TOP > 予想/馬券 > 【2014年札幌2歳S】母のようにクラシックを狙え!ブライトエンブレム
予想/馬券

【2014年札幌2歳S】母のようにクラシックを狙え!ブライトエンブレム

今週の札幌2歳Sに出走予定のブライトエンブレムについてまとめてみた。
馬キュレ

母はあの秋華賞馬!

ブライトエンブレムは父:ネオユニヴァース、母:ブラックエンブレム(母父:ウォーエンブレム)の2歳牡馬だ。
良血ながらも、新馬戦向きではなかった?
inyofu 【小島茂之調教師のコメント】 「母は神経質なところがありましたし、父も元気なタイプなのでウルさいかと思っていましたが、大人しくて扱いやすい子です。母とは顔が似ていますが、それ以外は父に似ていると思います。体が大きくて新馬向きではありませんが、ここまでしっかり調教をしてきていますからね。周囲の期待も高くプレッシャーもありますが、楽しみです」
いい意味で予想を裏切って新馬戦を快勝!
inyofu メイクデビュー東京は28日、東京競馬場5R(芝1600メートル・雨・やや重)で行われ、田辺騎手騎乗の3番人気、ブライトエンブレム(牡2=小島茂厩舎、父ネオユニヴァース、母ブラックエンブレム)が、差し切って勝った。勝ち時計は1分39秒2。
勝利騎手のコメントでは
inyofu 「調教では物足りなさを感じていたので、能力だけで勝ってくれた。まだまだこれからの馬」と手綱を取った田辺。

ブライトエンブレム 新馬戦 レース映像
http://youtu.be/dCFKNsH_cek

次走は札幌2歳Sを目標に!

1週間の放牧を挟んで札幌へ
inyofu この中間は8月上旬に函館競馬場で追い切りを開始。函館退厩後は1週間ほどノーザンファーム早来へ放牧に出して、8月27日に札幌競馬場へ入厩した。「函館から直接、札幌へ入厩しても良かったが、少しでも涼しい早来を経由した。馬は良くなっている」と説明。
初戦に比べ上積みあり!洋芝もOK!
inyofu 8月31日には師自ら騎乗して札幌ダートで追い切った。「初戦とはだいぶ違う」と上積みを強調。出来の良さに自信を持っている。

今回の舞台は札幌競馬場。「新馬戦を稍重の馬場で勝ったことから、力を要する洋芝は合っている」と歓迎する。目指すは母に続いてのG1制覇。まずは、クラシックの登竜門で存在感を示す。

ブライトエンブレムは母が2008年の秋華賞馬・ブラックエンブレムで、その母を管理した小島茂之厩舎の管理馬。シルクホースクラブにて募集総額5,000万円の一口10万円で募集された。新馬戦では3番人気で、田辺騎手とのコンビで優勝。次走の札幌2歳Sでも大きな期待がかかる。クラシック登竜門と呼ばれるレースでどんなレースをするのか、楽しみにしているファンは多いはずだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line