TOP > レース > 去年は伝説のレースとなった【2014年新潟2歳S】今年も伝説は生まれるか!?
レース

去年は伝説のレースとなった【2014年新潟2歳S】今年も伝説は生まれるか!?

2014年8月31日に新潟競馬場で行われる芝1600メートルのGIIIレース、第34回【新潟2歳ステークス】。昨年は【ハープスター】が伝説とも言える追い上げを見せて1着、2着が【イスラボニータ】と翌年のクラシックを制した馬がワンツーを決めた。また、2歳世代で最初に行われるマイル重賞として注目されるこのレースは、いったいどんなものなのか、まとめてみた。
馬キュレ 

【新潟2歳S】の歴史!

inyofu 本競走は、1981年に3歳(現2歳)の馬齢重量で争われる重賞競走『新潟3歳ステークス』として創設され、第1回は新潟競馬場の芝1200mで行われたが、1997年から距離が芝1400mに変更された。新潟競馬場のコースは1999年まで右回りだったが、2001年に左回りの新コースが完成したため、本競走は同年のみ芝1400m(内回り)で行われたのち、翌2002年から芝1600m(外回り)に変更され、2歳世代で最初に行われるマイル重賞として東西の若駒がスピードとスタミナを競い合う一戦となった。
inyofu 競走名は、2001年の馬齢表示の国際基準への変更に伴い、『新潟2歳ステークス』に変更された。また、グレード表記は、2007年の日本のパートI 国昇格に伴い、JpnIII に変更されたが、2010年より国際格付けのGIII に改められた。
外国産馬や地方馬、2013年からは未出走馬および未勝利馬にも出走が認められることになった【新潟2歳S】。門戸を広げたことにより、2歳世代の有力馬が集まるようになった。

【新潟2歳S】のレースレコード!2012年 ザラストロ

【新潟2歳S】のレースレコードは、2012年に【ザラストロ】が記録した1:33.5である。その後が期待された【ザラストロ】だが、このレース以降、勝ちから遠ざかっている。

【新潟2歳S】のレース傾向

inyofu 上位人気馬が堅実
たびたび伏兵馬が上位に食い込んでいる新潟2歳Sだが、過去10年の単勝オッズ別に成績を調べてみると、「3.9倍以下」の支持を受けた11頭のうち9頭が3着以内に入り、優勝馬10頭のうち8頭は「10倍未満」の馬が占めるなど上位人気馬が堅実。しかしながら、2着には「20倍以上」だった馬が6頭入っている。伏兵馬の台頭にはやはり注意が必要だ。
inyofu 前走の距離にも要注目
このレースの舞台は、新潟競馬場の芝外回り1600m。コーナー2回のダイナミックなコースとして知られている。そこで過去10年の前走の距離別成績を調べてみると、好結果を出している馬の大半は、前走が「1400~1600m」だった馬となっている。対して、前走が「1200m以下」や「1800m」だった馬がいまひとつであることは、覚えておきたいデータと言える。
inyofu ゆったりしたローテーションが好相性
過去10年の連対馬は、すべてキャリア1~2戦の馬だった。経験が浅い馬同士の戦いとなるが、そこで好相性となっているのが、前走から「中5週以上」と余裕がある日程で臨んできた馬だ。逆に、「中4週以下」でこのレースを迎えていた馬は10頭が連対を果たしているが、好走率ではいまひとつとなっている。
キャリアの浅い2歳馬が集うだけに予想の難しいレースだが、以外にも【上位人気馬】が堅実な結果を残している。また、【前走が1400メートル~1600メートル】で【中5週以上のローテーション】の競走馬が好走している点も注目したい。

第34回【新潟2歳S】登録馬!

inyofu アヴニールマルシェ 54
カシノハリウッド 54
ギンパリ 54
グラスエトワール 54
コスモピーコック 54
ゴッドバローズ 54
コメート 54
ディアコンチェルト 54
テイケイラピッド 54
トーホウハニー 54

ナヴィオン 54
ニシノラッシュ 54
ハナモモ 54
ヒルノマレット 54
ブリクスト 54
ミュゼスルタン 54
ラミーロ 54
ワキノヒビキ 54

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

第34回【新潟2歳S】有力馬は【アヴニールマルシェ】で決まり!?

inyofu 今年も大物と評判高いアヴニールマルシェが出走!名門藤沢厩舎の一番馬と言われている。新馬で負かしたロジチャリスがその後圧勝しており、レベルの高さを証明。
inyofu 6月15日東京の新馬戦(芝1800メートル)を勝って以来となるアヴニールマルシェ(藤沢和、牡)は、坂路で3頭併せ。馬なりでラスト1ハロン12秒7(4ハロン56秒8)をマークし、僚馬2頭と併入した。「順調。マイル戦がポイントだが、ワンターンで広い新潟なら問題ない」と藤沢和調教師。

2014年8月31日に新潟競馬場で行われる芝1600メートルのGIIIレース、第34回【新潟2歳ステークス】は、【アヴニールマルシェ】が人気を集めている。2014年6月15日の2歳新馬戦以来の出走となるため、十分なローテーションを組んでいる。ポテンシャルは世代最高、前走に比べて200メートル短縮されてるが、新潟競馬場の長い直線は向いているので、好走を期待できるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line