TOP > JRA競馬場/WINS > 各地で生まれるドラマ!名物レースはこれだ【小倉競馬場編】
JRA競馬場/WINS

各地で生まれるドラマ!名物レースはこれだ【小倉競馬場編】

小倉競馬場は福岡県北九州市にあり、中央競馬の競馬場としては最西端に位置する競馬場だ。
この競馬場では主に、暑さ寒さの厳しい時期にレースが行われるが、
スタンド改修により1999年からは快適に観戦できるようになった。
今回は、この小倉競馬場の名物レースをまとめてみた。
競馬場

名物レース紹介

【小倉サマージャンプ】

inyofu 小倉サマージャンプ(こくらサマージャンプ)は日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場の障害・芝3390mで施行する中央競馬の障害の重賞(J・GIII)競走である。
inyofu 1998年まで障害のオープン特別競走として施行されていた小倉障害ステークスを前身とし、1999年に障害競走にグレード制が施行された事により、夏の中央競馬開催にも障害馬が出走できる競走を整備する意味合いのもと、小倉障害ステークスを重賞に格上げする形で新潟ジャンプステークスとともに新設された。
一見スキーと混同しそうになるが、1999年に創設された夏の小倉開催の始まりを告げる障害(ジャンプ)の
重賞レースである。障害の難度が高く、スピードだけでは勝てないハンデキャップ戦となっている。
サラブレッド系満3歳以上の馬によって争われる。

【小倉2歳ステークス】

inyofu 小倉2歳ステークス(こくらにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場の芝1200メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。
inyofu 1961年に小倉3歳特別の名称で3歳(現2歳)馬による一般競走が創設された。1981年に馬齢重量による重賞競走小倉3歳ステークスに昇格、1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付けされた。
夏の小倉開催を締めくくる若駒の一戦。
去年の勝ち馬であるホウライアキコは、2014年のクラシック戦線において、注目の一頭だ。

【小倉大賞典】

inyofu 小倉大賞典(こくらだいしょうてん)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場の芝1800mで施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。
inyofu 1967年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走、小倉大賞典として創設、第1回は小倉競馬場の芝1800mで施行された。
北九州記念と小倉記念の2つの競走と共に「小倉三冠」と呼ばれている。

【小倉記念】

inyofu 小倉記念(こくらきねん)とは、日本中央競馬会 (JRA) が小倉競馬場の芝2000メートルで施行する中央競馬の重賞(GIII)競走である。
inyofu 1965年に4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走「小倉記念」として小倉競馬場の芝2000mで施行されたのが始まり。
小倉競馬場で、最も観客動員数が多いレースがこの小倉記念である。お盆の時期に行われ、
この競走を2回制覇したのは二頭のみ。

中でも、連覇を達成したのはメイショウカイドウただ一頭のみである。


小倉競馬は、真夏(おおむね7月下旬~9月上旬)の「表開催」シーズンと
早春(おおむね2~3月)の「裏開催」シーズンがあり、
どちらも寒暖の厳しい季節となっている。
冒頭でも述べた通り、スタンド改修により1999年からは快適に
観戦できるようになっているので、臆することなく、
名物レースの数々をぜひ直接観戦してもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line