TOP > 予想/馬券 > 【第66回クイーンステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第66回クイーンステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ

2018年7月29日(日)に行われる札幌競馬場のメインレース【第66回北海道新聞杯クイーンステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 ディアドラ

inyofu Wコースに登場。向こう正面をサッと流しながらスピードに乗り、スムーズなコーナリングで直線に向く。鞍上から気合をつけられると、ギアを上げてもうひと伸び。5ハロン66秒7、3ハロン38秒3-12秒6でフィニッシュした。手綱を取った込山助手も「しっかり動けていた。先週、結構やってくれているから、そんな重さもない」と納得の仕上がりだ。

ソウルスターリング

inyofu ソウルスターリングは、札幌芝コースで追い切られた。単走で3ハロン39秒6-12秒0。スタートが遅かったため、時計を出したのは短かったが、ゴール後もしっかりと追われていた。  騎乗した北村宏騎手は「入りが遅かったし、余力もあったのでゴール後も追った」と説明する。藤沢和師は「先週もしっかりとやっているし、こんな感じ。前走よりもよくなっている」と手応えを口にした。

フロンテアクイーン

inyofu 安定感抜群のフロンテアクイーンはレッドローゼス(古馬1000万)と函館ウッドで併走し、首差先着。5ハロン64秒9-12秒7と予定より速くなったが問題はない。  「追い切り後に乳酸値を測ったところ、それほど強い負荷になっていなかったことが分かった」と椎本助手。「ちょうどいい追い切り」だという。中間、心房細動もあったが「それも大丈夫」。

アンドリエッテ

inyofu アンドリエッテは、札幌のダートコースでフェリシアルチア(500万下)を4馬身追走。6ハロン68秒6-12秒0で直線追われて併入した。  「前回のほうが状態はもっと良かったけど、感触は悪くありません。ただ広いコースで走っているタイプなので、開幕週で前が止まらないケースでどんなものか」と国分恭騎手は前残りを警戒している。

リバティハイツ

inyofu 3歳リバティハイツは主戦の北村友が函館に駆け付け、Wコースで軽快な脚さばきを披露。5F67秒6〜1F12秒3の時計をマークした。  鞍上は「時計は手応えよりも速かった。元気いいですね」と笑顔。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アグレアーブル・磐井助手 「動きはすごくよかったです。反応するまで少し時間がかかるタイプなので、ジョッキーがどう乗ってくれるか」

◆エテルナミノル・四位騎手 「前走をみても力はある。スタンド前の発走なので、今回もゲートが鍵」

◆ツヅミモン・影山助手 「調教はもともと動くタイプで動きはよかった。前走で減っていた体は戻っている。小回りの舞台は合っている」

◆ティーエスクライ・中島助手 「輸送もあるのでこれだけ動けていればいい。切れる脚はないので前走のような形でどこまでやれるか」

◆トーセンビクトリー・辻野助手 「道中で思ったよりいいペースだったので、ラストは流す感じだった。息はすぐ入って中身はできている」

◆ハッピーユニバンス・大橋助手 「馬の邪魔をしないように走らせて動きはよかったですよ。あとは展開がハマってくれるのを期待します」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アグレアーブル 牝5 55 *モレイラ 25日函W良:66.4-52.3-39.2-12.9:馬也

アンドリエッテ 牝6 55 国分恭介 25日札ダ良:68.6-53.1-39.7-12.0:強め

エテルナミノル 牝5 55 四位洋文 25日札芝良:70.5-54.2-38.5-12.0:馬也

ソウルスターリング 牝4 56 *北村宏司 25日札芝良:39.6-12.0:馬也

ツヅミモン 牝3 51 *吉田隼人 25日函W良:66.8-51.8-37.6-11.8:一杯

ディアドラ 牝4 55 ルメール 25日函W良:66.7-51.2-38.3-12.6:強め
 
ティーエスクライ 牝6 55 竹之下智 25日函W良:70.0-53.8-40.0-12.5:馬也

トーセンビクトリー 牝6 55 *岩田康誠 25日函W良:66.9-51.8-38.4-13.0:馬也

ハッピーユニバンス 牝6 55 *藤岡康太 25日函W良:67.4-52.7-39.4-12.9:馬也

フロンテアクイーン 牝5 55 *蛯名正義 25日函W良:64.9-50.8-37.6-12.7:馬也

リバティハイツ 牝3 51 北村友一 25日函W良:67.6-52.4-38.8-12.3:馬也

最終追い切り映像

動画を見る

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎リバティハイツ
フロンテアクイーン
 ディアドラ
 ツヅミモン

特にリバティハイツは、早めに函館入りしてウッドで追い切りを5本を消化
2週続けて時計も優秀で今回4ヶ月ぶりのレースでも状態はかなり良さそうだ

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line