TOP > 競走馬 > 「エイムアンドエンド」力強いフットワーク!母が活躍した舞台で躍動する!【ラジオNIKKEI賞】
競走馬

「エイムアンドエンド」力強いフットワーク!母が活躍した舞台で躍動する!【ラジオNIKKEI賞】

しぶとい粘り腰が武器のエイシンフラッシュ産駒エイムアンドエンドがラジオNIKKEI賞に出走する。母に2006年の福島牝馬Sを制したロフティーエイムを持つ良血は、デビュー2戦目で3番手からしぶとい末脚を使って差し切り勝ちを収めると、前走の共同通信杯では2番手からしぶとい粘り腰を見せて3着に健闘した。そこから間隔は開いたが、勝負をする準備は整っているようだ。そんなエイムアンドエンドについてまとめてみた。
馬キュレ

【未勝利】好位からしぶとい脚で差し切る!

2番枠から好スタートを切ると、インコースの3番手からレースを進める。道中は福永騎手と折り合いがつき、直線ではスムーズにさばいてしぶとい脚を見せると、逃げ粘るニシノマメフクをゴール前で差し切り初勝利を飾った。
動画を見る
inyofu 福永騎手は「ゲートが速く、うながしたら前めを取れた。直線で少しもたもたしたのは、まだ体に緩い部分があるから。これから良くなる馬。伸びしろが大きそうです」と今後に期待した。

【京成杯】好位から伸びず・・・

10番枠からまずまずのスタートを切り、インの4・5番手からレースを進める。道中は三浦騎手が折り合いをつけて脚を溜めていたが、直線では末脚が弾けず10着に沈んだ。
動画を見る
inyofu ▼10着エイムアンドエンド(三浦)1角すぎからよく我慢していたが、現段階では広いコースの方がいいかも。

【共同通信杯】2番手から粘り腰を見せ3着!

京成杯で敗れたこともあり、12頭立ての10番人気と大きく支持を落とした。4番枠から好スタートを切り、ミナリク騎手が気合をつけて2番手の好位からレースを進める。隊列は縦長になったが、前半1000m60秒2と比較的緩めの流れになり、直線では粘り腰を見せてジリジリと伸びると、後方から追い込んできたゴーフォザサミットとの3着争いを制し、3連単は50万円を超えるの大波乱となった。
動画を見る
inyofu 3着 エイムアンドエンド(ミナリク騎手) 「今日はリズム良く走れることを一番のポイントにしていました。スタートが良く、ポジションも取ることが出来て、まさにその通りに走れました。直線も手応えが良く、一生懸命に最後まで走っていました。今日のような馬場も向いていました」

【ラジオNIKKEI賞】直前情報!奥村武調教師も納得の走り!

inyofu 絶好の動きを披露した。エイムアンドエンドは美浦・Wコースでの3頭併せでタイセイカレッジ(3歳未勝利)を5馬身、ヘヴンズコーヴ(2歳未勝利)を3馬身追走。直線で内に入り、強めに追われると力強いフットワークで一気に伸びた。4ハロン52秒6―12秒6でそれぞれ3、4馬身先着。
inyofu 「キビキビとした動きで、長くいい脚を使っていた。雰囲気はすごくいい」と奥村武調教師は合格点を与えた。

ラジオNIKKEI賞の傾向!オープン級での実績に注目!

inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中20頭は、“JRAのオープンクラスのレース”において5着以内に入った経験がある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率13.5%とやや苦戦している。既にオープンクラスで好走した経験のある馬は、それなりに信頼できるようだ。
inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、“JRAの芝1800~2000メートルのレース”において3着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率11.1%とやや苦戦している。ダートのレースや、芝1800メートル未満、芝2000メートルを超える距離のレースでしか好走経験のない馬は割り引きが必要だ。

最終追い切りでは僚馬に3・4馬身先着しており、内容もさることながら一息入れて調子も確実に上向いている。末脚も息が長く、3・4コーナーで流れが速くなる福島にも対応できそうだ。母がタイトルを手に入れた舞台で堂々の走りを見せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line