TOP > 地方競馬 > オグリキャップの故郷を満喫できる笠松競馬場のおすすめグルメ
地方競馬

オグリキャップの故郷を満喫できる笠松競馬場のおすすめグルメ

競馬場は競馬だけをする所だと思ったら大間違い。 美味しいものを食べなきゃ元気に競馬ができない!
オグリキャップを輩出した笠松競馬場は、グルメも一級品! 今回は、笠松競馬場のおすすめグルメをご紹介。
おでん

競馬場で本格イタリアンを堪能

若者に人気のこのお店では、他では食べられない本格イタリアンが堪能できる。
inyofu 久しぶりに笠松けいばのウェブサイトを見たらカフェ・イル・ファンティーノの写真がトップになっていてビックリ(笑)イタリア語で「ジョッキー」という店名のこのカフェは、哀愁漂う笠松競馬場では異質な存在(笑)他のお店の「串かつ」や「どて」ももちろん美味しいですが、ボクはこの店でビールと競馬新聞を片手に、美味しいパスタやオムライスを食べてメインレースに出陣する流れが大好きです。
inyofu 若者向けのシャレたこのお店の名物が、開運カツバーガーだよ。蹄鉄のカタチをしたバンズに、飛騨牛を使った味噌カツと地元産の長ネギをサンド。これがハンパなく旨い!しかもボリューム満点!値段もなんと500円!ゴッドハピネス!

ビールと相性がいい「どて煮」が最高!

がっつり食べたい人には「どてめし」がおすすめだ。
inyofu 私は「どてめし」を注文しました。
たっぷりの「どて煮」がご飯に載せられていてボリュームたっぷりです。
ネギは別皿で盛られているのもいいですね。
関西の「どて」は牛すじを使いますが、岐阜より東の地域では豚のモツを使うのが一般的のようです。

おでんもみそ味でうまい!

inyofu ミソ味のおでん。写真は卵とダイコンとドテですが、特に卵にミソ味がよく合うんですね~。おすすめです。1本100円。
inyofu 競馬場のおでんでは、ここのが一番おいしかった気がします。

丸玉食堂のうまいイカ焼き!そしてあのお酒!

inyofu 1950年創業の丸玉食堂は、ラーメンに焼きそば、おでん、串物など、なんでもアリアリなありがたいお店。中でもボクのイチ押しはズバリ、イカ焼き!炙ったイカに特製のタレを付けて食べると…こりゃーもう、たまらん!止まらん!目がランラン!ちなみに、オグリキャップのお酒が飲めるのはココだけだよ。
オグリキャップのお酒というのがどういう味なのかは、飲んでのお楽しみ。

名古屋に近いので、名古屋競馬場と似たメニューも多い笠松競馬場。
しかし、本格イタリアンの楽しめるお店や、
競馬場の中で一番美味しいと言わしめるおでんが食べられるグルメに強い競馬場なのだ。
オグリキャップを輩出しただけあって場内は、いたる所にオグリキャップの姿が見られる。
オグリキャップのお酒を飲みながらオグリキャップに思いを馳せるというのも乙である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line