TOP > 予想/馬券 > 【2014年札幌2歳S】調教では抜群の動き!フォワードカフェ
予想/馬券

【2014年札幌2歳S】調教では抜群の動き!フォワードカフェ

今週の札幌2歳Sに出走予定のフォワードカフェについてまとめてみた。
馬キュレ

久しぶりのカフェの大物登場か!?

フォワードカフェは、父マンハッタンカフェ、母ベストブート、その父Storm Bootという血統。伯母に2010年のマイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったゴールドティアラがいる2歳牡馬だ。
デビュー前から期待がかかるほどの馬体!
inyofu 2日の追い切りは併せ馬の予定が単走になり直線フワフワしていたが、それでもウッドコースで5ハロン66秒6、しまい38秒1-13秒0の時計を余力十分に出した。小島太師は「格好のいい馬で、500キロ近くあるとは思えない。1週前も併せていい動きをしていた」と初戦から期待大だ。
その期待に応えて、デビュー戦を圧勝劇!
inyofu 6日、福島競馬場5Rで新馬戦(2歳・芝1800m・16頭)が行われ、差のない2番手で進め、3~4コーナーで先頭に立った蛯名正義騎手騎乗の1番人気フォワードカフェ(牡2、美浦・小島太厩舎)が、直線で後続を引き離し、中団から脚を伸ばした2番人気タンタアレグリア(牡2、美浦・国枝栄厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒1(良)。
レースでは抑えきれない手応えだった!?
inyofu 平均ペースで流れて、4コーナーではフォワードカフェが抑え切れない手応えで先頭に並びかける展開。余力十分に前をかわしたフォワードカフェがあっさりと後ろを突き放し、ゴール前は後方を確認して手綱を緩める余裕たっぷりの内容で完勝した。
勝利騎手のコメントでは
inyofu 1着 フォワードカフェ(蛯名騎手)
「素質があるのは稽古の段階で分かっていました。敏感なところがあるので、そのあたりが課題です」

フォワードカフェ 新馬戦 レース映像
http://youtu.be/VyQxwaduvmc

次走は札幌2歳Sに!

輸送は無事完了!
inyofu 新馬戦の勝ちっぷりが豪快だったフォワードカフェは、美浦で十分に乗り込まれてから先週、決戦の地へ移動。札幌で馬体をチェックした小島太師は「輸送はうまくいって、いい雰囲気ですよ」と安どの表情。「最終追いで蛯名が乗って、サッとやればいいんじゃないか」と3日の最終追いに備えた。
調教では抜群の動きで、サンスポ記者も太鼓判!
inyofu サンスポ紙面で追い切りS評価をつけたフォワードカフェ(美浦・小島太厩舎、牡)とジャズファンク(栗東・角田晃一厩舎、牡)の動きが抜群でした。特にフォワードカフェの瞬発力は半端じゃないです。良馬場なら負ける気がしないのですが…。天気がどうなるのか。

フォワードカフェは美浦・小島太厩舎所属の父マンハッタンカフェ、母ベストブート、その父Storm Bootという血統の2歳馬。新馬戦では1番人気で蛯名騎手とのコンビで快勝。今回の札幌2歳Sでも注目されそうだ。直前の追い切りでみせた動きは記者も驚くほどのキレだったようだ。初の洋芝など課題も多いが、それを上回るほどの期待を持つファンも多いのではないだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line