TOP > 予想/馬券 > 【2014年札幌2歳S】名馬への登竜門へ挑む! サウスキャロライナ
予想/馬券

【2014年札幌2歳S】名馬への登竜門へ挑む! サウスキャロライナ

断然の一番人気で迎えたデビュー戦を逃げ切り、新馬勝ちを収めたサウスキャロライナ。過去に多くの名馬を輩出した札幌2歳Sでキャリア2勝目を狙う。
馬キュレ

近親に活躍馬多数の良血一族!

サウスキャロライナの母であるアシュレイリバーの弟には、GⅠ馬カレンブラックヒルや今年のユニコーンSを制したレッドアルヴィスなどがいる。

危なげない逃げ切り勝ち!メイクデビュー函館

単勝1.6倍に支持され臨んだデビュー戦。好スタートから先手を奪うと後続を寄せ付けず完勝。3着に負かしたマイネルサクセサーが後に、未勝利・コスモス賞と連勝したことからも価値ある勝利だったといえる。

デビュー戦は8割の出来!?

inyofu 「まだ8割ぐらいの状態でした。ハナにはこだわっていませんでしたが、スタートが良かったので、まあまあ予定通りというか、順調に勝ってくれました。あの体であれほど楽に勝つので、ある程度能力はあるのかなと思いました。」
新馬戦快勝も8割の出来であったと言うのだ。一度使い、更に状態が上向いていること間違いなしである。

サウスキャロライナの状態は!?

inyofu 前走後は放牧に出してここに備えた。「カイバも食べていて体調はいいですよ」と好状態をアピールしていた。
前走後は札幌2歳Sに向けて調整。デビュー2戦目での重賞制覇も視界に入っている。

クラシックの登竜門!

inyofu 2011年グランデッツァ(フジテレビ賞スプリングS、皐月賞5着)、12年コディーノ(東スポ杯2歳S、皐月賞3着)、13年レッドリヴェール(阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞2着)と優勝馬は、3歳春のクラシックで好勝負を演じている。

追い切り後の鹿戸雄一調教師のコメント
inyofu 「良いメンバーが揃っているので、ここで良い競馬ができたら、先につながると思います。新馬の時も、ジョッキーには、なるべく前に1、2頭置いて競馬をした方が良いという話はしていたので、あまりハナにはこだわらないと思います。何とか順調にここまで来られたので、ここで良い所を見せたいと思っています。よろしくお願いします。」
更には、アドマイヤムーンやゴールドシップもこのレースをステップにスターダムへと駆け上がっていった。このレースで好走できれば将来を約束されたと言っても過言ではない。

幾多の名馬を輩出してきた札幌2歳S。今やクラシックの登竜門と言うに相応しいレースであり、夏の札幌を盛り上げている。今年挑戦する有力馬の一頭サウスキャロライナは近親に活躍馬が揃う良血馬である。新馬戦で今回人気の一角を担いそうなマイネルサクセサーに土をつけている点も強調できる。何とか結果を残し、今後に繋げたいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line