TOP > 競走馬 > 「スノードラゴン」走る気が戻ってきて順調!【高松宮記念】
競走馬

「スノードラゴン」走る気が戻ってきて順調!【高松宮記念】

2014年のスプリンターズSの覇者のスノードラゴンが高松宮記念に出走する。昨年は成績の不振からほとんどのレースでG1馬ながらも低人気に甘んじていたが、スプリンターズSでは0.1秒差の5着と、力はまだそこまで衰えていないことを示した。前走は惨敗であったが、叩き2戦目の大舞台で再び栄冠を勝ち取ることができるか。そんなスノードラゴンについてまとめてみた。
スノードラゴン

【2014年スプリンターズS】人馬ともにG1初制覇を達成!

中山競馬場の改修工事のために新潟競馬場で行われた同レース。ダッシャーゴーゴーが逃げる展開の中、スノードラゴンは後方に待機してレースを進める。最終コーナーで外を回って上がっていくと、直線で徐々に加速。前を行く馬をすべて差し切った瞬間にゴールとなり、鞍上の大野騎手とともにG1初制覇を遂げた。
動画を見る
inyofu 1着 スノードラゴン(大野騎手) 「(勝てて)素直に嬉しいです。この馬としては、スタートをうまく切ってくれました。大外枠で不安もありましたが、馬群のいいところに潜り込めて、流れに乗れました。なかなか手前を替えられない馬なのですが、今日はしっかりと手前を替えてくれました。それが伸びにつながりました。(12年ぶりの新潟GIで)盛り上がっていて、その中で勝つことが出来て光栄です。ウイニングランをしている時も盛り上がっていて良かったです。芝でも走ってくれる馬なので、今後もタイトルを取れるように頑張りたいです」

【2016年スプリンターズS】低人気も小差の5着と健闘!

近走の敗戦が影響し12番人気と低評価だったスノードラゴン。レースは逃げるミッキーアイルがよどみないペースを作る中、中団より後ろにいたスノードラゴンは最終コーナーでレッドファルクスとともに進出を始める。外から少しずつ脚を伸ばしていくと、坂を上ってから再加速。1着のレッドファルクスとは0.1秒差の5着に入った。
動画を見る
inyofu 5着 スノードラゴン(大野拓弥騎手) 「リズム良く進めることができましたが、もう少し捌けるとよかったですね。馬の状態も良く、まだまだやれると思います」

【オーシャンS】伸びきれず8着に敗れる

3走振りの1200mのレース。行き脚がつかず、スタート後はいつものように後方待機でレースを進める。4コーナーで上がっては行くものの、充実期のような勢いは見られず、直線でも伸びきることができず8着に惨敗した。
動画を見る
inyofu 8着 スノードラゴン(大野拓弥騎手) 「ここ2戦はちょっと不甲斐ない内容でしたが、最後まで気持ちを切らさずに走れました。1200mの方がいいです」

【高松宮記念】最終追い切り情報 復調気配!

スノードラゴンは22日、美浦坂路で最終追い切りを行った。
inyofu 大野騎手を背に美浦坂路。2本目に馬なりのまま、ラスト1F12秒3をマークした。時計が出やすい馬場で強調はできないが、順調そのもの。
inyofu 高木調教師「前走で走る気が戻ってきた。中2週でも順調だし、差し馬なので中京はいい」

高松宮記念は2014年に2着に入っているように決して相性の悪い舞台ではなく、当時ほどの力がないとはいえ、展開が合えば十分チャンスはあるだろう。しかし、そのためには前走からどれだけ上積みがあるかがカギであり、当日の状態には注視する必要がありそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line