以上)の票を得た馬が顕彰馬に選出されるシステム。今回の投票ではブエナビスタ(95票)、スペシャルウィーク(89票)、モーリス(87票)らを抑え、ロードカナロアが156票(得票率82.1%)を獲得。平成28年度のジェンティルドンナに続き、史上33頭目の選出となった。
平成27年度から表彰の対象となっており、昨年4票足りずに表彰を逃していたロードカナロアが今年ついに選出。史上33頭目の選出となった。

松山弘平騎手500勝達成!

inyofu 6月16日、阪神競馬第3R・3歳未勝利でセトノシャトル(牡3)が1着となり、騎乗していた松山弘平騎手(28、栗東・フリー)は中央競馬史上96人目、現役では34人目となるJRA通算500勝を達成した。
6月16日阪神競馬場3Rで松山弘平騎手が勝利し、史上96人目の500勝を達成。約9年3カ月、7121戦目での記録達成となった。

女性騎手初!藤田菜七子騎手、通算31勝でG1騎乗可能に

inyofu 人気女性ジョッキー・藤田菜七子(20=根本)が17日、東京競馬3R(3歳未勝利戦、ダート1600メートル)で3番人気ベルクカッツェに騎乗して勝利。前日に続いての1着で今年のJRA9勝目を挙げた。
inyofu 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(20)が17日の東京競馬3レースで1着となり、GIレースに騎乗する資格が与えられるJRA通算31勝目(中央所属馬で勝利した地方2勝を含む)を挙げた。JRA所属の女性騎手がGIに騎乗した例はない。
所属の根本厩舎の管理馬ベルクカッツェで31勝目。通算勝利数がJRA29勝、地方2勝となり、規定の条件をクリアしG1騎乗が可能になった。JRA女性騎手では初の偉業にますます藤田菜七子騎手の活躍に目が離せない。

2018年今週のリーディング

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週3勝)【78.58.40.22.29.93】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週2勝)【76.54.44.37.22.99】(→)
3位 川田将雅騎手 (今週2勝)【55.51.42.32.22.122】(→)
4位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【54.61.49.38.40.180】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週2勝)【46.35.37.30.24.144】(→)
6位 田辺裕信騎手 (今週1勝)【43.32.46.47.33.200】(→)
7位 内田博幸騎手 (今週1勝)【42.41.36.39.50.244】(→)
8位 松山弘平騎手 (今週4勝)【41.52.38.28.39.240】(→)
9位 北村友一騎手 (今週2勝)【39.41.27.32.26.191】(→)
10位 岩田康誠騎手 (今週4勝)【39.39.50.42.32.215】(↑)※先週11位以下

リーディング順位に大きな変化は無いが、ルヴァンスレーヴ(ユニコーンS優勝)を含む3勝を挙げたM.デムーロ騎手が、今週2勝にとどまったC.ルメール騎手との差を2に広げている。ほか、動きが目立ったのは阪神で騎乗した松山騎手と函館で騎乗した岩田騎手でそれぞれ4勝の加算に成功。とりわけ松山騎手は土曜に通算500勝を達成し充実一途の状況。有力騎手が各地にバラける夏競馬期間に勝ち星量産となるのか注目してみたい。
今週は大きな順位変動はなく、依然デムーロ騎手がトップをキープ。来週はまた変化があるのか注目である。また。今週通算500勝を達成した松山弘平騎手が今週4勝と好調。この勢いでさらに順位を上げるか注目である。

2018年6月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングはデムーロ騎手が依然トップをキープ。函館スプリントSはセイウンコウセイが、ユニコーンSをアルヴァンスレーヴが制して大きく盛り上がった今週。またロードカナロアの成30年度の顕彰馬や松山弘平騎手の500勝、藤田菜七子騎手のG1騎乗可能などが話題となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line