TOP > 予想/馬券 > 穴を狙う!サマースプリントで仕留める万馬券!2014年キーンランドカップ
予想/馬券

穴を狙う!サマースプリントで仕留める万馬券!2014年キーンランドカップ

2014年8月31日(日)札幌競馬場開催。重賞になってから、昨年の函館開催を除いた過去7回分のデータから今年の激走馬をあぶりだす!
馬キュレ

夏の休み明けは厳しい?!

過去6回の連対馬12頭中10頭は7月か8月にレースを使っていた。例外の2頭はともにビービーガルダンで休み明けを苦にしないほどの実力を持った馬だった。

2007年 キーランドカップ

2007年に1番人気に支持されたローレルゲレイロは5月のダービー以来の出走の影響か、11着に大敗した。

短距離戦の斤量は要注意!

1キロ1馬身と言われる斤量の世界で、短距離戦の1キロの影響は大きく、57キロ以上を背負わされた馬は(0.1.0.6)と苦戦している。

2013年 キーンランドカップ

2013年には59キロのサンカルロは7着、57キロのパドトロワは57キロで3番人気に支持されながらも14着に敗れた。

馬格のある牝馬が大穴一発!

斤量とひとえに言っても、それを背負わされる馬の体重にもよる。そのため斤量と体重の比率が11.5%以下の馬は(6.4.4.48)に対し、11.6%以上の馬は(1.3.3.40)と勝ちきるには苦労するようだ。

2008年 キーンランドカップ

2008年に単勝160倍で制したタニノマティーニは、牝馬ながら500キロ近くの体重の持ち主であった。

「夏は牝馬!」は健在

牡馬が複勝率16.2%なのに対し、牝馬は25.7%と勝ち越している。
2006年は牝馬が1着から3着まで独占する結果となった。

2006年キーンランドカップ

◆2006年キーンランドカップ結果データ

函館より届きやすい追込み!

函館と比べてコーナーの関係でカーブしながら加速できることから、追込みが届きやすい。ゆえに函館芝1200mで上がり1位を使っていた馬が(2.0.1.2)と好成績。中でも牝馬は(2.0.1.0)と完璧。

2014年 函館スプリントステークス
http://youtu.be/oDAw6_WStF0

人気馬の取捨は斤量と間隔から判断することができるため、今年は平穏なのか、波乱なのかを予想することができる。近年では牝馬の参戦も増えているが、中でも馬格のある馬が優勢で、今年であればフォーエバーマーク、フクノドリーム、レジェトウショウなどが該当してくる。また前走函館芝1200mで上がり1位を使っていたローブティサージュはデータ的には(2.0.1.0)に当てはまるのだが、レース間隔が空いているというマイナス点も持つので、当日の仕上がりからチェックする必要があるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line