TOP > 予想/馬券 > 【2014年小倉2歳S】母のためにも負けられない! タガノヴェルリー
予想/馬券

【2014年小倉2歳S】母のためにも負けられない! タガノヴェルリー

新馬戦では見事な勝利を飾ったタガノヴェルリー。次戦は強豪がそろう小倉2歳ステークスになるが、果たして勝機はあるのか。
馬キュレ

母の初仔! タガノヴェルリー

◆タガノヴェルリーの競走成績はこちら
タガノヴェルリーのキャリアは前走の新馬戦での一戦のみ。母、タガノデムジュールの初仔でもある当馬。母親のためにもこの一戦は負けられない。

1馬身以上もの差をつけ完勝!! 新馬戦

inyofu 1着 タガノヴェルリー(パートン騎手)
「陣営からは、控えてもいいと言われていましたが、馬が自分からスタートを出て行ったので、そのまま行きました。まだ物見をしているし、集中力を欠いていますが、次は良くなるでしょう」
タガノヴェルリーが好スタートからハナに立つと、そのまま力の違いで押し切った。鞍上が言うには当馬は集中力を欠いていたとのこと。それでもこれだけの走りができるのだから次戦にはさらに期待が持てる。

今野調教師は太鼓判!

inyofu 「物見をしたり、予定より少し時計は遅くなったが、テンションが高くなりやすいので、やりすぎるよりはずっといい。放牧に出し、メリハリの利いた体つきになってきた。逃げ一辺倒ではないが、良馬場でスピードを生かしたいね」と今野調教師。
愛馬タガノヴェルリーに今野調教師も期待を寄せる。今野師が言うように当馬は逃げ一辺倒ではない。次戦ではまた違った当馬の魅力を拝むことができるかもしれない。

最終週の荒れた馬場も問題なし!

inyofu 藤原助手「タガノヴェルリーは中間、放牧でリフレッシュ。スピードのある馬だけどパワーも持っており、最終週で馬場が荒れていても心配はない。
タガノヴェルリーは最終週の荒れた馬場で問題なさそうだ。当馬は藤原助手が言うように力もあるため、荒れた馬場でもこなせるだろう。馬場の不安は一切ない。

最終追い切りでも好調キープ!

inyofu 中京の新馬を勝ったタガノヴェルリーが坂路単走で4ハロン58・4―42・0―27・2―13・2秒(馬なり)。軽めの内容だったが「ちょっと物見をしてフワッとしたので予定より遅くなっただけ」と今野調教師は問題視しておらず、中間の上昇度を強調した。
タガノヴェルリーが最終追い切りを行なった。内容は馬なりで単走と軽めのものであったが、河野調教師は自信をのぞかせている。きっちりと動けてはいるし、上積みはありそうだ。

母親タガノデムジュールの初仔であるタガノヴェルリー。母親のためにもこの一戦は負けられない。当馬の新馬戦は圧巻のレース内容であり、実力的には遜色ないだろう。新馬戦では逃げを見せたが、今野調教師が言うように、逃げにこだわらなくても当馬は力を発揮できる。したがって小倉2歳Sではまた違った一面を垣間見れるのではないだろうか。調教も好調気配であり、問題ないだろう。これで態勢は整った。タガノヴェルリーが連勝を目指し、小倉2歳Sに挑む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line