TOP > 競走馬 > 「スノードラゴン」10歳でも元気いっぱい!古豪が中京でも激走する!【CBC賞】
競走馬

「スノードラゴン」10歳でも元気いっぱい!古豪が中京でも激走する!【CBC賞】

2014年のスプリンターズSを勝利した古豪スノードラゴンが今週のCBC賞に参戦する。芝ダート両方で息の長い活躍を見せているが、10歳になった今年も衰えを見せておらず、高松宮記念でファインニードルと0秒5差の9着、前走の北海道スプリントCでは中団から猛追を見せ、勝ち馬と0秒1差の3着と気を吐いた。高松宮記念で2着の経験がある得意コースで4年ぶりの勝利を狙う。そんなスノードラゴンについてまとめてみた。
スノードラゴン

【スプリンターズS】内から強烈な追い上げを見せ4着!

最内枠からまずまずのスタートを切り、道中は中団よりやや後ろから脚を溜める。直線に入るとインを突いて力強い末脚を繰り出し、最下位人気ながら勝ち馬と0秒1差の4着に健闘した。
動画を見る
inyofu 4着 スノードラゴン(大野騎手)
「馬の状態は良かったですし、うまく脚をためられれば脚を使う馬です。今日は内で脚をためられたことが良かったです」

【カペラS】得意のコースで2着に好走!

前半は抑えていくも上手く流れに乗っていき、3,4コーナーでは外目をじわっと上がっていって直線へ。ディオスコリダーを追って2番手まで浮上するも最後まで捕えることはできずに2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 スノードラゴン(大野拓弥騎手) 「58キロでも手応えよく進められ、直線も良い勢いでいけました。手前もしっかり変えてくれていいレースが出来ました」

【北海道スプリントC】外から力強く伸び3着!

10歳になり後方から差を詰め切れない競馬が続いていたが、昨年3着と結果を残している北海道スプリントに59キロで出走する。道中は中団で脚を溜め、4コーナーでは先頭争いを射程圏に捉える。直線に入ると外から力強い末脚で差を詰め、共に追い比べを演じたテーオーヘリオスやラブバレットとはほとんど差のない3着に健闘した。
動画を見る

【CBC賞】直前情報!10歳になっても元気いっぱい!

inyofu スノードラゴンは、前走の北海道スプリントC(JpnIII)で勝ち馬から0秒1差の3着と健闘。今日(6/27)は坂路で最終追い切りを行った。高木調教師のコメント。
inyofu 「レース間隔が短いですが、北海道からこちらに戻ってきてからも元気ですね。暑さがあまり得意ではないので、少し涼しかったのも良かったと思います。瞬発力勝負になると分が悪いので、時計のかかる馬場、展開になってほしいです。今日の追い切りの動きも問題なかったですし、仕上がっていると思います」

CBC賞の傾向!負担重量別の成績をチェック!

inyofu CBC賞はハンデ戦だけに、軽ハンデの馬に注目が集まるケースもあるが、過去10年の負担重量別成績を調べると、54キログラム以下の馬は成績がいまひとつ。該当馬延べ83頭のうち、優勝したのは2014年のトーホウアマポーラ(53キログラム)だけとなっている。その反面、55キログラム以上の馬が上々の成績。しかし、その中で57キログラムの12頭が全て3着以下に敗れているというのは気になるデータだ。

ここ最近はダートで成績を残してはいるが、昨年のスプリンターズSでも16番人気ながら4着と健闘しているように、芝でもスノードラゴンの走りは健在。これは父アドマイヤコジーンも同様に息の長い活躍を見せるコジーン系だからこそのものだろう。勝利からは遠のいているが、久々の中央GⅠ制覇を果たした和田竜二騎手を背に復活Vを目指す!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line