TOP > 予想/馬券 > 【2014年小倉2歳S】新馬戦5馬身差の圧勝V ! セカンドテーブル
予想/馬券

【2014年小倉2歳S】新馬戦5馬身差の圧勝V ! セカンドテーブル

今週の小倉2歳Sに出走予定のセカンドテーブルについてまとめてみた。
馬キュレ

5馬身差の圧勝劇

セカンドテーブルは父トワイニング、母モカサンデー、母父サンデーサイレンスの2歳牡馬。
デビュー戦は8月23日の小倉芝1200m!
inyofu 8月23日、小倉競馬場で開催された第5R・2歳新馬(芝1200m)は、セカンドテーブル(牡2、栗東・崎山)が、好スタートから2番手を追走すると、直戦でサフランスターを捉えるとそのまま5馬身突き放す圧巻の勝利。見事1番人気に応えた。勝ちタイムは1分9秒3(良)で、鞍上は義騎手。2着は3番人気サフランスター、3着には2番人気のペプチドアルマが入線している。
勝利騎手のコメントでは
inyofu 義騎手は「けいこでいい動きを見せていたので期待していたんです。ハナに行こうと思えば行けましたが、初戦だったので2番手から。ラストは物見するぐらいに余裕がありました。集中力が出てくれば楽しみな馬です」と期待通りの新馬勝ちを喜んでいた。

セカンドテーブル 新馬戦 レース映像

次走は小倉2歳Sへ

小倉2歳S出走予定馬
直前の追い切りではいい動きをみせたようだ。
inyofu セカンドテーブルは義騎手を背にCWコースで併せ馬。ロゼラニ(500万下)を追走してスタートし、直線でもたれてクビ差遅れたが、6ハロン83秒8、39秒5-12秒4ならば合格点だ。「新馬戦はふわふわしながら、楽な勝ちっぷり。包まれる競馬にならなければ楽しみです」とジョッキー。
相手が強くなっても期待できる?
inyofu セカンドテーブル(牡2、栗東・崎山博樹厩舎)は新馬戦で2番手追走から直線でアッサリ逃げ馬を捕らえ、あとは後続を突き放す一方で5馬身差の圧勝を決めた。相手が強くなるここでも期待できる存在だ。

セカンドテーブルは崎山厩舎、父トワイニング、母モカサンデーの2歳牡馬。新馬戦では、力を見せ付け新人の義騎手とのコンビで5馬身差の圧勝で優勝。トワイニング産駒は短距離戦が得意なタイプが多いが、小倉1200mが特別成績が良いわけではない。しかし、得意コースではなくとも、新馬戦で発揮した能力を出せれば今回もいいレースを期待できるのではないどろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line