TOP > エンタメ・雑学 > 2018年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2018年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2018年7月第2週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
函館2歳Sをアスターペガサスが、中京記をグレーターロンドン制した今週の競馬界。
など1週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

アスターペガサス初重賞を勝利!【函館2歳S】

inyofu 7月22日、函館競馬場で開催された第11R・函館2歳S(GIII、芝1200m)は、道中中団に付けた2番人気アスターペガサス(牡2、栗東・中竹)が、直線早めの抜け出しを図った7番人気ラブミーファインをゴール板前でハナ差捕え優勝。世代最初の重賞ウイナーに輝いている。勝ちタイムは1分9秒4(良)で、鞍上は小崎騎手。遅れること2着に3/4馬身差の3着は、道中好位に付けた3番人気カルリーノが入線。なお、1人気ナンヨーイザヨイは直線外から差を詰めにかかるも9着に敗れている。

▽配当
単勝6 520円
馬連6-10 5880円
馬単6-10 1万200円
3連複5-6-10 1万1090円
3連単6-10-5 6万5140円
(6.アスターペガサス、10.ラブミーファイン、5.カルリーノ)
動画を見る
函館2歳Sを制したのは2番人気アスターペガサスであった。ゴール前で2着のラブミーファインをハナ差でかわしての劇的な勝利であった。

グレーターロンドン重賞初勝利!【中京記念】

inyofu 7月22日、中京競馬場で開催された第11R・中京記念(GIII、芝1600m)は、道中11番手を追走した1番人気グレーターロンドン(牡6、美浦・大竹)が、直線外から勢い良く伸び、差し切り勝ちを収めている。勝ちタイムはコースレコードとなる1分32秒3(良)で、鞍上は田辺騎手。3/4馬身差の2着は、道中4番手を追走し、直線は馬場の真ん中から脚を伸ばした5番人気ロジクライ、2着に1馬身半差の3着は、外から鋭い伸びを見せた4番人気リライアブルエースが入っている。

▽配当
単勝16 500円
馬連12-16 2430円
馬単16-12 4570円
3連複4-12-16 5420円
3連単16-12-4 2万5980円
(16.グレーターロンドン、12.ロジクライ、4.リライアブルエース)
動画を見る
中京記念を制したのはこれまで重賞勝利の無かったグレーターロンドンであった。悲願の重賞初勝利はレコードでの達成であった。

サトノアレス、フランスG1断念

inyofu 8月12日のジャックルマロワ賞(GI、芝1600m)を目指し調整されていたサトノアレス(牡4、美浦・藤沢和)につき、体調が整わないことから、遠征を見送る方針であることが分かった。
ジャックルマロワ賞を目指して調整していたサトノアレスだったが、体調が思わしくなく断念したと判明した。残念なニュースではあるが万全な状態に戻って秋競馬での活躍に期待したい。

石橋脩騎手600勝達成!

inyofu 石橋脩騎手「本当にたくさんの馬に乗せていただき、関係者の方々や暑い中でも頑張ってくれる馬たちに感謝しています。この福島開催では、良い馬に多く乗せてもらったにも関わらず、人気を裏切ることが多く、達成まで長くかかったな、と感じています。今たくさんいただいているチャンスをいかし、目の前の1勝、そしてその先にあるG1にも勝ちたいと思っています」
石橋騎手は7月22日の福島6Rでプレイズランに騎乗して勝利して、史上75人目、現役31人目となるJRA通算600勝達成を果たした。

2018年今週のリーディング

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 C.ルメール騎手(今週4勝)【95.70.55.42.26.123】(→)
2位 M.デムーロ騎手(今週4勝)【95.70.49.30.34.114】(→)
3位 戸崎圭太騎手 (今週3勝)【67.72.62.44.46.215】(↑)※先週4位
4位 川田将雅騎手 (今週0勝)【65.62.46.36.24.131】(↓)※先週3位
5位 福永祐一騎手 (今週4勝)【60.50.49.41.27.179】(→)
6位 田辺裕信騎手 (今週4勝)【55.44.51.53.41.228】(→)
7位 岩田康誠騎手 (今週3勝)【51.50.58.50.40.256】(→)
8位 藤岡佑介騎手 (今週1勝)【48.28.29.32.33.159】(→)
9位 松山弘平騎手 (今週1勝)【47.60.43.38.45.295】(→)
10位 内田博幸騎手 (今週1勝)【46.47.47.45.57.294】(→)

ルメール&デムーロ両名は今週も譲らず互いに4勝を量産。先週までは2着数の差が順位に反映されていましたが、今週は3着数の差でC.ルメール騎手が首位に立っています。ほかでは、戸崎騎手が4勝をマークし、4位川田騎手を抜き3位へジャンプアップ。2014年から2016年にかけて3年連続で全国リーディングに輝いたトップ騎手が勢い付いてきました。
今週もトップのルメールデムーロ両騎手が揃って4勝。3週連続での1着数が同じとなった。この熾烈な争いの均衡が破られるのは果たしていつになるのか目が離せない状態である。

2018年7月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングはルメール騎手デムーロ騎手が揃って4勝で両者譲らない熱い展開に。アスターペガサスの初重賞勝利、グレーターロンドンの念願の重賞初勝利が大いに話題になった。また石橋脩騎手の600勝には多くのファンが祝福した。熱い夏競馬はこれから後半戦。ますます盛り上がっていき、その勢いは秋競馬へとつながっていく。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line