TOP > 競走馬 > 6枠12番「サトノノブレス」いいコンディション!しっかり動ける【2016年有馬記念】
競走馬

6枠12番「サトノノブレス」いいコンディション!しっかり動ける【2016年有馬記念】

ここまで重賞4勝、6歳となった今年も2度の重賞を制覇したサトノノブレス。G1になるとなかなか厳しい戦いを強いられているが、今年のオールカマーではゴールドアクターのクビ差の2着になっているように、力が無いわけではないだろう。そんな、展開一つで好走することも可能であろうサトノノブレスについてまとめてみた。
サトノノブレス
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【オールカマー】ゴールドアクターと接戦の好内容で2着!

夏を休養に充て、復帰初戦にオールカマーに出走したサトノノブレス。初コンビの福永騎手を背に先行し、4角手前から仕掛け始める。直線ではゴールドアクターとの叩き合いになり、最後はクビ差敗れたが前走からプラス10キロということも考えれば上々の始動戦だった。
動画を見る
inyofu 2着 サトノノブレス(福永騎手) 「もう少しでした。競馬はイメージ通りでしたし、交わされてからもよく食い下がっていました。初めて乗りましたが、乗りやすいですし、力をつけていると思います。頑張ってくれました」

【天皇賞(秋)】終始窮屈な競馬で惨敗……

若干左右の馬にぶつけられながらスタートを切る。道中は中団後ろの位置から脚を溜めて直線へ。直線でも左右を馬に挟まれる多少の不利を受け、伸びを欠いて10着と惨敗する結果となった。
動画を見る

【金鯱賞】好位から粘り3着に

前走惨敗後の立て直しての一戦。レースでは、スタート後押して前につけようとするも、6番手の位置にとどまった。向正面で経済コースを取り一気に前との差を詰めると、直線ではじわじわと脚を伸ばして3着となった。
動画を見る
inyofu 3着同着 サトノノブレス(V・シュミノー騎手) 「もう少し前の位置を取りたかったのですが、反応してくれませんでした。向正面で、内の経済コースを通って3~4コーナーで内から好位にとりつけました。最後まであきらめずに走ってくれました」

【有馬記念】直前情報!本番ではさらに好状態で!

サトノノブレスは21日栗東ウッドコースで最終追い切りを行った。
inyofu 栗東CWでミッキークイーン(4歳オープン)、クィーンチャーム(4歳1000万下)と3頭併せを行った。ミッキーには3馬身遅れたが、チャームとはしぶとく併入に持ち込んだ。
inyofu 「息を整えた程度でしたが、いいコンディションです。前走でまだ腰回りに余裕があったので、あと10キロぐらい絞りたい」と池江師。

今年のG1では惨敗してしまっているが、内容を見てみると、先行できなかったりと不完全燃焼なレースがほとんどだ。それは2着に入ったオールカマーのレース振りからも見て取れる。展開さえ向けば穴馬の一頭となることも十分可能だ。好位抜け出しで粘りこむを図る自分のスタイルで競馬ができるか。注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line