TOP > 競走馬 > 「キングズガード」得意の中京!豪快な追い込みで連覇を狙う!【プロキオンS】
競走馬

「キングズガード」得意の中京!豪快な追い込みで連覇を狙う!【プロキオンS】

昨年のこのプロキオンSを制したキングズガードが連覇を目指して今年も出走する。父はシニスターミニスターでパワーとスピードを兼ね備えている血統。昨年のプロキオンSで後方から鋭い末脚を使って鮮やかに差し切り重賞初制覇を飾ると、続く南部杯でも3着と健闘。今年は黒船賞、かきつばた記念でそれぞれ2着を確保している。勝ち切れない競馬が続いているが、前年覇者の意地を見せる。そんなキングズガードについてまとめてみた。
キングズガード

【2017年 プロキオンS】馬群をさばいて差し切り重賞初制覇!

前走の天保山Sでは追い込み届かず2着。前年3着のプロキオンSに5番人気で出走した。道中はハイペースになる中、後方3番手を追走する形になる。直線に入り先行馬にとって苦しい展開になる中、インを突いたキングズガードは残り100mで馬群をさばいて先頭に立ち、外から追い込んだカフジテイクに2馬身差をつけて重賞初挑戦を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 キングズガード(藤岡佑介騎手)
「強かったですね。流れが落ち着くと思っていたので、外をなるべく回らないようにレースをしました。ちょうど内にカフジテイクを見ながら、ロスなく脚を溜めることができました。左回りにも対応できるようになっています。今日は勝てて嬉しいです」

【みやこS】後方から怒涛の追い込みで3着!

先行した前走の南部杯と一転して、今回は最後方から競馬を進める。テイエムジンソクが速い流れを刻む中、道中はじっくり脚を溜め、3~4コーナーで外に出して追い出しを開始する。直線では先行したテイエムジンソクとルールソヴァールが押し切りを図るところに、外からメンバー最速の末脚で差を詰め、テイエムジンソクと0秒6差の3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 キングズガード(藤岡佑介騎手)
「パワーをつけていますし、対応は出来るのですが、この距離だとどうしても力が鈍ってしまいます。最後もよく伸びています。右回りの1400mがベストだと思います」

【黒船賞】インを突くも伏兵の強襲に屈す・・・

行き脚がつかず道中は後方からの競馬となる。3コーナーで馬群が凝縮すると、馬込みの中に入れてポジションを上げ、直線では最内を突いて差し切りを図ったが、ゴール前で兵庫のエイシンヴァラーに外から差し切られ2年連続2着となった。
動画を見る

【かきつばた記念】外から脚を伸ばすも届かず・・・

この日もスタートをゆっくり出て、後方に控えて追い込みにかける。向正面半ばで馬群の外に出すと、3~4コーナーで外から勢いよくポジションを上げて差し切りを図ったが、3コーナーで先頭に立ったサクセスエナジーに3分の4馬身差押し切られ2着でゴールした。
動画を見る

【プロキオンS】直前情報!連覇に向けて素晴らしい調整!

inyofu 連覇を目指すキングズガードは、CWコースでテルペリオン(1000万下)と併入。序盤から気合が乗った走りで、ゴール前では強めに追われてラスト1ハロン11秒9(6ハロン81秒6)をマークした。寺島調教師は「しっかり体もついてきていたし、先週より動きはよかったです」とうなずく。近2走は地方交流重賞で2着。広いコースに替わるのはプラス材料だ。「左回りでも中京は相性がいいし、力は持っているので、さばき次第だと思います」と力を込めた。

プロキオンSの傾向!過去2走のダート重賞実績をチェック!

inyofu 過去6年の出走馬について、過去2走以内のダート重賞での最高着順別に成績をまとめると、最高着順「1~3着」の各組が好走率で上位となっている。それに対し、最高着順が「4着以下」だった馬は延べ23頭いたが、連対がなく3着が1回だけと苦戦が続いている。なお、過去2走でダート重賞に出走していなかった馬は8頭が3着以内に入っている。近走でダート重賞に出走していなかった馬も軽視は禁物だろう。

7歳になった今年も衰えを見せておらず、直近の2走でも堅実に末脚を使えており、中央重賞でも十分勝負になる状態だ。中京ダート1400mは複勝圏を外していない得意舞台。連覇を目指して今年も豪快な追い込みを見せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line