TOP > 競走馬 > 「コウエイタケル」得意の中京!先行力を活かして上位を狙う!【CBC賞】
競走馬

「コウエイタケル」得意の中京!先行力を活かして上位を狙う!【CBC賞】

ステイゴールド産駒の7歳馬コウエイタケルがCBC賞に出走する。3歳時にはマーガレットS2着など頭角を現していたが、その後は条件戦で勝利を挙げるもののクラス慣れに時間が掛かり、オープンクラス入りしたのは昨年9月。それでも信越Sでは2着と結果を残し、今年に入ってからもまずまずの走りを見せている。重賞初挑戦ではあるが一発の魅力がありそうだ。そんなコウエイタケルについてまとめてみた。
馬キュレ

【北九州短距離S】念願のオープン入り!

外枠からスタートを決めて先行すると、外目の3番手と絶好の位置からレースを進めていく。最終コーナー手前で抑え切れない手応えで先頭に立って直線コースに向かうと、迫りくる後続各馬を抑え切って1着でゴール板を駆け抜けた。
動画を見る
inyofu 1着 コウエイタケル(小牧太騎手) 「行く馬が少なかったので、楽に行けました。その分だと思います。前回は相手が悪かったです」
inyofu (山内研二調教師) 「外枠だから駄目だと思いましたが、この馬は分かりませんね。輸送もあるので、あまり調教もやりませんでした。力をつけているのだと思います」

【信越S】オープンでも2着!

2番枠から好スタートを切って逃げ馬を見るように3番手あたりにつける。終始良い手応えで最終コーナーを回ると、直線では内から2番手に浮上して逃げるアポロノシンザンを追うも、ゴール前で盛り返されて2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 コウエイタケル(鮫島克駿騎手) 「取りたい位置を取れました。直線、スムースに捌けましたが、勝ち馬は強いです。こっちもしっかりと伸びていました。オープンでもやれます」

【米子S】距離が長かったか...

久しぶりのマイル戦となった米子S。いつもとは違って中団で待機する競馬になり、3,4コーナーを外めからじっくりと回って直線へ。直線に入ると2番手に浮上するが、坂下から脚が鈍ってしまい5着という結果に終わった。
動画を見る

【CBC賞】直前情報 得意の1200mで変わり身を!

inyofu ◆コウエイタケル・山内師 「走り慣れた1200メートルでハンデも54キロだから前進を期待」
inyofu ▼コウエイタケル(山内師)この時季は合う。小牧とも手が合うし、走り慣れた1200で前進を。

コウエイタケルの傾向!中京実績あり!

これまで中京コースでは9戦して(1,1,2,5)と勝率こそ低いものの、複勝率は44.4%と好成績を収めている。また1200m戦全体でも複勝率は40%を超えているため、今回の条件はこの馬にプラスに働くであろう。
動画を見る

ここ最近はじわじわと力を付けているだけでなく、条件戦の時には後の重賞ウイナーと差の無い競馬もしており、重賞初挑戦ながらも十分にやれる力はあるはずである。メンバーを見ると先行馬の少ない構成で、得意の戦法に持ち込むことが出来れば、勝利も夢ではない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line