TOP > 競走馬 > 「ラインスピリット」千直の優勝経験アリ!先行力を活かして悲願の重賞制覇へ!【アイビスSD】
競走馬

「ラインスピリット」千直の優勝経験アリ!先行力を活かして悲願の重賞制覇へ!【アイビスSD】

スウェプトオーヴァーボード産駒の7歳馬ラインスピリットがアイビスSDに出走する。デビューからコンスタントに勝ち星を重ねて4歳時にはオーシャンSで4着と重賞でも好走していたが、降級後はスランプに陥ったが、森一馬騎手とコンビを組み続け、5歳春にようやく条件戦を抜け出すと、秋にはオパールSとルミエールオータムダッシュを連勝。今年は58キロを背負って淀短距離Sを制すると、京王杯SCでも7ハロンを克服して5着と健闘している。さらなる成長を見せて、悲願の重賞制覇を狙う。そんなラインスピリットについてまとめてみた。
ラインスピリット

【2016年ルミエールオータムD】見事な逃げ切り!

11番枠からのスタートでダッシュを決めると、外ラチから2頭目の所を通って後続の動きを待つ。残り150mで完全に抜け出すと、そのまま押し切ってオープン特別連勝とした。
動画を見る
inyofu 1着 ラインスピリット(森一馬騎手) 「人馬ともに初の直線1000mでしたが、馬がしっかりと対応してくれました。終いも前走同様、よく伸びました。体重が増えて力をつけてきています」

【京王杯スプリングC】レコード決着の中で健闘!

好スタートからダッシュを付けて2番手につけていく。前半の600mは34秒2とミドルペースでレースは流れて、直線では2番手から懸命に追われ残り200mで一度は先頭に立つも、外から来た馬に差されてしまい、ムーンクエイクと0秒2差の5着でゴールした。
動画を見る
inyofu 5着 ラインスピリット(森一馬騎手) 「いつもの通りゲートの速さを生かして、楽に2番手につけられました。そのまま良いリズムで行けて、最後まで差がなく頑張っています。スタートで躓いた前走は参考外として、着実に力をつけてきています」

【函館スプリントS】初の洋芝に戸惑ったか...

スタートは決めたものの、いつものダッシュが見られず、先行集団の後ろ6番手辺りを進んでいく。3,4コーナーで前との差を詰めて直線コースに向かったが、前が狭くなってしまい勢いを抑えざるを得ない状況になり、6着という結果に終わってしまった。
動画を見る
inyofu 6着 ラインスピリット(森一馬騎手) 「いつもは楽に行けるのですが、初めての洋芝の影響か、ずっと手を動かしての追走でした。直線はジリジリ伸びていますし、後半の方が走りはスムーズでした」

【アイビスSD】追い切り 体調面に不安なし!

inyofu ラインスピリットは坂路で単走。馬なりでラスト12・2秒(4ハロン54・7秒)と上々の伸び。体調面に不安はない。
inyofu 松永昌調教師「先週速いところをやっているのでこれで十分。前走(函館スプリントS=6着)はスムーズさを欠いたが、この条件はいいと思う。あとは枠順と天気ですね」

ラインスピリットの傾向!馬体重の増減は小さいほうが良い!

前走から馬体重増減2キロ以内で挑んだ時の成績は(5,1,1,13)と勝利数が一番多い。またプラス16kg以上で挑んだ2戦はいずれも連対しており、一昨年のオパールSをプラス20キロで制している。この馬の馬体重からは目を離してはならない。
動画を見る

2012年の北海道サマーセールで735万円で購入され、これまで稼いできた賞金は2億780万円とかなりの馬主孝行なラインスピリット。前走は直線での不利が全てであった。千直の優勝経験はあるので、上手く外ラチに森一馬騎手が導ければ重賞制覇も手の届く位置にある。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line