TOP > 競走馬 > 【2015年京成杯オータムハンデ】力強いフットワーク!スマートオリオン
競走馬

【2015年京成杯オータムハンデ】力強いフットワーク!スマートオリオン

スマートオリオンが京成杯オータムハンデに出走する。スプリント戦線で活躍していた彼であったが、パラダイスS、中京記念の連勝でマイル路線に転換した。関屋記念は惨敗に終わったが、過去にオーシャンSを制した得意の中山コースで立て直しを図る。そんなスマートオリオンについてまとめてみた。
馬キュレ

【2015年パラダイスS】スプリント一筋の快速馬が距離延長で久々の勝利!

3歳4月以来の1400m戦に出走。好スタートを決め4番手の好位でレースを進める。前残りの展開となる中、先に抜け出したカオスモスを残り50mで交わし勝利。この馬の課題であった折り合いが距離延長でも克服できたのも勝因だった。
inyofu 1着 スマートオリオン(松岡正海騎手) 「こういう馬場は上手です。いいときに乗せてもらいました。1400mでも折り合っていました」

【2015年中京記念】名手Mデムーロを背にマイル戦初勝利!

1400m戦で勝利したことから、さらに距離を伸ばしマイル重賞の中京記念に出走。このレースも好位でレースを進め、先頭が何度も入れ替わる淀みない展開でも折り合いはしっかりつけられた。残り300mで先頭に立ち、後続の追い上げを退け連勝。2014年のオーシャンS以来1年4か月ぶりの重賞制覇となった。
inyofu 1着 スマートオリオン(M.デムーロ騎手) 「真面目な馬で、以前自分が乗ったときには1200mで勝って、前走は1400mで勝って、今日は1600mでも勝ってくれましたね。いいポジションがとれましたし、すごくがんばってくれました。強かったです」

【2015年関屋記念】残り200mで失速・・・

スローペースの2番手からレースを進め、直線で抜け出しを図ったが、残り200mで失速し惨敗。敗因は謎のままだ。
inyofu 11着 スマートオリオン(戸崎圭太騎手) 「初騎乗なのでよくわかりませんが、今日は伸びませんでした」

【京成杯オータムハンデ】元気いっぱいの状態

最終追い切りを振り返り
inyofu 「今日はすごい雨で馬場があまり良い状態ではなかったので、本場場(芝)で、前に馬を置いてやりました。あまり速い時計ではありませんでしたが、やる気を出させる稽古をしました。(鞍上の内田博幸騎手は)"何も問題ないよ"なんて話をしていました」

前走の敗戦が気掛かりであるが、実力はこのメンバーではトップクラスである。また中山のマイル戦は初めてだが、直線の短いコースはスマートオリオンにとってプラスに働くだろう。自分の競馬をするためには内枠を引きたいものだ。秋には大レースが控えているだけに、ここで地力を見せておきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line