TOP > 予想/馬券 > 優勝馬は重賞実績が必要!?【第54回七夕賞】予想まとめ
予想/馬券

優勝馬は重賞実績が必要!?【第54回七夕賞】予想まとめ

2018年7月8日(日)福島競馬場で行われるGIII【第54回七夕賞】はサマー2000シリーズの第1戦だ。今回も過去のデータや記事から好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向(中山開催も含む)

inyofu ・七夕賞/人気データ
1番人気 (3-1-2-4)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (1-2-0-7)
6番人気 (0-1-0-9)
7~9人 (2-2-2-24)
10人以下(2-2-3-59)

・七夕賞/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2008年/21570円・45470円(7-11-3)
2009年/ 2090円・ 3780円(1-4-2)
2010年/11440円・12600円/14180円(11-6-1/2)※3着同着
2011年/ 3950円・13120円(7-2-4)
2012年/16450円・67180円(14-1-7)
2013年/ 4960円・76040円(1-7-14)
2014年/15840円・15310円(5-10-1)
2015年/ 3820円・290610円(2-8-16)
2016年/ 2290円・24200円(3-5-11)
2017年/ 1420円・ 6180円(1-5-7)

・七夕賞/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-0-0-0)
2.0~2.9倍 (0-0-0-2)
3.0~3.9倍 (1-0-1-1)
4.0~4.9台 (3-1-0-6)
5.0~6.9倍 (1-1-4-10)
7.0~9.9倍 (0-4-1-10)
10.0~14.9倍(1-0-0-15)
15.0~19.9倍(3-2-2-11)
20.0~29.9倍(0-1-1-20)
30.0~49.9倍(0-1-1-19)
50.0~99.9倍(1-0-0-12)
100倍以上  (0-0-1-19)
inyofu ・七夕賞/馬齢データ
3歳 (0-0-0-0)
4歳 (2-1-1-6) 20.0% 30.0% 40.0%
5歳 (5-4-3-33)11.1% 20.0% 26.7%
6歳 (3-4-5-41) 5.7% 13.2% 22.6%
7歳上(0-1-2-45) 0.0% 2.1% 6.3%

・七夕賞/性別データ
牝馬  (1-2-1-9)
牡・セン(9-8-10-116)

・七夕賞/所属データ
美浦(2-6-5-63) 2.6% 10.5% 17.1%
栗東(8-4-6-62)10.0% 15.0% 22.5%

・七夕賞/ハンデ別データ
50kg以下(0-0-0-5)
51kg  (0-0-0-4)
52kg  (2-0-1-11)
53kg  (1-2-2-18)
54kg  (0-1-1-20)
55kg  (1-2-4-19)
55.5kg (0-0-0-0)
56kg  (1-1-1-22)
56.5kg (0-0-0-1)
57kg  (5-2-1-15)
57.5kg (0-0-0-5)
58kg以上(0-2-1-10)
inyofu ・七夕賞/枠データ
1枠(1-0-1-14)
2枠(1-2-0-14)
3枠(1-1-0-15)
4枠(2-2-4-9)
5枠(1-1-2-14)
6枠(2-2-1-13)
7枠(1-0-1-16)
8枠(0-1-1-16)

・七夕賞/馬番データ
1番 (0-0-0-9)
2番 (1-0-1-7)
3番 (0-0-0-9)
4番 (1-2-0-6)
5番 (0-1-0-8)
6番 (1-0-0-8)
7番 (0-1-4-4)
8番 (3-1-0-5)
9番 (1-0-1-7)
10番(0-1-1-7)
11番(1-2-0-6)
12番(0-1-2-6)
13番(0-0-1-7)
14番(1-0-0-7)
15番(0-0-0-8)
16番(0-0-0-7)

・七夕賞/脚質データ
逃げ(2-0-1-7)
先行(5-2-3-24)
差し(1-4-4-44)
追込(1-3-2-36)
inyofu ・七夕賞/前走データ
重賞(7-7-5-81)
├目黒記念(1-1-0-12)
├鳴尾記念(2-2-0-10)
├エプソムC(1-0-4-21)
├アメリカJCC(1-0-0-1)
├新潟大賞典(0-2-0-7)
├マーメイドS(1-0-0-4)
└ステイヤーズS(0-0-0-0)

OP特別(2-2-5-29)
├福島テレビオープン(1-1-2-9)
└都大路S(1-0-0-2)

条件戦(1-0-1-15)

・七夕賞/前走着順別データ
前走重賞
1着  (1-0-0-0)
2着  (1-0-1-7)
3着  (0-2-0-4)
4着  (1-1-0-2)
5着  (1-0-1-5)
6~9着(1-1-2-22)
10以下(2-3-1-41)

前走OP特別
1着  (0-0-2-1)
2着  (1-0-0-4)
3着  (0-0-0-1)
4着  (1-0-1-2)
5着  (0-0-0-1)
6~9着(0-1-1-11)
10以下(0-1-1-9)

前走条件戦
1着  (0-0-1-12)
2着  (0-0-0-0)
3着  (0-0-0-1)
4着  (0-0-0-1)
5着  (0-0-0-0)
6~9着(0-0-0-0)
10以下(1-0-0-1)

・七夕賞/前走人気別データ
前走重賞
1番人気 (1-1-0-1)
2番人気 (0-0-0-4)
3番人気 (2-0-2-1)
4番人気 (0-0-1-4)
5番人気 (1-4-0-5)
6~9人 (2-1-2-22)
10人以下(1-1-0-44)

