TOP > 競走馬 > 【2015年ファルコンS】反応よし!余力十分!!ブリクスト
競走馬

【2015年ファルコンS】反応よし!余力十分!!ブリクスト

強敵相手に実績を残してきているブリクスト。詰めの甘さを克服出来ていれば重賞初制覇もすぐそこまで見えている。
馬キュレ
◆ブリクストのデータ

相性のいい中京で3勝目へ期待

inyofu 前走、クロッカスS2着のブリクスト(牡3、栗東・吉田厩舎)は、坂路で北村友一騎手が騎乗。ゆったりした入りから終い気合を入れるとスーッと加速して4F55.6-40.0-25.0-12.5秒でフィニッシュ。 「先週までに強いところをしっかりやってあるし、今週はジョッキーを乗せてサッと。すごくいい動きでしたよ」と村井調教助手。「前走は勝ち馬をうまく封じ込めたと思ったんですけどね。相手が一枚上でした」と前走の惜敗に苦笑いも、「この馬自身も折り合い面に進境を見せています。うまく末脚を生かしてやりたいですね」と気持ちを切り換えて賞金上積みを狙う。
inyofu 対戦実績で比較すれば○以上になる馬だが、同馬の脚質が固定された差し型であるのが「安定的に走っても勝ち味に欠ける」と思われるため▲とした。
inyofu ブリクストは中京でダッシングブレイズを破っているのでやはり上位か。

ブリクストこれまでのレース

【新馬戦】

inyofu 中京5R新馬戦(芝1400メートル)は、中団で脚をタメたブリクスト(牡=吉田、父チチカステナンゴ)が直線一気に突き抜けた。  「返し馬からいいキャンターをしていたが、ゲートを出てから二の脚がつかなかった」と川田。それでもメンバー最速上がり3F34秒4をマーク。「リズムに乗ってからはしっかりと長くいい脚を使ってくれましたね」と満足そうに振り返った。
人気通りの1着で期待通りの能力を見せたブリクスト。まだまだ余裕がありそうだ。
【ききょうステークス】

最終的にはナヴィオンに差されたが内容的に良いレースであった。
【こうやまき賞】
http://youtu.be/5yHIW-WhEU8
スローペースながらもダッシングブレイズをねじ伏せての勝利。
【クロッカスステークス】
http://youtu.be/Q4XlpsgGYdM
ニシノラッシュに差されて2着と後一歩及ばず。詰めの甘さが出てしまったか。

ブリクストは、ききょうSで2着、クロッカスでS2着と強敵相手に1400mオープン特別戦で善戦している。ききょうSではナヴィオンに差されて2着、クロッカスSでもニシノラッシュに差されて2着と詰めの甘さは見せているが、レベルの高いところで結果を出してきている。こうやまき賞で中京実績もあるので今回は人気の中心になりそうである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line