TOP > 予想/馬券 > 【2014年札幌2歳S】藤沢和厩舎からまたまた大物登場!ミッキーユニバース
予想/馬券

【2014年札幌2歳S】藤沢和厩舎からまたまた大物登場!ミッキーユニバース

今週の札幌2歳Sに出走予定のミッキーユニバースについてまとめてみた。
馬キュレ
ミッキーユニバースは父ネオユニヴァース、母レディオブチャドの2歳牡馬だ。
新馬戦から注目され、デビュー戦のオッズは単勝1.6倍の支持を受けた。
inyofu 好スタートで先頭に立ったミッキーユニバース(牡、藤沢和、父ネオユニヴァース)がそのまま押し切った。

524キロの力強いフットワークで重馬場の芝を快走。2着に3馬身差の完勝だった。
藤沢調教師も絶賛!
inyofu 同じ藤沢和厩舎のミッキーユニバースは、新潟・芝1800メートルの新馬戦を逃げて3馬身差の圧勝。こちらもまた才能を感じさせる若駒だ。

 「初戦はゆったりとした流れでいいリズムで走れたが、今度はそうはいかない。札幌だし、小脚が使えないとね。それでも、初戦はそんなに強い調教はしていなかったのに、スタートをポンと出て勝った。そのあたりは天性のものだろうな」。藤沢和調教師も先週に続き、クラシックへの期待を込めて送り出す。
北村騎手のコメントでは
inyofu ミッキーユニバースの口取り(優勝記念撮影)を終えた北村宏が、検量室のVTRを見ながらしきりに首をひねっている。振り返ったシーンは直線。「周りに馬がいなくて、スイッチが入らないまま終わってしまった感じがする」。拍子抜けするような第一声。「他馬を前に行かせようと思ったが、何も行かずに押し出されて先頭に立った。物見していたし、冷静なままだった」と続けた。

ミッキーユニバース 新馬戦 レース映像
http://youtu.be/m_cmjQjYI9U

次走は札幌2歳Sに向かう

本番前の調子も良さそう!
inyofu 全休日明けの2日は札幌ダートをキャンターで2周。エキサイトした馬が隣を勢いよく通り過ぎても、動じるそぶりはまったくなかった。見守った藤沢和調教師も「気持ちが穏やかで、堂々としているね」と精神力の強さを認める。
勝利への鍵はコーナーとゲート
inyofu ミッキーユニバースは重馬場の新馬戦を好スタートから押し切った。藤沢和師は「スタートがいいのは天性。ゲートに入らない馬は何回練習しても駄目だからね」と説明。初の洋芝コースにも「重馬場を勝っているから、こなしてくれるのでは。あとは、コーナー4つのコースがどうか」と、小回りへの対応をポイントに挙げていた。

ミッキーユニバースは藤沢和厩舎所属の父ネオユニヴァース、母レディオブチャドの2歳牡馬だ。近親にはジュエルオブナイル、ボーダレスワールドなどがいる。新馬戦では圧倒的な支持を受けて、力だけで押し切ったかの様なレースぶりで圧勝。札幌2歳Sでももちろん有力視されるはずだ。その貫禄ある馬体から感じさせるスケールの大きさから重賞をあっさり勝ってもおかしくなさそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line