TOP > 地方競馬 > 最後の冠をかぶる王者は俺だ!【2014年 王冠賞】
地方競馬

最後の冠をかぶる王者は俺だ!【2014年 王冠賞】

2014年8月21日(木)ホッカイドウ競馬の三冠最終戦の王冠賞は2600メートルの長距離対決。北海優駿を制したヤマノミラクルが二冠を達成するか、はたまた別の王者が生まれるか!?
馬キュレ

登録馬

inyofu ○8月21日 第35回 王冠賞登録馬 3歳オープン 2600m
・ヤマノミラクル
・スタンドアウト
・ワイルドサプライズ
・キーストライプ
・ナデシコスピリッツ
・クラデジャブー
・フレイムハーツ
・ドランケンマスター
・ワイレアツヨシ
・ロールスブリス

過去の傾向

inyofu 過去5年の結果から傾向をみていく(5年前は旭川の2100メートル)。一昨年は単勝8→5→2番人気の順で入って波乱となったが、それ以外は5番人気以内が3着以内を独占し、1番人気馬が4勝となっている。通算11戦以下の馬が1頭以上連対しており、門別での過去4年は11戦以下と12戦以上の組み合わせで決着。同じく過去4年は通算3勝の馬が1頭だけ連対している。北海優駿で5着以内に入っていた馬が好成績を残している傾向もある。
昨年も1〜3着を4、3、2番人気の順で占めておりそこはデータ通り。また3、4着の馬が北海優駿で5着以内に入っていた。 今回も人気の馬かつ、北海優駿の5着以内の馬に注目だ。

北海優駿を制し、2冠を狙う【ヤマノミラクル】

inyofu 例年通り、2000mだった北海優駿の上位馬が主力を形成してくるだろう。ヤマノミラクルは北海優駿のあと、古馬A2以下のレースをひと叩きされた。馬体に余裕が見られただけに、まさにひと叩きの意味合いが強く、今度はキッチリと仕上げてくるはずだ。
inyofu ヤマノミラクルについては、まさか北海優駿を 勝つとは思わなかった。見抜けなかったのは反省。 ただ、2600mまで距離が伸びると、 さすがにマイナスだと思う。

2014年 北海優駿(ダービー)(エイシンフラッシュ賞)

過去の傾向からも北海優駿での成績の良かった馬が強いので期待出来る。2600mという距離がどう影響するかが鍵である。

3連勝中の新星【キーストライプ】

inyofu 新興勢力では、目下3連勝中のキーストライプ。今年、中央から転入してきた馬だが、ここまで5戦4勝2着1回。以前はホッカイドウ競馬経歴馬という条件がついていたが、転入馬でも2走されていれば出走可能。門戸が広がったことで、同時にチャンスも広がった格好。台風の目になってもいいだろう。
inyofu キーストライプは北海道移籍後4-1-0-0。 まだ伸びシロがあり、レースぶりに注目。

2014年 雪印種苗スノービルダー特別

ホッカイドウに来て絶好調のキーストライプがこの勢いに乗って勝利する可能性は十分にある。

北海優駿の上位馬が集結

inyofu 北海優駿2着のワイルドサプライズ、3着のスタンドアウト、4着のクラデジャブーも顔を揃えてくるだけに、結構、見応えがありそうだ
inyofu 中団でレースを進めた井上俊彦騎手騎乗の3番人気ヤマノミラクル(牡3、北海道・松本隆宏厩舎)が、直線で脚を伸ばし、好位から一旦は抜け出した5番人気ワイルドサプライズ(牡3、北海道・堂山芳則厩舎)をゴール前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分13秒2(良)。  さらに2馬身差の3着に4番人気スタンドアウト(牡3、北海道・角川秀樹厩舎)が入った。
北海優駿を勝ったヤマノミラクルに対してワイルドサプライズはアタマ差、スタンドアウトは2馬身差だが距離が伸びて、2600mでは違った展開になる可能性は大いにある。

ヤマノミラクルを筆頭とする北海優駿の上位馬が過去の傾向通りにいい成績を残すか、新興勢力のキーストライプの走りが炸裂するか、はたまた北海優駿で人気ながら結果を残せなかったフレイムハーツが雪辱なるか!?楽しみな2014年王冠賞である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line