TOP > 競走馬 > 「ラブカンプー」スピード自慢の3歳牝馬!千直の鬼を背に逃げ切りを狙う!【アイビスSD】
競走馬

「ラブカンプー」スピード自慢の3歳牝馬!千直の鬼を背に逃げ切りを狙う!【アイビスSD】

勢いのある3歳牝馬ラブカンプーがアイビスSDに出走する。昨年の夏に小倉でデビューして3戦連続2着と惜敗が続いたが、4戦目で初勝利を挙げると、格上挑戦で挑んだ紅梅Sで2着、自己条件に戻ったかささぎ賞で逃げ切り勝ちを収める。桜花賞の優先出走権を求めて重賞2連戦するも着外に終わったが、スプリントに戻した前走の新設重賞葵Sでは、好位から粘って2着と改めて適性を示した。軽量を活かして押し切りを狙う。そんなラブカンプーについてまとめてみた。
ラブカンプー

【フィリーズレビュー】外枠が厳しかったか...

17番枠からのスタートを決めるも、外枠という事もあり先頭に立つまでに脚を使ってしまう。前半の600mは33秒7とハイペースでレースを引っ張る形になり、直線では残り200mまでは懸命に粘るもスタミナ切れで11着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 松山騎手(ラブカンプー=11着)「かなり外めの枠だったので、しんどかったです。ハナに行ってからはいいリズムでした。この馬のスピードをもっと生かせればよかったんですが」

【アーリントンC】マイルは長かったか...

抜群のスタートを決めてすんなりとハナに立つと、前半の800mは46秒5とミドルペースに持ち込んで軽快な逃げを見せる。1馬身のリードを保って直線に入ったが、残り400mで脚色が鈍ってしまい最下位でのゴールインとなった。
動画を見る
inyofu 松山弘平騎手(ラブカンプー=13着)「マイルという距離に戸惑っている感じでしたし、軽い芝の方がいいですね」

【葵S】スプリントに戻して復活!

1枠1番から好スタートを決めて、逃げ馬の真後ろの2,3番手の好位を取る。3,4コーナーまでじっと我慢して直線で外に持ち出して追われると、懸命に前の馬との差を詰め、ゴールドクイーンと0秒2差の2着同着に入った。
動画を見る
inyofu 2着同着 ラブカンプー(和田竜二騎手) 「いつもと違う形でレースをしましたが、いい内容でした。時計もつめていますし、1200mがやっぱりいいですね」

【アイビスSD】追い切り 仕上がりは万全!

inyofu 葵S2着のラブカンプーは、坂路でダイメイプリンセス(OP)と併せ馬。最後は2馬身の水を開けられたが、僚馬を追走した結果。4ハロン52秒5-12秒6のタイムに問題はなく、脚いろもゴールまで確かだった。
inyofu 「しっかりと調教時計を出せている。落ち着いているし、無駄なことをしない。牝馬だから、これはいいこと」。2カ月ぶりになるが、仕上がりは万全。森田調教師が笑みを浮かべた。

アイビスSDの傾向!前走好走馬が強い

inyofu 過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、「6着以下」だった馬は3着内率8.7%と苦戦している。まずは前走好走馬に注目したいところだ。

今回タッグを組むM.デムーロ騎手は、過去3年の新潟直線1000mでの成績が(5,1,1,2)、勝率55.6%、複勝率は77.8%と脅威の数字を残している。その内の2勝は2015年、2016年とベルカントで連覇を果たしたアイビスSDでのものである。強力な味方を付けて、51キロの軽量も生かして重賞制覇へ向けて猛進する。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line