TOP > 競走馬 > 「ナイトオブナイツ」力強い末脚!得意の函館で悲願の初タイトルへ!【函館記念】
競走馬

「ナイトオブナイツ」力強い末脚!得意の函館で悲願の初タイトルへ!【函館記念】

前走の巴賞で激しい追い比べを制したナイトオブナイツが函館記念に出走する。昨夏の北海道では500万特別で4馬身、1000万下特別で2馬身半差をつけて連勝。今年4月の難波Sで道悪を苦にせず外から鮮やかに差し切りオープン入りを飾ると、前走の巴賞では直線で狭いスペースを突いて抜け出し、オープン初勝利を飾った。勢いに乗って、得意の函館で重賞タイトルを目指す。そんなナイトオブナイツについてまとめてみた。
ナイトオブナイツ

【難波S】鮮やかに差し切る!

大外13番枠から五分のスタートを切ると、中団よりやや後ろからレースを進める。前半4F46秒8のハイペースの中、リズムよく馬群の外を走り、直線では外からしぶとく末脚を使って突き抜け5勝目を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ナイトオブナイツ(池添謙一騎手) 「緩い馬場でもハミを取って追走してくれました。追ってもしっかり伸びてくれました。上のクラスに行っても頑張ってくれると思います」

【新潟大賞典】後方から末脚弾けず・・・

9番枠から五分のスタートを切り、道中は後方に控えて末脚を溜める。しかし前半1000m62秒3のスローペースになり、直線で外に出して追い込みを図ったが、進路が無くなるシーンもあり15着に敗れた。
動画を見る

【巴賞】狭いスペースを突いて差し切る!

5番枠からまずまずのスタートを切り、中団5番手からレースを進める。道中行きっぷりの良さを見せたが、池添騎手が折り合いをつけて我慢させる。最後の直線では内目から脚を伸ばすと、狭いスペースを突いて差し切り、通算25戦目でオープン初勝利を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ナイトオブナイツ(池添謙一騎手) 「行きたがるくらいの手応えで、馬の後ろで我慢させ、手応えよく追走できました。最後も開いたところを躊躇なく突っ込んで、グイッと抜けてくれました。良い内容でしたし、力をつけています」

【函館記念】直前情報!余力たっぷりの走り!

inyofu 「第54回函館記念」(15日、函館)恒例の公開調教。熱心な函館ファンを前に前哨戦・巴賞を快勝したナイトオブナイツが、存在感十分にアピールした。Wコース&単走で5F70秒7〜1F13秒6(馬なり)。久々に函館に戻った太陽の下、余力たっぷりに駆け抜けた。
inyofu 見守った池添兼師は「中1週だし、これで十分。厩舎でチャカチャカするような馬だから、輸送がないのもいいのだろう。力がなかったら、巴賞で中を割って勝てない」とデビュー25戦目でオープン初勝利を飾った愛馬に目を細めた。

函館記念の傾向!斤量56キロ台は好成績!

inyofu 函館記念は負担重量がハンデキャップで行われるが、対象とした過去9回の負担重量別成績を調べてみると、複数の馬が優勝している54キログラムと56~56.5キログラムの成績が比較的良好。また、52~53キログラムの馬は優勝こそないものの、2着が3回ある。なお、57キログラム以上で優勝したのは、2013年のトウケイヘイロー(57.5キログラム)だけだ。

これまでのレース内容を見ても、力強さをしぶとさを兼ね備えている末脚は、パワーが要求される洋芝向きであることは間違いない。前走の巴賞では狭いスペースを突いて差し切っており、勝負根性も見せている。函館で10勝を挙げ当地リーディングトップの池添謙一騎手を背に、躍動感のある走りでタイトルを手に入れる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line