前走OP特別
1番人気 (1-0-0-1)
2番人気 (0-0-0-1)
3番人気 (0-1-0-1)
4番人気 (0-0-0-2)
5番人気 (0-0-1-1)
6~9人 (1-1-3-10)
10人以下(0-0-1-13)

前走条件戦
1番人気 (0-0-1-1)
2番人気 (0-0-0-1)
3番人気 (1-0-0-0)
4番人気 (0-0-0-5)
5番人気 (0-0-0-1)
6~9人 (0-0-0-5)
10人以下(0-0-0-2)

・七夕賞/間隔データ
連闘(0-0-0-4)
2週(1-0-2-11)
3週(1-1-2-11)
4週(1-0-5-26)
5週~9週(5-6-0-43)
10週~25週(2-3-2-25)
半年以上(0-0-0-5)
inyofu ×7歳以上でハンデ54kg以下
(0-0-0-18)
×関東馬で単勝オッズ50倍以上
(0-0-0-14)
×ハンデ51kg以下
(0-0-0-9)
△前走重賞だった馬で斤量-2kg以上
(0-0-2-19)
△前走OP特別で10番人気以下
(0-0-1-13)
×前走条件戦で4番人気以下
(0-0-0-13)
inyofu 重賞ウイナーが5連勝中

冒頭にも記したが過去5年の優勝馬5頭は、いずれも“JRAの重賞”において優勝経験がある馬だった。

福島2000m騎手&種牡馬別成績(2013年以降)

inyofu 津村明秀(8-5-10-60) 9.6% 15.7% 27.7%
柴田大知(7-6-8-37) 12.1% 22.4% 36.2%
戸崎圭太(7-5-2-18) 21.9% 37.5% 43.8%
北村宏司(6-2-2-24) 17.6% 23.5% 29.4%
内田博幸(5-3-7-23) 13.2% 21.1% 39.5%

田辺裕信(5-2-2-21) 16.7% 23.3% 30.0%
丸田恭介(3-6-1-58) 4.4% 13.2% 14.7%
石橋脩 (3-5-6-31) 6.7% 17.8% 31.1%
江田照男(3-2-2-36) 7.0% 11.6% 16.3%
柴田善臣(2-5-2-23) 6.3% 21.9% 28.1%

石川裕紀(2-0-1-17) 10.0% 10.0% 15.0%
岩崎翼 (1-0-1-6) 12.5% 12.5% 25.0%
inyofu ステイゴールド  (13-6-8-107) 9.7% 14.2% 20.1%
ハービンジャー  (4-5-8-48)  6.2% 13.8% 26.2%
ブラックタイド  (4-2-4-30) 10.0% 15.0% 25.0%
マンハッタンカフェ(3-0-6-43)  5.8% 5.8% 17.3%
メイショウサムソン(2-8-3-36)  4.1% 20.4% 26.5%

タニノギムレット (2-1-3-37)  4.7% 7.0% 14.0%
ブライアンズタイム(0-0-0-9)  0.0% 0.0% 0.0%
エンパイアメーカー(0-0-0-8)  0.0% 0.0% 0.0%

出世が期待される素質馬 プラチナムバレット

inyofu 半姉のスマートレイアー(父ディープインパクト)は4つの重賞タイトルを含む9勝を挙げ、8歳を迎えた今年も現役と息の長い活躍を見せている。3歳春の京都新聞杯優勝後に長期休養を余儀なくされた本馬も、これから大いに出世が期待される素質馬だ。

タイトル奪取を狙う サーブルオール

inyofu 母モンローブロンドは2004年のファンタジーS2着など芝1400メートル以下の距離で活躍したが、本馬は全12戦で芝1600メートルから2000メートルに出走して5勝と、中距離寄りの適性を示している。この七夕賞で、母が手の届かなかった重賞タイトル奪取を狙う。

完成の域に近づいた ワンブレスアウェイ

inyofu デビュー3連勝で2015年のクイーンCを制した全姉キャットコインは古馬になってから伸び悩んだが、本馬はキャリアを積みながら力をつけ、5歳にして完成の域に近づいた感がある。重賞挑戦7度目となるここで待望の初制覇なるか、注目だ。

地力は健在 マイネルフロスト

inyofu 3歳時の2014年には毎日杯を制し、日本ダービーでも3着に善戦と存在感を示した。その後は重賞勝ちこそないものの、昨年の七夕賞2着など芝の中距離重賞でコンスタントに上位争いに加わっている。7歳を迎えた今年も、まだまだ地力は健在だ。

優勝争いに期待 マイネルサージュ

inyofu 4歳春以降は芝2400メートル以上の長丁場を主戦場に活躍してきたが、6歳を迎えた今年は芝の中距離路線にシフト。前走では、この七夕賞と同じ福島・芝2000メートルで行われたオープン特別・福島民報杯を勝利した。今回、重賞でも優勝争いの期待がかかる。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

重賞ウイナーが5連勝中ということ本命(軸)はマイネルフロストにしました。

過去5年間の勝ち馬はすべて4コーナーで4番手以内のポジションにつけているというデータがあって、 今回のメンバーでそれが一番可能なのは本馬。
前走のエプソムカップは休み明けで大敗してますが、 それ以外は安定した結果を出しておりますので、人気がなければありがたいです。

◎マイネルフロスト
○マイネルサージュ
▲プラチナムバレッド
☆サーブルオール
△ワンブレスアウェイ
△レイホーロマンス
△キンショーユキヒメ

馬券は◎→○▲☆→○▲☆△△△の3連複フォーメーション12点です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line