TOP > 競走馬 > 「ダイメイプリンセス」弟フジに先着!1200mでも末脚発揮!【CBC賞】
競走馬

「ダイメイプリンセス」弟フジに先着!1200mでも末脚発揮!【CBC賞】

直線レースで連勝中のダイメイプリンセスがCBC賞に出走する。初勝利は3歳7月と遅かったが、スピードを生かした先行策を武器に短距離戦で善戦を繰り返し、昨夏には500万特別、1000万特別を連勝。今年に入って直線レース初挑戦の駿風Sで2馬身半差の快勝を挙げると、前走の韋駄天Sでも中団から鮮やかに抜け出して連勝を飾った。得意の直線レースから1ハロン延長となるが、連勝の勢いに乗って成長した姿を見せる。そんなダイメイプリンセスについてまとめてみた。
馬キュレ

【初風特別】2番手から押し切り連勝!

3番枠からまずまずのスタートを切り、行き脚がついて2番手の好位につける。前半3F32秒9のハイペースとなったが、残り200mで先頭に立つと、二枚腰を発揮して後続を寄せ付けず、押し切りで連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ダイメイプリンセス(北村宏騎手) 「道中すんなりと行けましたし、揉まれずに楽に先行出来ました。最後までよく粘ってくれました」

【駿風S】直線レースで素質開花!

10番枠からまずまずのスタートを切り、レース序盤は中団で脚を溜める。残り400mで先行グループの内から末脚を伸ばし、残り150mで先頭に立つと、最後まで脚色衰えず後続を突き放し、オーヴィレールに2馬身半差をつけて快勝した。
動画を見る
inyofu 1着 ダイメイプリンセス(秋山真一郎騎手) 「1200mだと少し甘くなるところがあるので、直線1000mは合うのではと思っていましたが、イメージ通りでした。脚を溜めることができて、最後もシュッと伸びてくれました」

【韋駄天S】昇級も苦にせず快勝!

11番枠からまずまずのスタートを切り、道中は中団の外ラチ沿いで末脚を溜める。勝負どころで馬群をスムーズにさばき、残り200mで先頭に立つと後続を楽々と突き放し、ノットフォーマルに2馬身差をつけて連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ダイメイプリンセス(秋山騎手) 「強いレースでした。1000mの直線競馬に適性があるのでしょう。今回勝って賞金を加算することが出来て良かったです」

【CBC賞】直前情報!ダイメイフジに先着!

inyofu 千直を連勝してきたダイメイプリンセスの勢いは侮れない。栗東坂路で鋭い末脚を繰り出し、ダイメイフジに1馬身先着した。
inyofu ●森田調教師「以前は1回使うとガタッときたが、ここへきて体質がしっかりしてきた。トモの張りなんかもいい

CBC賞の傾向!5歳馬が好成績!

inyofu 中京競馬場改修後の過去6年を対象に年齢別の成績を調べてみると、優勝馬6頭のうち5頭は5歳だった。2着と3着も5歳馬が多くなっており、好走率でも他の年齢を大きく上回っている。なお、3歳馬が参戦することもある一戦だが、過去6年においては5着が最高と苦戦傾向を示している。

今回は重賞初挑戦となるが、同厩舎で半弟のダイメイフジも一緒に出走する。きょうだいで切磋琢磨して実力をつけ、今年は互いにオープン戦で勝利を手に入れた。これまで以上の強敵が揃ったが、姉としての意地を見せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line