TOP > 競走馬 > 一番可愛い三冠牝馬!アパパネ伝説
競走馬

一番可愛い三冠牝馬!アパパネ伝説

三冠牝馬アパパネの名レースや記事、エピソードをまとめてみた。
一番可愛い三冠牝馬!アパパネ伝説

ハワイの鳥 アパパネ

GIを5勝!歴史的牝馬三冠を達成!!
inyofu アパパネ(Apapane)はJRAの競走馬である。 馬名の由来はハワイに生息する「アカハワイミツスイ」という鳥の別称から。 馬主は金子真人ホールディングス、所属厩舎は国枝栄(美浦)、主戦騎手は蛯名正義。 主な勝ち鞍は阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、優駿牝馬、秋華賞、ヴィクトリアマイル(2011年9月時点)。 JRA史上、3頭目の牝馬三冠の達成馬である。 16戦7勝(内GI5勝) 父:キングカメハメハ 母:ソルティビット 母父:ソルティレイク

まさかの同着!?

三冠達成を見事成しえたアパパネだが、オークスではまさかのG1での同着での優勝を果たしている。
inyofu  長い長い写真判定が続く。アパパネの勝利なら牝馬クラシック二冠達成、阪神ジュベナイルフィリーズと合わせてGI・JpnI 3勝目となる。サンテミリオンが1着なら、桜花賞組を逆転してのGI 初制覇、鞍上・横山騎手はヴィクトリアマイルに続く2週連続のGI 勝利となる。

 緊迫の時間が流れた後、電光掲示板に灯ったのは「同着」の文字。JRAのGI では史上初となる1着同着という結末を迎えたのである。
動画を見る

先輩女王ににだって負けない!

1つ年上の先輩には、その当時絶対女王として君臨していたブエナビスタがいた。
inyofu  鞍上の信頼に応えて、遂にアパパネはレディアルバローザを交わし、ブエナビスタをクビ差振り切ってゴールへと飛び込む。1分31秒9のレースレコードを叩き出すとともに、正々堂々と女王対決に勝利してみせたのである。

 もちろんこの一戦だけで“女王アパパネの独裁体制”が完成なったとはいえないだろう。距離が伸びたとき、あるいは牡馬が混じってさらに厳しいレースとなったとき、この2頭がどういう走りを見せるのか? 今後もライバルストーリーは紡がれていくはずだ。

 興味は尽きないが、ひとまず、その第一章はアパパネに軍配が上がったのだった。
動画を見る

牝馬限定G1完全制覇を目指して

阪神JF、牝馬三冠レース、Vマイルを制覇していたアパパネにとって、牝馬GI完全制覇までは残すところはエリザベス女王杯のみとなっていたが…。
inyofu 09年デビュー。福島の新馬戦こそ3着に敗れたが、未勝利、赤松賞と連勝して臨んだ阪神JFを制し2歳女王に。翌10年には桜花賞、オークス、秋華賞を制して牝馬3冠を獲得。オークスはサンテミリオンとの一騎打ちで、G1史上初となる同着Vを飾った。古馬となった11年にはヴィクトリアMでブエナビスタを撃破しG15勝目。6つある牝馬限定G1のうち5つを制し、残り1つとなったエリザベス女王杯を目指していたが、牝馬G1完全制覇の夢はかなわなかった。

完全制覇の夢は母として

2012年の安田記念を最後に競走馬登録を抹消、繁殖牝馬となることが発表された。アパパネが果たせなかったその牝馬GI完全制覇の夢は、子供たちにたくすこととなった。母として、初年度は三冠馬ディープインパクトとの種付けが予定されている。アパパネのファンは牡馬牝馬三冠ベビーがデビューすることを待ち望んでいることだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line