TOP > 競走馬 > 【2015年中京記念】マイルが向いている! 道悪でも問題ない! オリービン
競走馬

【2015年中京記念】マイルが向いている! 道悪でも問題ない! オリービン

3歳の時にはアーリントンカップでジャスタウェイの2着、NHKマイルではカレンブラックヒル、アルフレード、クラレントの4着と一級線の馬たちと互角に戦っていたオリービン。しかし、この頃は精彩を欠くレースぶりが続く。それでも前走の米子ステークスでは初めての逃げで2着に好走。復調の気配を感じさせた。今回は重賞初制覇が懸かる。そんな本馬のここまでの戦歴についてまとめてみた。
馬キュレ

【中京記念】一週前追い切り! 一番時計でレッドアリオンに4馬身先着!中京も合う

以下は一週前追い切り後の橋口調教師へのインタビューでのコメント
inyofu 「阪神がいい馬だから、同様に直線に坂のある中京もいいと思う。」
本馬の一週前追い切りは、同じく中京記念に出走予定のレッドアリオンと栗東坂路で併せ馬。本馬が馬なりで4ハロン50秒6-12秒3の一番時計をマークし、レッドアリオンに4馬身先着した。橋口調教師のコメントからも中京競馬場で行われる当レースに対する自信が伺える。仕上がりに心配はないであろう。

【2012年アーリントンカップ】一瞬の歓喜...ジャスタウェイの大外強襲に屈し重賞制覇ならず

ここまで2回の重賞挑戦では良いところのなかった本馬であったが、このレースではあわやの場面を演出する。道中はインの3番手でジッとしていると、直線残り約300mでチャンピオンヤマト・ヴィンテージイヤーの間を割り先頭に立つ。そのまま押し切るかと思われたが、最後方から追い込んできたジャスタウェイにゴール寸前で差し切られ惜しくも重賞制覇はならず。
以下はレース後の鞍上クリスチャン・デムーロ騎手のコメント
inyofu 「スタートが良く、すんなりといい位置を取れ、リラックスして走ってくれました。道中もいい手応えでしたが、4コーナーから直線に向くところで少し窮屈になりました。スペースが空いてからはいい脚を使ってくれて、一瞬勝ったと思ったのですが、後ろから交わされてしまいました。勝った馬は強かったです」

【2012年ポートアイランドステークス】好位差し切り!古馬初対戦でオープン初制覇を決める!

本馬の古馬初対戦となった当レース。ポジションを上げていくマイネルクラリティに触発されて掛かる場面もあったが、好位の後ろでなんとか折り合いでレースを進める。直線ではジリジリと前との差を詰め、最後はゴールスキーが猛追したがアタマ差凌ぎ切り、オープン初制覇。古馬に混ざっても力は劣らないことを証明した。
以下はレース後の鞍上川田将雅騎手(上)、橋口調教師(下)のコメント
inyofu 「3コーナーで他の馬にぶつけられて、引っ掛かってしまいました。それでも押し切ってくれるのは能力の高さですね」
inyofu 「春の白百合ステークスの時は、歴戦の疲れがあったのでしょうか。休ませて馬が良くなっていました。体調の良さが、調教からも見えていました。この秋は、マイルCSが目標です」

【2015年米子ステークス】初の逃げで新味!復調感じさせる走りを見せる!

この頃のレースでは精彩を欠いていた本馬であったが、このレースでは復調を見せる。好スタートからハナに立つと直線では一杯一杯に粘り、最後は内からスマートレイアーに差されてしまったものの2着。約半年ぶりに馬券圏内に入った。
以下はレース後の鞍上小牧太騎手のコメント
inyofu 「好スタートが切れて、馬に逆らわず先行させました。レースとしてはうまくいったと思います。今日は勝った馬が強かったということでしょう。阪神コースは安定して走る馬です」

前走で復調気配を感じさせた本馬であるが、上述したようにこの中間は調教で一番時計も出していて好調さが伺える。元々実績は十分の馬で、本来の力さえ出せれば重賞で十分に足りる馬であろう。得意のパワーがいる条件で悲願の重賞初Vへ突き進む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line