TOP > 予想/馬券 > 【2014年新潟2歳S】父のようにバク進せよ!ニシノラッシュ
予想/馬券

【2014年新潟2歳S】父のようにバク進せよ!ニシノラッシュ

2011年に急死したサクラバクシンオーの産駒は今年の2歳世代がラストクロップであり、前走の新馬戦を父譲りのスピードで勝利したニシノラッシュは新潟2歳ステークスでも有力候補となりえるか。
馬キュレ

前走新馬戦

inyofu ニシノラッシュ(牡2歳、父サクラバクシンオー、母キャッスルブラウン、美浦・田村)が直線、ノーステッキで抜け出し単勝1・8倍の断然人気に応えた。田辺は「直線で並んでからの脚は良かった。前の馬を気にしてコーナーで外へ逃げ気味だったが、使って行けば良くなるでしょう」と完勝に胸をなで下ろした。田村師は「次のことはじっくり考えます」と笑顔で語った。
断然人気からの圧勝でのデビューは大物誕生の予感である。

父から受け継いだ能力はピカイチ

inyofu 新馬戦は福島の1200メートル戦。「楽な勝ち方だった」と高木助手が振り返ったように、道中2番手から抜け出すと、手応え十分のまま2着に4馬身差をつけた。「まだ遊び遊び走っていた部分もあったし、まだ2歳なので距離は心配ないかなと思っています」。父はスプリンターズSを連覇するなど、特に1200メートル戦で抜群の強さを発揮したが、産駒はグランプリボスが朝日杯FS、NHKマイルCを制覇。マイルでも結果を残しており、同馬も十分、対応可能だ。
inyofu セールスポイントは、調教の動きがレースに直結すること。「デビュー前から調教で動いていて、能力があるんだろうなとは感じていました。今は2歳馬同士だと相手を探すのが大変。先週も古馬500万クラスが相手にならなかった」と高木助手が舌を巻いたほどだ。

今回のレースの展望

inyofu ニシノラッシュは父がサクラバクシンオーで距離延長が鍵になるが、米国産の母は全3勝を新潟外回りで挙げており、コース替わりは歓迎。いとこに小倉2歳Sを勝ったデグラーティアがおり、早い時期から活躍が期待できる。
inyofu 新馬戦圧勝後も順調。けさは美浦Wコースで3歳500万下に楽々と併入した。先週、古馬を1秒2もアオるパフォーマンスを披露しただけに、最後まで手綱を抑えていたが、弾むようなフットワークは前半の組では際立っていた。  ●田村調教師「満足いく動き。こんな馬が毎年、5頭くらいいれば笑いが止まらないね」
inyofu まだ経験が浅い割りには、良い走りをしますよ。丈夫ですし、1回使ってガラッと変わってきたように頭の良い馬で、良い方に競馬を覚えていっています。まだ稽古でもフワフワしながら走っているところがありますし、レースでもフワッと行けそうなので距離も大丈夫かと思います。 重賞で相手は強くなりますが、この馬も良いものを持っていますし、ただ出るだけの馬ではないと思っています
inyofu ・所見:新馬戦は福島1200m。外枠でしたがスタートは良く、先行位追走。直線で前を捉え、追い出されてからの反応も良く、まっすぐしっかり走れておりそのままゴール。走りは良いと思うし好感です。今回はコース替わり、距離延長となりますが、新馬戦内容から上位評価で押さえます。
陣営側も自身あり、予想も高評価、期待する声が多いようである。

ニシノラッシュのデータ

高いポテンシャルを見せた前走で期待度が高まっているニシノラッシュはこのレースで結果を出し、一気に父のような偉大な馬への道を連勝ラッシュで駆け上がれるか!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line