TOP > 予想/馬券 > 重賞3戦目で初制覇なるか!?ランウェイワルツがレパードSに挑戦!
予想/馬券

重賞3戦目で初制覇なるか!?ランウェイワルツがレパードSに挑戦!

GII兵庫チャンピオンシップ、GIジャパンダートダービーと、続けざまにダートの重賞に挑戦している【ランウェイワルツ】。善戦はもう十分だ、次走のGIII【レパードステークス】では決めきれるか!?
競走馬

【ランウェイワルツ】の血統!

inyofu Vaguely Noble と Raise a Native を併せ持つゴールドアリュール産駒ですから見覚えがあります。ダート王スマートファルコンです。
inyofu Vaguely Noble は Hyperion 3×4で、その2代父 Aureole は Hyperion と Son-in-Law から成る代表的な血のひとつ。ゴールドアリュールはこの種の血を取り込み、大物を誕生させる傾向があります。スマートファルコン、エスポワールシチー、シルクフォーチュン、コパノリッキー、クリソライトなどはみなそうです。
【ランウェイワルツ】の血統は、父【ゴールドアリュール】×母【ラウンドダンス】の組み合わせ。【ゴールドアリュール】産駒はダートに強い血統で、数々の名ダート馬を生み出している。ちなみに、【レパードステークス】に出走し、現状1番人気の【レッドアルヴィス】も【ゴールドアリュール】産駒である。

地方から中央へ!【ランウェイワルツ】の勝ちレース

ダート1400メートル【ポインセチア賞】

ダート1800メートル【伏竜ステークス】

JRA認定アタックチャレンジに勝利した【ランウェイワルツ】は、【ポインセチア賞(500万下)】にて、13番人気の前評判を覆して勝利。その後、6着、7着と振るわない結果だったが、【伏竜ステークス】に勝利したことで重賞へのステップアップとした。

【ランウェイワルツ】重賞挑戦へ!

GII【兵庫チャンピオンシップ】

GI【ジャパンダートダービー】

GII【兵庫チャンピオンシップ】では、3番人気で2着。GI【ジャパンダートダービー】では、3番人気で5着と、共に人気を集めながら善戦で終わってしまった【ランウェイワルツ】。しかし、3歳の段階で古馬相手に善戦しているのは評価できるだろう。

【ランウェイワルツ】の前評判は!?

inyofu <レパードS:追い切り>
ジャパンダートダービー5着のランウェイワルツ(牡、音無)は同じレパードSに登録しているグレナディアーズ(牡、音無)と併走。抜群の手応えの相手に追いつけず1馬身半遅れた。
inyofu 「相手が走るからね。この馬なりに状態は維持している」と音無師。伏竜Sを勝ち、兵庫CSで2着と堅実に走っている。「安定しているし流れが向いてくれたら」と師は期待する。
inyofu ジャパンダートダービーにおけるランウェイワルツの5着という結果は、好位のインを追走したため、レース内容を比べてもノースショアビーチに見劣る。
inyofu この第6回レパードステークスの競馬予想においては、ランウェイワルツがノースショアビーチを逆転するためには展開も含めた他の助けが必要と判断すべきである。

【ランウェイワルツ】は、3走前のオープン特別【伏竜ステークス】にて1着となって以来勝利は無く、豊富なレース経験と安定感は魅力ではあるが、現時点での予想オッズは6番人気の17.8倍である。勝利の可能性はレース展開次第というのが正直な感想であり、【レッドアルヴィス】や【アジアエクスプレス】には劣るという印象である。軸馬にはしにくいが、押さえておいて損はないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line