TOP > 競走馬 > 「スノードラゴン」やる気満々!ペースとリズムに乗って進む【スプリンターズS】
競走馬

「スノードラゴン」やる気満々!ペースとリズムに乗って進む【スプリンターズS】

2014年スプリンターズSの覇者スノードラゴンがスプリンターズSに出走する。新潟開催となったスプリンターズSで大外一気でGⅠ初制覇を飾った後、1年3か月ぶりの実戦となったオーシャンSで3着に入った。その後は芝・ダート問わない重賞でも善戦止まり。しかし前走のセントウルSではまさかの先行策でスピードを見せつけて、脚質に幅を持たせた。そんなスノードラゴンについてまとめてみた。
スノードラゴン
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【北海道スプリントC】前との差を詰められず3着

動画を見る
まずまずのスタートから5番手で様子を見る。3,4コーナーの手応えは抜群のまま直線へ。懸命に前の2頭を追いかけるもなかなか差は詰まらず、3着でゴールイン。

【CBC賞】懸命に外から差を詰めるも...

前走から-10kgでの出走となったCBC賞。スタート後は後方に下げて前を見る形。3コーナーでは勝ち馬の後ろについていたが、58.5kgの斤量が響いたのかなかなかエンジンが掛からず、直線でも伸びてはいたものの入着までは厳しいものがあった。
動画を見る
inyofu 6着 スノードラゴン(大野拓弥騎手) 「58.5キロもあったと思いますが、それだけにスタートがもうひとつだったのが痛かったですね。時計も早かったかもしれません」

【セントウルS】先行スタイルでスピードを見せつけた!

大外枠からまずまずのスタートで抑えるかと思いきやビッグアーサーに競りかけて先頭に立つ勢い。結局2番手に控えるも、ビッグアーサーを懸命に追い掛ける形。しかし最後は前半のハイペースが影響したか5着という結果となった。
動画を見る
inyofu 5着 スノードラゴン(川田将雅騎手) 「今日は前半から、自分から前に進んで行く感じでした。道中は馬の気分に任せて行かせました。早めに勝ち馬をつかまえに行った分、最後は甘くなりましたが、良くがんばっていると思います」

【スプリンターズS】追い切り情報 8歳でも衰えなし!

inyofu スノードラゴン(牡8、高木)は、坂路の外ラチ沿いを単走で駆け抜けた。ほぼ馬なりで4ハロン51秒1-12秒6の好時計をマーク。
inyofu 高木師は「いい感じ。長い休みから復帰して、体が柔らかくなった。8歳馬だが衰えはない。中山も4週目でそんなに高速ではないので、この馬には合う」と巻き返しを狙う。

前走のアッと驚く先行策は着順こそ5着と敗れてしまったが、この馬にとってカンフル剤となるレースであっただろう。デビュー当時は逃げ・先行スタイルであった事も考えると「初心を忘れずに」という勘ぐりもしてしまうが、それはともあれ馬場を問わず活躍するベテランの走りで、2年ぶりのGⅠ制覇を狙いたい。。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line