TOP > 競走馬 > 「アペルトゥーラ」昨年は千直で3連勝!コース適性の高さを活かす!【アイビスSD】
競走馬

「アペルトゥーラ」昨年は千直で3連勝!コース適性の高さを活かす!【アイビスSD】

昨年直線レースで3連勝を飾ったアペルトゥーラがアイビスサマーダッシュに出走する。園田からの再転入後にダートと芝で2勝を挙げたが、1000万下では苦戦が続いた。それでも昨年8月に初めての直線レースで1年半ぶりの勝利を飾ると、続く稲妻Sでも馬群をさばいて差し切りオープン入り。さらにルミエールオータムダッシュでは出遅れを挽回して差し切り、直線レースだけで3連勝を飾った。前走の韋駄天Sでは末脚が弾けず6着に敗れたが、重賞の舞台で適性の高さを活かせるか。そんなアペルトゥーラについてまとめてみた。
アペルトゥーラ

【稲妻S】馬群をさばいて差し切りV!

13頭立ての8番枠から今ひとつのスタートを切り、レース序盤は中団に控える。残り400mから徐々に外へ進路を切り替えていくと、残り200mで外の空いたスペースを突き、先に先頭に立ったウエスタンユーノーをゴール前で差し切り連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アペルトゥーラ(石橋脩騎手) 「適性もあるのだと思います。スタートは少し遅れましたが、うまく馬群に入れて、うまく捌けた分届いてくれました。いいレースをしてくれました」

【ルミエールAD】出遅れを挽回して3連勝!

16番枠からスタートで後手を踏み、序盤は中団の外ラチ沿いを追走する。残り200mで先行馬が後退してできたスペースを突くと、石橋脩騎手の激しいアクションに応えて、重馬場をものともしない力強い末脚を使って差し切り、直線レースで3連勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 アペルトゥーラ(石橋脩騎手) 「出遅れてしまったのですが、うまく前があきました。馬も良くなっていますし、直線競馬への適性も相当高いのでしょう」

【韋駄天S】末脚不発・・・

9番枠からこの日は好スタートを切ると、ダイメイプリンセスと並走する形で中団からレースを進める。しかし、残り400mでダイメイプリンセスに置いて行かれると、末脚も不発に終わり6着に敗れた。
動画を見る

【アイビスSD】直前情報!まずまずの動き!

inyofu アペルトゥーラは坂路で4ハロン53秒9をマーク。僚馬が内へモタれていったため、併せ馬としては中途半端な形になったが、ラストは1ハロン12秒2と鋭く反応した。
inyofu 国枝調教師は「しまいはしっかり動けていた。全体時計はもう少し速くても良かったが、状態はまあまあといったところ。少しずつ上がってきている感じ。舞台適性はあるので外枠を引ければ」と4戦3勝の千直適性の高さに期待する。

アイビスSDの傾向!外枠が好成績!

inyofu 過去10年の枠番別成績を調べると、「7、8枠」の馬が3着内率30.6%と比較的優秀な成績を収めている。どちらかといえば外枠が優勢なレースといえるだろう。

新潟の直線コースを得意とする馬は数多くいるが、この馬はスタートダッシュが遅いこともあり末脚にかけるタイプである。それでも今回は先行馬や斤量の軽い3歳馬が揃っており、先行馬に厳しい展開になれば、末脚を活かすチャンスが回ってくるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line