TOP > 競走馬 > 「フロンティア」ハンデ差生かす!古馬撃破へ虎視眈々!【中京記念】
競走馬

「フロンティア」ハンデ差生かす!古馬撃破へ虎視眈々!【中京記念】

ダイワメジャー産駒の3歳馬フロンティアが中京記念に出走する。本馬は母の兄にステイゴールド、半兄にドリームパスポートがいる良血馬。血統だけでなく能力も非凡で、デビューから2連勝で新潟2歳Sを制し、ファルコンSでも僅差の3着に入っている。G1では高い壁に跳ね返されたが、G3のここでは侮れない。2013年に出走し8着に敗れた兄セイクリッドセブンよりも上の着順を目指す。そんなフロンティアについてまとめてみた。
フロンティア

【朝日杯FS】ジリジリ伸びるも及ばず8着

1枠2番から好スタートを切り、先行するかに思われたが、二の脚がついた外の馬に交わされて中団インコースに落ち着く。直線ではジリジリと伸びたが、先に抜け出したダノンプレミアムとの差を詰めるには至らず8着に敗れた。
動画を見る
inyofu ◇フロンティア「前へ行こうと思ったけど、ダッシュがつかなかった。最後は伸びているが…」(岩田康騎手)

【ファルコンS】しぶとく脚を伸ばし3着

8番枠から五分のスタートを切り、道中は平均ペースで流れる中、中団で脚を溜める。直線では外からしぶとく脚を伸ば、ミスターメロディから0秒2差の3着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu  ◇フロンティア「1400メートルが合う体形になっていた。ラストも自分の力は出してくれているし、よく頑張ってくれている」(川田将騎手)

【NHKマイルC】不利に泣き馬群に沈む・・・

スタートを五分に切ると、軽く気合いをつけて先行し、4番手でレースを運ぶ。直線に向いたところで鞍上がゴーサインを出したが、進路がカットされる不利もあり伸びを欠いて馬群に沈み13着に敗れた。
動画を見る
inyofu ▼13着フロンティア(内田)うまく運べたが外から寄せられた。

【中京記念】直前情報!追ってからの反応よし!

inyofu 栗東坂路の後半2Fを12秒1-12秒0でまとめレッドランサーに2馬身半先着。
inyofu ●福永騎手「乗りやすく、追ってからの反応も上々。少し繊細な面がありそうなので、リズム良く行けるかどうか。古馬相手でも、ハンデ53キロ。左回りもいいと思う」

中京記念の傾向!大敗からの巻き返しあり!

inyofu 過去6年の出走馬について、直近で出走していたオープンクラスのレースでの着順別に成績をまとめると、「1着」組が3着内率で77.8%と高い数値をマークしている。そして、「2~4着」の各組が不振傾向にあるのに対し、「5着」組や「6~9着」組、「10着以下」組から複数の3着以内馬が出ている。直近で出走していたオープンクラスのレースを勝利していた馬は高く評価すべきだが、5着以下に敗れていたとしても軽視は禁物だろう。

前走のNHKマイルCでは勝負どころで大きな不利を受けており、それまではまずまずの競馬を見せていた。中京記念では施行距離が1600mになった2012年以降、3歳馬に勝利はないとはいえ、挑戦した馬はまだ3頭だけ。53キロのハンデを活かして、新馬戦1着、ファルコンS3着と得意にしている中京で古馬撃破を狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line