TOP > 競走馬 > 【2014年小倉記念】七夕賞2着のニューダイナスティが重賞初制覇を狙う!
競走馬

【2014年小倉記念】七夕賞2着のニューダイナスティが重賞初制覇を狙う!

前走の七夕賞で2着に入ったニューダイナスティが勢いそのまま小倉記念に参戦する。果たしてどのような走りをみせるのだろうか。
ニューダイナスティ

10番人気の低評価を覆す見事な走り!

2013年 七夕賞

2013年 新潟記念
http://youtu.be/jR1mvEJ9CWY
ニューダイナスティは前走の七夕賞で10番人気ながら2着に好走している。2013年の新潟記念では1番人気に推されていたように素質のあった当馬が実力通りに走った結果だったのだろうか。

前走のワンツーフィニッシュは2回目の組み合わせ!

2013年 関ケ原ステークス

七夕賞を制したメイショウナルトとのワンツーフィニッシュは2013年の関ヶ原S以来2回目。メイショウナルトも小倉記念に出走予定ということで格言通り三度目のワンツーの可能性も大いにあり得るだろう。

ディープ産駒らしくないレースぶりは小倉コースに合う?!

2013年 烏丸ステークス

2012年 佐渡特別

ニューダイナスティはディープインパクトの産駒ながら全5勝中3勝を逃げ切りで勝利を収めている。また、上がり最速を記録したのも前走の1度だけと父の産駒らしくないレースぶりが目立つが、こうしたレース運びは小回りコースで行われる小倉記念で活きてくるだろう。

5歳馬の成績がいい当レース

小倉記念は過去10年で5歳馬が6勝、2着2回、3着8回と高い成績を残している。

たくましくなった姿で初重賞を!

inyofu ニューダイナスティ(牡5、石坂)は前走の七夕賞で2着に好走。いつもの先行スタイルではなく、中団から差して力を発揮した。石坂師は「前に行けなければ控えてくれとは話していた。内があいてラッキーな面もあった」と振り返るが「牡馬らしくたくましくなって、いいなと思っていたら、その通りだった」と充実も感じ取る。

今回勝てばシリーズ制覇の可能性も十分。「秋にもつなげていきたい」とさらなる高みを目指していく。

前走の七夕賞の走りで小回りコースでの適性の高さを見せたニューダイナスティ。前走のような走りを小倉記念でも見せることができれば重賞初制覇も見えてくるのではないだろうか。不安点を挙げるとすれば休み明けで好走した前走の反動、いわゆる2走ボケが出ないかどうかというところになるだろう。ただ、この不安点さえ乗り越えることがおのずと結果は出るはずだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line