TOP > 予想/馬券 > 【新潟2歳S】あのビートたけしも推している【ハナモモ】は風雲を巻き起こすか?
予想/馬券

【新潟2歳S】あのビートたけしも推している【ハナモモ】は風雲を巻き起こすか?

可愛い名前とは裏腹に脚を使った競馬をみせてメイクデビューを飾ったハナモモ。新潟2歳ステークスでもその脚をみせることができるだろうか?
馬キュレ

ハナモモの気になる血統は?

inyofu ハナモモは美浦・金成貴史厩舎の2歳牝馬で、父ホワイトマズル、母サンデーストーリー(母の父サンデーサイレンス)。
inyofu ハナモモは近親に弥生賞3着のモエレエキスパートなどがいる血統。
馬主は藤沼 利夫氏、生産者は新ひだかの金 宏二氏。馬名の意味由来は「花名。茨城県古河市の花。花言葉は「天下無敵」」。
可愛らしい名前だなと思いきや、その馬名の花言葉は武将さながら。数々の敵をなぎ倒して欲しいという想いを秘めた馬名である。

ハナモモの競走馬データはこちら

メイクデビューは差し切りで勝利

inyofu メイクデビュー福島は26日、福島競馬場5R(芝1200メートル・晴良)で行われ、柴田大騎手騎乗の5番人気、ハナモモ(牝2=金成厩舎、父ホワイトマズル、母サンデーストーリー)が、直線差し切り優勝した。勝ち時計は1分11秒3。
inyofu 3、4コーナー中間でフロラインシチーが仕掛けて一気に先頭に立つ。直線を迎えると、押し切りを図るフロラインシチーにアルマニンファとウナギノボリが並びかけ3頭の競り合いとなる。ゴール直前まで激しく競り合う3頭だったが、後方でレースを進めたハナモモが大外から鋭い末脚でまとめて差し切り、最後はアルマニンファに首差をつけてデビュー戦を制した。
スタートこそいまいちだったものの逆に脚をためることができた。脚を使った競馬を得意とするという見方もできる走りを見せた。
http://youtu.be/wowW-KaD_ro

前評判はいかに?

inyofu ハナモモは2012年の覇者ザラストロと同じホワイトマズル産駒で、母の父がSS系という点も共通。長くいい脚を使えるタイプで、小回りの福島から新潟に替わるのはプラスだ。姉の子モエレエキスパートは2、3歳時に重賞で2着1回、3着2回と活躍しており、仕上がりは早い。
福島→新潟に替わること、及びホワイトマズル産駒という点での相性が抜群に良いという評価。

なんとあのビートたけしも推し馬としてピックアップ!



推し馬としての理由は名前、そしてその理由も、ビートたけしらしい理由ではあるが、勝利をおさめれば今後ますます注目される一頭になるかもしれない。殿が期待するハナモモ。風雲を巻き起こすことができるのか、大いに期待を寄せたいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line